無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
神戸堰

神戸堰(旧堰) 高さ1.8m  長さ115.8m(川幅、堰自体はおよそ90m)
神戸堰(可動堰) 高さ3.05m  長さ198m

2010.9.4見学

神戸堰の歴史は古く、完成は1928年(通水した年、堰の完成は前年の1927年であるらしい)。
灌漑用の取水堰堤であった神戸堰は、他では類を見ないマルチプルアーチの堰堤で、流れ落ちる水も美しく、土木学会の日本の近代土木遺産にも選ばれていました

しかし、斐伊川神戸川治水事業に伴う新堰の建設に伴い撤去される事が決定。
土木学会と日ごろから神戸堰に親しんでこられた地元住民の強い要望もあり、新しく造られる新堰の下流に復元される事になりました。

これが新しく生まれ変わった神戸堰です



護岸され拡張された川幅一杯に連なる16連アーチ。
流れ落ちる水が涼しげな表情を見せています。

旧堰は高さ1.8m、ひとつのアーチの幅は9mほどでした。
新しく復元されたアーチはそれよりもひと回り短く、低く見えます、川幅が広げられた事による錯覚でしょうか?。

また、旧堰のアーチ数は竣工時8連、その後中程の2連に魚道を設置したのに伴い、右岸から2連、魚道、4連の連結となっていました。



アーチ状に切り取られた水面は、見る方向により表情を変えます。

多連アーチの形状は旧堰を受け継いでいますが、6連アーチから16連に大幅にアーチ数が増した事により、一つのアーチから落ちる水量は確実に減少していると考えられます。
それが神戸堰の持っていた流水の美しさや、迫力といったものにどう影響しているかは旧堰を見ていない僕には解りません。

ただ、土木学会の日本の近代土木遺産としては、復元として評価ランクはAからCに降格しています。



旧堰では川の中心にあった魚道は両岸に移動、新鋭の設備らしく魚道のタイプも複数設置され、さまざまな魚に遡上を促します。



復元された神戸堰の数十メートル上流に建設されたのが、現代の神戸堰の本体と言うべき可動堰と、神戸堰橋と名前が付けられた管理橋です。

可動堰は高さ3.05m、長さは198mほど。
4門の幅広の転倒ゲートを持ち、ゲートの機械部分には管理橋からアクセスする様になっています。
管理橋は新堰に伴い架けられたもので、元々この場所に橋はありませんでした。
管理橋の上は公道となっています。

管理橋の下面が緩いアーチになっているのは、旧堰へのオマージュでしょうか。



転倒ゲートのクローズアップ。

ゲートの上端面がチロル式のようなスクリーンになっていて、ゲート内部を水が通過する構造になっているようです。



管理橋の欄干、背景は上流になります。
奥に見える鉄橋はJR山陰本線神戸川橋梁です。

旧堰は、この神戸堰橋(可動堰)と鉄橋の間にありましたが、今年の1月に取り壊され、取り除かれています。

新しい神戸堰に伴う工事は、堰や管理棟は完成しており、現在は河川敷の整備工事が続けられていました。
地元の方の要望で、旧堰のアーチは1箇所だけ移設されているとの話もあるのですが、取り壊し前に下流の新しい多連アーチは既に完成していますので、取出された旧堰の移設先は解りませんでした。
いずれ案内看板などが設置され説明がなされると思いますが、モニュメントのような形で展示公開されるといいなと思いました。



かつての神戸堰は写真でしか知ることは出来ませんが、両岸は土や葦の土手が残る自然な姿だった事を思うと、現代の神戸堰は両岸をコンクリートの魚道に挟まれ少し窮屈そうに見えてしまいます。(川幅は倍近くに広がってるはずなのに)

それに、下流から多連アーチを観た場合、背後の可動堰と管理橋には目立たない配慮は感じるのですが、やはり巨大で、異物的な存在感がある事は否めないと感じました。



地元や流域の住民でない僕が、新しい神戸堰について結論じみた評価は慎むべきであり、また、僕が現地で観て感じた事は、景観に関する事だけで可動堰を含む新しい堰の役割の核心部分ではありません。
それに、現状はまだ周辺の環境が工事中の為、全ての工事が終われば受ける印象もまた違ったものになるでしょう。

多くの方々の要望により復元された神戸堰。
その要望に応えるものであるかは、全ての工事が終わった時点で、地元や流域の方々が結論を出して下さるのではと思います。



神戸堰
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
稗原ダム

堤高47.3m
G/A 2004年 島根県営

2010.9.4見学

稗原ダムは2004年竣工の新しい県営の灌漑用ダムです。
まずはダム湖左岸の、山の上にある駐車場にやってきました。

力強い記念碑。
農業用のダムの完成は、文字通り緑輝く前進です。



駐車場からの展望。
取水設備はダム本体に付随していて、ダムサイト周辺はあっさりしています。



天端に向かう為、湖周道路に降りてきました。
湖畔にも駐車場を完備。

ですが、残念ながら堤体に向かう道は立入禁止となっていました。
左岸の中腹に見える黒い屋根の建物が管理所のようです。



上から眺めただけではイマイチ満足が行かないので、犬に吠えられながら下流の集落を進みます。
道路の舗装が途切れた先、右手の岩盤の裏にダムがあるはずです。



徒歩で少し歩くと稗原ダムの真正面に出ました。

ダム本体はいたってシンプルな表情ですが、軽く右にカーブした二段構えの副ダムがなかなかのカッコよさです。

堤高は47.3mとの事ですが、見た目にはそれほど高く見えません。
2段の副ダムの性もありますが、基礎岩盤が深いのかも。



副ダムの周辺は特にガードの様なものは有りませんので、浮かれたマニアは転落しないようにご注意を。

下段の副ダムの端っこから取水している水路は、近くの水田に直接水が送られているみたいです。



稗原ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
尾原ダム

堤高90m
G/FNW 2010(建設中) 国交省

2010.9.4見学

三成ダムから西へおよそ10キロ、中国地方整備局が建設を進める尾原ダムは、完成すると島根県最高峰となる重力式コンクリートダムです。

ダムサイト付近まで来ましたが、建設中のダム本体は、立入禁止のバリケードの奥にあり、近くから姿を観る事は出来ません。

眼下に水没予定地が広がっていました。



下流方向に戻って、ダム本体が見えそうな場所を探します。
車を走らせながら堤体が見えていましたが、現場近くは駐車スペースに乏しく、もっと下流に下って正面から観えるポイントを探ります。

見えたっ!

でも、ちょっと遠いので、勘を頼りにもっと寄れる場所に移動です。



川沿いに進むと、こんな所まで来ちゃいました。(もちろん自由に見学できる場所です)

尾原ダムは国交省が進める「地域に開かれたダム」の指定を受けています。
その事もあってか、下流の護岸は親水公園のように川遊びが出来るようになっていました。



拡張レア工法による本体の打設は、ほぼ完成しているみたいで、大型のクレーンは見当たらなかった気がします。

2門のクレストゲート。
ラジアルゲートが作られようとしています。

特徴的なのはゲートから伸びる導流壁で、左右のゲートで完全に独立した凝ったものでした。
ゲートの間は大きく垂直に壁が立っています、何かを隠し持ってる予感。



右岸よりに作られているのはエレベータ棟・・・?
に、しては太くて大きい感じです、はてさて。



見れば見るほど気になる所が点在する尾原ダム。

副ダムも大きいですね。
それに、上下2段になっている様にも見えます。

完成すると、凄くカッコいいダムになるのでは?
随所にイケメンのニュアンスが漂う尾原ダムでした。



ダムの周辺には既に放流に関する注意看板が設置。
こういうのは竣工する以前からの周知が必要と言う事でしょうね。

サイレンズが今どきの子っぽいです。

今の子って、こんな川遊びってするのかな?
タモを買ってあげたら大喜びで川に行ったはいいが、速攻で落水して全身ズブ濡れになって帰ってくるのは、うちの子くらいじゃないかと思ってるのですが(笑。



尾原ダム
期待も込めて★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
阿井川ダム

堤高21.7m
G/P 1942年 中国電力

2010.9.4見学


日本最古のアーチ 三成ダムから西へ7〜8キロ、中国電力の阿井川ダムに来ました。道路脇の空きスペースに車を入れます。

天端も開放されていて、決して閉鎖的なダムではないのですが、下流側はフェンスに囲まれて鑑賞しづらいのが難点です。



天端の両岸に、こんなに素敵なアーチの意匠を持っているのですが、写真はバンザイ状態での山勘撮影です。
何枚も撮り直してなんとか写ってるカットが撮れました。



天端を渡って左岸から。

重厚なピアの上は立入禁止。
階段の下にオリのような穴がありますが、ここから堤体内に入れるようです。



肌は渋く色付いていますが、形状は整った滑らかなものでした。
小柄な堤体ですが、分厚く重厚で、力強さを感じます。



センターに機械室を配したユニークなゲートピア。
扶壁の丸みなどは、戦前・戦中のダムらしい丁寧なデザインです。



堤体から左岸を散策すると、発電所への取水設備が口を開けています。



水面とスクリーンを逆光で見たところ。
グラフィカルで面白いなと思って撮ってみました。



阿井川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三成ダム

堤高42m
A/P 1953年 島根県営

2010.9.4見学

岩のアーチ。


1950年着工、1953年に竣工した三成ダムは日本で最初のアーチダムとして(マニアの中では)有名な名堤です。
1950年には宮崎県で上椎葉ダムも着工していますが、竣工時期の差で三成ダムが日本初とされています。

中国自動車道から国道314を経て向かうのが一般的ですが、この日は松江市の千本貯水池を見学した後なので、反対側の下流から遡ってのアクセスとなりました。
国道432から左折して消防署を過ぎると視界の奥にチラッと茶褐色の堤体が見えて、ゾクゾクッとしました。

国道脇の駐車スペースに車を停めます。
ここから先は車両通行禁止となっていて、職員さんも車で進む事は出来ません。
白い軽トラが1台停められていたのですが職員さんの車かな?。



可愛いイラストも描かれた、真新しい説明看板が設置してありました。

説明の中に「たたら製鉄」や「かんな流し」の事も少し触れています。
かんな流しとは、砂鉄の取れる山を切り崩し、土砂と水を一緒に流し、下流で沈殿させる事で砂鉄を採取する方法だそうです。
沢山の土砂を川に流す為、川床が上昇して洪水の原因となるなどの問題もあったそうです。
三成ダムは、そのような上流の背景を考慮して、発電用のダムでありながら砂防の目的も持っている非常にめずらいいダムとして建設されました。



ダムまでの道を歩きます。

分厚く重厚なコンクリートが見えて来ました。
ゲートの塗装色はとても控えめな色、その事がさらに表情を凄みあるものにしています。

ゲート番号の数字が激しくカッコいい!。



これが日本最初のアーチダム、島根県企業局 三成ダムです。

アーチ式コンクリートダムと聞いて直ぐに思い浮かぶ、白く優雅で女性的な姿はそこにはありません。
それもそのはずで、両岸の岩着部分は重力式ダムの構造となっています。
中央のアーチダム部の表情も険しく、並の重力式コンクリートダムでは到底太刀打ち出来ない気迫に満ちた表情なのです。



右岸の重力式ダム部分は入る事が出来ますが、そこから先は立入禁止です。



フェンス越に天端通路。
アーチ部のクレストには8門の余水吐が並びます。



視線の先、対岸には関連の建物があります。
レンズのズーム端で観察すると、壁には「三成ダム操作所」と記されています。

管理所じゃなくて操作所。
いい感じです。

発電パネル、エアコン、アンテナの類・・・竣工からの50年で増えた装備(?)で小さな操作所がもっと小さく見えます。
その下、堤体に埋め込まれる形で別の部屋があります。



重厚なジャンプ台。

これは余水吐ではなくて、土砂吐です。
土砂吐ゲートは右岸に1門、左岸に2門装備。

尋常じゃないマス感。



土砂吐ゲートの扉は、余水吐の8門と一緒に昭和61年に改良工事が行われた事を示すプレートが右岸アバットに取り付けられていました。

岸際に重厚なジャンプ台を構える構造は、日本のアーチダムの創世期の作品に共通するもので、上椎葉ダムは両岸に、3番目に竣工した雲川ダムも右岸にジャンプ台を持っています。



下流の表情です。
ダムの直下は副ダムのような構造物がある様で、うっすらと水面下に影が見えています。



雨の影響か、この日の貯水池は激しく濁りが入っていました。



貯水池の左岸には発電所への取水設備があります。
沢山の扶壁とスクリーンで半円形に取水口を囲んでいます。



右岸の重力式ダムの天端はこんな感じになっていますが、越流式の吐ではなくて普通の橋です。



濁流と苔が染み付き、ざらついた肌。
越流部の肩の部分は沢山ある三成ダムのディティールの中でも一番好きな部分です

まるで一枚の巨大な岩盤から削りだしたようなソリッド感。

小学生の時に見た「猿の惑星」のラストシーンでは、チャールストン・ヘストンが自由の女神の遺構を目の当りにして、この星が人類滅亡後の地球である事を知るというシーンがあったと思います。
褐色の岩のようなコンクリートを観ていたら、人類が滅んだ後も何千年に渡ってこの谷に立ち続けていく三成ダムの姿が頭に浮かびました。



発電と砂防のハイブリット、両岸重力式アーチ。
三成ダムは特殊な事例の堤体ですが、紛れも無く日本で最も早く建設された、最古のアーチ式コンクリートダムです。

日本のアーチダムの進化系図の幹には三成ダム。
その後、さまざまな形状に進化しながら枝葉を広げ、アーチダムは50基以上建設される事となります。
日本のダムを知る上で、是非とも沢山の人に観て頂きたい名堤でした。



三成ダム
★★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
布部ダム

堤高55.9m
G/FWIP 1967年 島根県営

2010.9.4見学


島根県営の布部ダムにやってきました。

ダムサイトの駐車場からの眺めです。
堤体は左岸が少しだけカーブしていて、なかなかの男前さんです。



堤体の中ほどに放流用のバルブがあります。
クレストからの導流壁を跳び越しての放流です、ホロージェットかな?。



駐車場のダム案内看板の脇。
音声解説のスイッチはダム職員さんの手作り感が溢れています。
ボックスを開けると、一般見学者用と、子供用の二つのスイッチがありました。

こういった、職員さんの顔が浮かぶ設備が好き。



天端は立入自由です。



天端から下流。

広い減勢池、副ダムは2箇所にありますが、上流側は副ダムと言うよりはクレスト放流の水を砕くような意図を感じます。
その横の茶色の屋根の建物は発電設備かな?。



駐車場から歩いて、少しだけ下流に戻ってみました。

面白いゲート配置ですね。
センターに非常用洪水吐が1門、その両脇にラジアルゲートのオリフィスがあるのですが、巻揚機はクレスト上にあってワイヤーが異様に長く伸びています。



布部ダムの貯水池には公園や遊歩道が整備されていて、沢山の椿が植えられ白椿湖と呼ばれています。



布部ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大谷ダム

堤高35m
G/W 1957年 松江市営

2010.9.4見学


千本貯水池から南東に2キロ、集落の外れに大谷ダムが顔を見せました。
大谷ダムは千本貯水池堰堤と同じ、松江市の上水道の水源池です。



堤体をズームレンズにて。

クレストに3門の余水吐、高欄は50年代のコンクリートダムらしく、堂々とした重厚な意匠を持っているようです。

天端から上へ出ている白い外観の構造物はこの位置からだと管理棟のようにも見えるのですが、実際は取水設備だと思われます。



ダムサイトまでの道は厳重なフェンスで立入禁止となっていました。



大谷ダム

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
千本貯水池堰堤
堤高15.8m
G/W 1918年 松江市営

2010.9.5見学

千本貯水池堰堤は、ダム便覧でその存在を知ってから、ずっと訪問したいと思っていた島根県松江市にある古い上水道用の石積ダムです。

ダムが造られたのは大正7年(1918年)、それまでの松江市は井戸水や湖水が原因とするコレラ等の水系伝染病が多発し、衛生的な上水道の整備が急務とされていました。

昭和に入ってからは水道人口の増加に伴い、上流に新たに大谷ダムなども作られましたが、この千本貯水池の歴史が、そのまま松江市の水道事業の歴史とも言えるかもしれません。

日本土木学会推奨土木遺産のプレート。
また、2008年には国指定の登録有形文化財にもなっています。



ダム天端は立入禁止。
フェンスのデザインに時代を感じます。

堤体は車道よりも若干低い位置にあるので、うっかりすると見落としてしまうかもしれません。

 

フェンスの上から天端を見ます。
向こう岸の左岸は越流式の余水吐となっていますので、天端通路はこちら側半分までしかありません。

堤体のちょうど真ん中辺りに水道の取水設備があります。



貯水池側から見た取水設備です。
形状はオールドダムらしい半円形、天端通路はこの取水設備に向かう為の道といった具合です。



ちょっと下流に戻って、堰堤の下に向かいます。
ダムとは無関係の工事中ですが、立入には問題は無いようです(要現地判断)



堤体の石積はきれいな谷積み。
その為か、堰堤よりも日本の城の城壁の雰囲気があります。

石材の面はわりとでこぼこしていて、這い上がっているつる植物と共に味わいに深みを加えています。




非越流部の下半分は越流部と同じ直線的な勾配、そこからゆるやかなカーブを経て、垂直の雨落しに繋がっています。

寺勾配とも宮勾配とも違う、いわばダム勾配(※そんな言葉はありません)といった表情です。



天端の高欄も手の込んだ造りです。

でも、ちょっと他よりも新しい感じです。
1988年からの3年間で、堤体補強工事が行われていますので、その時に補修を受けているのかもしれません。

いずれにせよ重厚な意匠は、全体としてシンプルな堤体に良いアクセントになっていて、とても似合っています。



堤体真下の建物にも味わいがあります。

鉄製のドアーには鍵は掛かっていますが、耳を当てると機械の運転音が響いてきました。
位置的にも取水設備の関係だと思います。



左岸側半分を占める越流部です。
しばしば越流するのか表面の色合いが非越流部とまるで異なっています。

裾の部分は天然の岩盤が覗いているのも、オールドダムらしい表情です。



大正時代の古いダムですが、早くもちゃんとした副ダムを持っています。

その上に架かる4連のアーチ橋(千本貯水池堰堤管理橋)も、同時に造られた古いコンクリート造りの橋で、ダム本体と共に登録有形文化財の指定を受けています。
現在は橋の上には送水管(?)が鎮座しており、人は渡る事が出来ない感じになっています。



90年以上も前に造られた貯水池が今もなお第一線で活躍をしているのは、比較的小さな面積の貯水池でありながら常に貯水率が高く、効率のよいダムであった事が上げられますが、それ以外に、この千本貯水池に愛着や誇りを持って、大切に管理、保全を行って来た水道局の方々の力が大きいのではと思います。

市営の施設なので展示施設などはありませんが、是非たくさんの方に愛でてほしいオールドダムでした。



千本貯水池堰堤
★★★★
| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |