無料ブログ作成サービス JUGEM
須賀川ダム

堤高40.2m
G/FNW 1975年 愛媛県営

2011.4.30見学

港町の香り。


ビッグアース 大久保山ダムの後は、須賀川ダムにやって来ました。
須賀川ダムは洪水調節の他、水道水などを目的とした県営ダムです。



ちょっと肩をすくめるようなクレストの表情。
白さの残るピンと垂直に立ったクレストは学生服のカラーみたい。

全体的の無駄のないスッキリとした造りです。



天端は車道になっています。

辛口淡麗な印象は天端にも共通で、高欄はもはや転落防止の壁でしかなく、70年代のコンクリートダムらしい質実剛健さです。



奥に深く長細い貯水池。
ダム本体は、並列した二つの川筋の合流点にあり、貯水池の平面形状は「脱ぎ捨てたパンスト」に似ています。



2門あるクレストゲートかた下流面を眺めます。

ダムは宇和島の町はずれにあり、天端からは市街地が良く見え、正面の空の下は宇和島湾が広がっています。



むむ!
この感じ、何処かで観たぞ。

思い出したのは長崎の西山ダムからの眺めでした(下の写真は西山ダム)



宇和島の水道の歴史は古く、愛媛県下で最初に近代的な水道が敷かれています。
港町という事からか、大正時代にはコレラ等も発生し、衛生的な水道が求められました。

宇和島も長崎と同じような歴史があり、必然的に似た風景になっているのかもしれません、面白いですね。

ダムの真下に面白いものを発見!
どう見ても子供用のプールに見えます。

コンクリート護岸を挟んで対岸は浄水場になっていて、浄水したてのフレッシュな水のプールかな?(訪問時は春なので汚れていますが)



天端を渡った先にあった看板。
魂が抜け切っています・・・。



イラストの鯉は怖い事になっていましたが、ホンモノの鯉は元気に泳いでいますからご安心ください。



天端を散策した後は、さっき見えたプールの所に行ってみました。
プールの他にこじんまりとした児童公園があって、近所の親子や、中学生が遊んでいました。



真下にぐぐっとお近づきになれます。

クレストに2門のラジアルゲート、
その間にコンジットゲートを持っているみたいです。



須賀川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大久保山ダム

堤高55.8m
E/AW 1978年 愛媛県営

2011.4.30見学

ビッグアース。


ダム型式別で、最も堤高が高いダムは?
アーチ式では黒部ダム、
重力式コンクリートダムなら奥只見、ロックフィルなら高瀬ダム・・・。

じゃあ、アースダムでは??
これが即答できたら相当なマニアですが、熊本の清願寺ダムで堤高60.5mです。
(ちなみに、僕は答えられないので便覧で調べています)

「低く」てのんびりとしてるのがアースの醍醐味と言うマニアも居るくらいなので、アースで高いダムと言うのは、逆にほとんど注目されないマイナーな存在・・・。
さらに、2番目に高いアースダムとなると、まさに無名の大物ダムなのです。

それが、今回訪問した大久保山ダムです。

山間の村の奥、集落の裏山の林道を登ってダムを目指します。
この先に本当に大きなダムがあるのかと不安になるような狭道をずんずん登ります。(古いダムならいざ知らず、70年代後半のダムにしては道が狭い・・・ダムの材料は全て現地調達って事かな?)

林道のカーブの先の視界が開け、大久保山ダムの堤体が見えました。

おっ!でかい、でかいぞっ!

一面下草に覆われた堤体は紛れもなくアースダムですが、この高さのアースは経験が無く、ちょっと下から見上げる感じのシルエットは、第一印象ではロックフィルダムにも見えました。



さらに林道を登って堤体の左岸脇に到着。

堤高55.8m、堤頂長170m。
高さの割に堤頂長が少なく、想像よりも縦長のアースダムです。

この写真に写っている下流面は、高い堤体の頭から胸まで・・・。




で、同じ場所から下流を見下ろして腰から下・・・。

ひょー、このダム凄く色っぽいぞっ!!



堤体の中腹辺りは少し複雑な表情、表面が盛り上がり、樹木も見えます。
この辺りは元々の地山で、山肌を削って洪水吐が造られているみたいです。



さらに下流を観察すると、スロープの一番下は静水池で、放流水を減勢する構造になっています。
そして、さらにその先にもう1段あるみたいですが、立地の都合上、堤体の全てを一望するのは無理です。



洪水吐を真上から観ます。
迫力満点!!。



天端は特に規制するものもなく自由に入れます。(貯水池は立入禁止)
澄んだ水をたっぷりと湛えていました。この水は農業と水道水に使われます。

貯水池側は、びっちりと整形リップラップで覆われています。

あれ??
・・・ロックフィル??



大久保山ダムの断面図です。

貯水池側は透水性のロック材のゾーンが2ゾーン、表面はリップラップで抑えてあります。
使われているロック材の比率が全体の50%未満なので、見た目はロックフィルでも大久保山ダムはアースダム(アースフィルダム)に属します。

この辺りの事は、夜雀さんが解りやすく解説されています。(参考にさせて頂きました)

http://yosuzume3.web.infoseek.co.jp/dam2/ookuboyama/ookuboyama_02.html



天端から下流面を観ます。
広さより、ぐっと伸びた奥行きを感じます。

山の中なので、放っておくと、あっと言う間に雑草や雑木が茂ってしまうはずですが、よほどしっかりと手入れされ、管理が行き届いているのか、ちょっとした公園のように綺麗な下流面です。

残された地山と樹木が、立体的でとても面白い表情を見せています。



ダムの周辺には集落も、1軒の民家もなく、あるのは山の緑と、大きな空と、綺麗な湖水だけ。
そんなロケーションに大久保山ダムはありました。

起伏に富んだ豊かな表情は、大地のうねりのような力強さを感じます。



ビッグアース。
大久保山ダム

★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新宮ダム

堤高42m
G/FAIP 1975年 水資源機構

2010.2.12見学

柳瀬ダムを出発した頃には、ついに日没を迎えてしまいました。

夜の知らない山道は走りたい道ではないのですが、出発した柳瀬ダムは陸の孤島といった場所にあるため、とにかく下流に下って、新宮ダムを目指します。
周辺には、集落も民家も街灯すらなく、ヘッドライトが照らす峠のアスファルトの他は漆黒の闇が広がるばかり。
やがてずっと下の方に一軒だけやたらと明るく灯りが灯っている建物が見えて来ました。
方角から推測すると新宮ダムの管理棟に間違いありません。
峠道よりずっと下にあるので、なんだが夜間飛行からの眺めの様です。

新宮ダムに到着したのは午後7時を過ぎていました。
天端の照明で、シルエットが闇夜に浮かんで見えます。

高い所怖い、おばけ怖い、犬も苦手。
怖いものだらけの僕ですが、勇気を振り絞って初めての夜ダムの撮影です。

でもやっぱり怖いので、車のドアー開けっ放し、ステレオ鳴りっ放し。(汗)



ダム下からの撮影の後、大きく山道を迂回して、ダムサイトまで登って来ました。
左岸から三脚を立て、バルブ撮影。
堤高42mと、決して高いダムではないのですが、巨大なピアはスペック以上の力強さがあります。



続いて、ISO感度を上げて手持ちで夜ダムを撮り歩き。
赤い大きな巻揚機。



高い&暗い。
ダムの直下を見下ろしたり、写真を撮ったりする勇気おまへん。(涙)



さっき、峠道から見下ろしていた管理棟の灯り。
毎日遅くまでご苦労さまです。

きっと監視カメラで見られていますから、ご心配をおかけする前に帰る事にしました。



新宮ダム。
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柳瀬ダム

堤高55.5m
G/FAWIP 1953年 国土交通省

2010.2.12見学

富郷ダムを後に銅山川を下ってきました。
やがて県道9号が終点となり、国道319号に繫がります。国道になって道が良くなるかと思えば、快適な現代の付替え道路と違って、柳瀬ダムの貯水池に沿ってうねうねと、一車線の道路が続きます。

柳瀬ダムは上流に富郷ダム、下流に新宮ダムと、二つのダムの中間にありますが、どちらから向かうにしても延々と細い山道を越えて行かなくてはなりません。
こんな所で脱輪やエンコでもしたらさぞ心細いに違いない。暮れてゆく空に心は焦るばかりです。

なんとか、無事に柳瀬ダムに辿りつきました。
ダムサイトへは国道から脇道を降りて行きますが、管理棟の横に数台分の駐車場があります。

このロケーション、この風貌にして国交省直轄の柳瀬ダム。妙に新鮮です。

他の直轄ダムのように広いパーキングや充実した展示館はありませんが、管理棟の角部屋が守衛室(当直室?)となっており、遅い時間でもダムカードを頂く事が出来ました。



管理棟から階段(側面は石積み) を降りて天端へ向かいます。

天端の右岸の建物は、ダム建設時のプラントの躯体を利用しています。
たしか静岡の大間ダムでも似たような建物があったはずです。

その下のプレハブは、現在天端で行われている工事用です。



ダム湖側の堤体。
天端通路はクレストゲートの部分で上流側にせり出しています。



静かなダム湖(金砂湖)に見える2箇所の取水塔。
ダム本体からけっこう離れた場所にあります。



おなじみ「四国形」のゲートピア。
5箇所あるゲート室の右岸2室が現在工事中でした。

ゲート室の入口は、背後のピアの柱の穴の奥にドアありますが、どの入口も立入禁止。



遠くからは判らなかったのですが、ゲート室は新旧の2タイプが混在しています。
こちらは新タイプ。
一旦、コンクリートの台座の上を綺麗にして「新築」されています。



一方、此方は旧タイプ。
屋根は新しくなっていますが、明らかにこっちの方が趣きがありますね。
厚みを感じる外壁、コーナーの丸み。



ゲート部分の天端から、堤体の下流面は工事用の足場があり、様子を伺う事は出来ませんでした。ゲート室の角っこの丸みが、もうたまらん感じ。



ダムの下流はしっかりとした岩盤の河床。

副ダムが無く、減勢池が無い代わりに、下流面のエプロンが、かなり下流まで延びています。ロングスカートならぬ、ロングエプロンといった感じですね。



窓のデザインが洒落たゲート室。
新旧5室が並びます。向こうの左岸から、新・旧・新・工事中・工事中(写真には写っていません)。

現地で勘違いをしていたのですが、老朽化したゲート室を、程度の良い部屋は外壁を補修し、老朽化が激しいものは、完全に撤去して、建替えをする工事だと思っていました。



それが思い違いだと判明したのは、自宅でダムカードを見直した時です。

カードの柳瀬ダムには、ゲート室が2箇所しか無いのです!。
現地で新タイプの部屋が乗っかっていた所はオープンのバルコニーになっています。



バルコニー部分の部屋は立替えではなく、本当の新築だったのです。

バルコニーに新築したゲート室には、ちゃんと巻揚機が窓越しに見えていました。
それに、ダムカードの柳瀬ダムには無いゲート室間の駆動シャフトがありましたから、ゲートの巻揚部分を構造から大幅に改良される様です。

完成した姿が楽しみな柳瀬ダムでした。


柳瀬ダム
★★★★


おまけ

柳瀬ダム天端の現場にて。

後ろで束ねた長い黒髪に、安全帯が誇らしげ。
遠く愛媛の空の下、某ダム愛好家を思い出す。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
富郷ダム

堤高106m
G/FWIP 2000 水資源機構

2010.2.12見学

別子ダムを後に銅山川にそって10数キロほど下ると、真新しい大きなダムが現れます。
水資源機構の富郷ダムです。

鹿森ダムでは建設中のループ橋を見て、滝沢ダムのデジャブかと思いましたが、今度は堤体のデザインそのものが滝沢ダムと良く似ています。
四角い柱状のゲートピア。その奥まった所にある縦長のラジアルゲート。

どちらも水資源機構のダムなので、デザイン的な関連があるのかもしれません。



パーキングに車を停めます。もちろん天端も散策ok。
対岸の山肌に、ダム銘や標語などを掲げている風景も、水資源機構のダムならでは。



対岸の右岸には小さな公園。
螺旋階段で登った上は、建設時のクレーン跡地でしょうか?。



右岸までやってきました。
滝沢ダムと良く似た未来的なクレスト部分。
両脇に螺旋状の外階段がありますが、凄い眺めなんでしょうね。僕はとても行けないけど。



堤体内のエレベータは一般開放されています。
が、残念ながら只今の時刻は 4:30PM。開放時間外でした。



パーキングのある左岸には、リムトンネルを利用した展示施設があります。
ダムならではの空間を利用して、こうした展示を行なうのは良いアイデアだと思います。

で、残念ながら展示施設も本日は終了していました。
ドアのガラス越しに、カウンター上にダムカードが積んであるのが見えます。
近くて遠いダムカード。
ダムカードは展示施設の時間外は、隣接する大きなダム管理棟でも頂く事が出来ます。



展示設備は終わっていても、屋外にもいろいろな展示が充実しています。
こーんな感じで天然石と銅版で説明されているのは・・・。

(背後の石垣にも注目。平成12年竣工の施設で天然石の石垣なのです、四国は石の文化!)



ダム建設の工程だったりします。



渋く年季の入ったダムの中に異彩を放つ新鋭の堤体。
時間の都合で、このダムの全てを満喫する事は叶いませんでしたが、じっくりと学んで味わいたいダムでした。



富郷ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
別子ダム

堤高71m
G/IP 1965年 住友共同電力

2010.2.12見学

孤高。


鹿森ダムを後に山道を進んで行くと、別子ダムが見えて来ました。
ダム事業者は住友共同電力(株)。別子ダムは、別子銅山に必要な電力を発電する為に造られました。現在は四国電力などに売電されているのかな?と思います。

山中の民間企業のダムとあって、駐車場などは一切無し。
周辺はフェンスに囲まれ堤体に近づく事も出来ません。

写真はガードレールの上に立って、フェンスの上から撮影しました。
対岸に巡視艇とインクラインが、ぴったりと堤体にそって配置されているのが見えます。
非常にタイトなダムサイトです。



峠を少し下った所で、少しだけ道路脇の木々が途切れる所がありました。
赤いクレストゲートが1門。

背後の山林にも注目。
標高1500m辺りを境に、山の木々が真っ白に凍っています。



71mの堤高は、一企業が所有するダムとしてはかなり立派なものではないでしょうか。

クレストから延々と真直ぐに伸びてきた導流壁はジャンプ台で終点を迎えます。
ジャンプ台の下はアーチ状の穴が見えます、単なるコンクリートの肉抜きか?、それとも・・。



深い山の中にひっそりと、しかし堂々とその姿を見せる別子ダム。
「孤高のダム」というイメージがこれほど似合うダムは無いと感じ、後にしました。



別子ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鹿森ダム

堤高57.9m
G/FIP 1962年 愛媛県営

2010.2.12見学

デジャビュ。


国道11号から県道47で再び愛媛の山中に分け入ると、何処かで見たような空間が待っていました。

建設途中のループ橋と、その奥に構えるコンクリートダム。
まるで数年前の滝沢ダムのようです。



このループ橋が完成すれば、真正面からダムを観察できるはすですが、現在はかえって橋が邪魔してよく見えません。
黒瀬ダムと同じ様に、真っ赤なゲートがカッコ良い。



クレストから真直ぐに伸びた導流壁の脇に、コンジットゲートが見えます。
導流壁の外側なので、コンジット用に分厚いコンクリートで小さなジャンプ台が仕立ててあります。



ループ橋は工事中ですが、従来どうりの県道は通行可能なので、トンネルを抜け右岸の天端レベルまで登ってみました。



ループ橋は完成すると、天端のすぐ脇を通過する様です。
新しい橋と、道路に合わせ、天端の端もリニューアル中。

天端は立入が禁止されていましたが、工事が終われば散策okとなりそう。



ダムとループ橋の距離感はこんな感じ。
あそこから堤体を眺めたい。



ダム湖の様子。
湖は「別子の湖」と呼ばれています。この奥に別子銅山があります。



鹿森ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
黒瀬ダム

堤高61.7m
G/FNIP 1972年 愛媛県営

2010.2.12見学

黒瀬ダムは愛媛県営の多目的ダムである。
鮮やかな赤いラジアルゲートが格好良い。



スキージャンプ式の洪水吐。
鋭い獣の爪のようだ。

もし、僕がこのダムの本体工事に携っていたら、この部分のコンクリートの打設の時は、もう楽しくて楽しくて仕方ないと思う。



減勢池と副ダム。
副ダムの上に大きな岩が散乱する。どこから落ちてきたのか?。



バケットカーブも美しく、竣工時の白さの残るクレストのコンクリートは、赤いゲートをより鮮やかに見せている。
天端通路からの雨水が、白いクレストに模様を造り出している。



天端は立入自由。シンプルな高欄。



ゲートの真上からジャンプ台を観察したいのだが、シャフトが邪魔でよく見えない。



黒瀬ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |