無料ブログ作成サービス JUGEM
多々良木ダム

堤高64.5m
FA/P 1974年 関西電力

2010.5.8見学


関西電力のアスファルトフェイシング 多々良木ダム。
アスファルトフェイシングのダムは今回初めての訪問です。この時はまだロックフィルダムの亜種くらいのモノだろうと、まるっきり油断をしていました。

坂道を登ってダム本体の右岸に到着。一般見学者の駐車場はちゃんと用意されているのですが、気が付かず天端脇に駐車させて頂きました。

天端は基本的にクローズですが、日中は徒歩で散策できる様に開放されているようです。



右岸端にラジアルゲート2門の余水吐。
一直線のスロープ、フィルダムのごくスタンダードな仕様です。



素晴らしい天端からの眺望。これぞ日本の山村といった情景が広がっていました。
天端にはツツジが植えられ、競うように沢山の花を付けています。



美しい植栽と風景に誘われてか、天端にやたらと人がいます。

ハイキングのグループかな?と、思ってましたが、どの方も画材を手に風景スケッチをするポイントを探しておられる様子。

あちらこちらに、行き来されているのはスケッチの場所選びだけで無い様で、
「何処かに水道が無いか?」 「水があらへん」 と、筆洗い用の水を探している方も。
多々良木ダムは一企業の発電設備と言う事もあり、天端の両岸付近には公衆トイレは無いようです。

「こっちになんぼでも水あんのやけど・・・・」 恨めしそうに天端からダム湖側を見下ろすおじさん。

その声を聞いて、僕もつられてダム湖に目を向けました。
そういや、ツツジや下流の風景ばかり見ていて、肝心のダム湖の方をまだ見ていなかった・・・。

どれどれ?



!!!!!!!

目の前に広がるアスファルトの斜面。

0.5秒で多々良木ダムに秒殺です。

堤高64.5m、基礎地盤まで湖水の中もずっとこの黒い壁が続いている事を想像すると、鳥肌が立ちました。それに、アスファルトの巨大な斜面を見下ろして眺めていると、頭から湖面に吸い込まれそうな錯覚を覚えます。

しばらくいろんな角度からアスファルトを鑑賞します。



蒼い湖水にオレンジ色の網端が映えます。
両岸の岩盤の険しく、ゴツゴツした表情も印象的です。



再び天端の端っこに停めた愛車に戻ると、管理所の奥に駐車場がある事に気が付きました。車を移動し駐車場に停めると、そこからはアスファルトフェイシングが良く見えました。
ああ、最初からここに停めれば良かったのだ。

駐車場にはダムの案内看板のあり、揚水発電の上池の黒川ダムと比較する感じで略図も描かれていました。黒川ダムは通常のロックフィルダムとなっています。

略図ですが通常のフィルダムよりも勾配がきつい事が解ります、それに形状も上下面で同じ勾配。
勾配が急なのは、緩い傾斜と比較してアスファルトの舗装面積が少なく済む為なのでしょうか?

この多々良木ダムと良く似た、東京電力の八汐ダムを見学された「雀の社会科見学帳」の夜雀さんによると、八汐ダムの場合、舗装を行う施工機械の能力に関係があるとの事です。
舗装にはスリップフォームのような専用の機械が使われるのだと思います。納得。

そして、さらに驚いたのは断面の略図・・・・
コ、コアが無い・・・・!!!

後から思えば、コアが無いからアスファルトで表面遮水している訳で、いまさらコアが無い事に驚く方がおかしいのですが、とにかく、この略図を見た時は、本当にたまげました。
それと同時に、まるっきりこのダム形式について理解していなかった事に大きく反省です。

多々良木ダムは近隣に適切なコア材の採取地が無く、このダム形式が選ばれたそうです。



一直線に伸びた天端、それと平行にやはり真っ直ぐに走る湖面との境界線。
広大な黒い壁は、とてつもない迫力と存在感です。
これはフィルダムとは完全に違う、もちろんコンクリートダムとも違う。今まで見たどのダムとも違うオーラに満ちています。

子供の頃、
空って凄いな、宇宙まで空気ばっかりだ。
海も凄いな、海底まで水ばっかり。

意味も無くそんな事を思っていた時期がありました。
案外、今でもその思いは変わっていない自分です。
何故が解りませんが、「延々と同じ材質」と言うものに興味があったり、心惹かれるのです。

湖底までずっとアスファルト、そして中身は全てロック材。
個人的に、そのビジュアル以上に多々良木ダムに魅力を感じてしまうのは、きっとその為だと思います。



すっかり天端で時間を食ってしまいました。
それもこれもアスファルトフェイシングが魅力的すぎるからなので仕方ありません。

天端からダムの真下に公園のような施設が見えていました。
車で移動してみると、それは「あさご芸術の森美術館」でした。
美術館の周辺には、屋外にも彫刻作品が多数展示されています。

天端のスケッチ画の方々との接点がつながり、妙に納得。



本日の特別展は安藤広重でした。
東海道五十三次に代表される、人情味溢れ、ちょっとコミカルな広重の浮世絵。

実はファンなので、グラッと来ましたが入場してしまうと、今日のダム巡りはここで終了してしまいそうなので、ぐっとこらえてスルーします。



館内と、堤体直下の野外展示は有料スペースとなっています。
垣根の隙間からダムの真下を覗いてみました。

きれいに整備された青々とした芝生の上に、いくつもの彫刻が展示され、背後には巨大なダムの堤体が迫っています。
勿論、これは偶然ではなく、計算された空間なのです。

ダムと彫刻、まさに現代アートの競演やあ〜と、まで言ってしまうとさすがにマニア目線でも飛躍しすぎですが、ダムの堤体が美術品の背景として実に有用である事を示した好例です。

奥河内発電所のエル・ビレッジなどの例もあり、関西電力はダムの魅せ方が上手いと思います。



関西電力のアスファルトフェイシング、多々良木ダムは、そのビジュアル的な魅力は勿論、美術作品とのコラボという他には無い魅力に溢れた凄いダムなのでした。



多々良木ダム
★★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大路ダム

堤高32.1m
G/FNW 1998年 兵庫県営

2010.5.8見学

兵庫県の県営多目的ダムの大路ダムに来ました。
播但連絡有料道路の和田山インターにとても近く、アクセスは良好。
ダムの目的は洪水調節や水道用水などです。



車を降りてまず目を引いたのは、湖畔のガードレールです。
凹凸のあるペイントで天然木風の仕上げ。モノがモノなので本物の木材には見えませんが、景観への配慮が感じられます。



天端は徒歩で散策できます。
小さな貯水池、網端の位置が下流側1/3くらいです。

対岸の湖畔は公園の様にも見えるのですが、大量の土砂で埋まってる様に見えます・・・。



天端を歩いて左岸に来ました。
シンプル&クリーン。白いコンクリートが良く似合います。



フーチングの階段。
ダークブラウンの手摺が良いアクセントになって、快晴の日差しに映えています。



減勢工もシンプルな造形。

大路ダムは堤高32.1m、堤頂長138mの小柄でとてもかわいい堤体です。



左岸の管理所から。

貯水池にはインクラインも巡視船も見当たりません。
小さな貯水池は管理所の窓から池の全容が見えるので、たしかに巡視船は必要なさそうです。

その代わりに管理所の玄関には救命用の浮き輪が用意されていました。



小さな貯水池を車で周ってみました。あっと言う間に対岸に到着。
天端から見た公園のような場所ですが、やはり谷川からの大量の土砂に埋まっていました。



下流正面からの大路ダム。
福井の永平寺ダムが仏像ならば、こちらはコケシのような顔に見えます。

あれ?
口の中に何かある・・・。



望遠で覗いてみると、浮かんでいる網端が見えました。



大路ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長谷ダム

堤高102m
G/P 1995年 関西電力

2010.4.17見学

ラテン系の伊達男。


長谷ダムは関西電力 大河内発電所の揚水発電の下池を担うコンクリートダムです。
ダムの直下に開閉所、その手前にとても洒落た外観の建物が並んでいます。

IMGP9363.JPG

パーキングからリゾート気分で階段を登って行くと・・・・。

IMGP9352.JPG

実はこの建物は関西電力のPR館 「EL VILLAGE OKAWACHI」 なのでした。
施設名に負けない実にこじゃれた施設なのです。


IMGP9345.JPG

正面の入口を入ると発電所見学ツアーの受付がありましたが、時間が遅く最終のツアーも終わっていました。
それどころか、このエル・ビレッジの閉館まであと10分!急いでひと回りします。

通常、ダム関連のPR館と言うと、ちょっとクールな感じで、色で表現するならライトグレーみたいな施設ばかりだけど、このPR館に関しては全て天然の木材を使った内装が、とてもダムのPR館とは思えない空間となっています。

広い敷地には東屋のような幾つかの離れがあって、それぞれ、ガラスの小瓶のハウス、木製おもちゃのハウス、ガーデニングのハウスなどなど、テーマ別にお洒落な小物等が並ぶ小部屋となっています。また、グリーンハウスと言う広い温室の中では花の苗なども販売していました。

ダムのPR館でありながら、ダムや発電、電気についての案内や展示はとても控えめで、エル・ビレッジの中では完全に脇役となっています。
背後に巨大なダムがあり、随時発電所見学ツアーが出発しますので、本命のPRは是非そちらでと言う事でしょう。

このPR館であれば、興味の無い妻子を無理矢理ダム巡りに連れまわしているパパさんマニアのご家族にも好評なのではないかと思います。

とにかく、今までにないPR館は関西電力さんの力作だと感じました。

IMGP9347.JPG

本当ならエル・ビレッジ内のオープンテラスの喫茶店で、堤体を見上げながらお茶でもしたい所でしたが、今日はとにかく時間がありません!。

エル・ビレッジから右岸の山を登ると、ダムサイトに管理棟と一般用パーキングがありました。パーキングの施錠時間までまたもやあと10分!。
施錠され閉じ込められる事は無いと思いますが、関電さんに迷惑を欠けては愛好家として失格です。とにかく猛ダッシュで天端を見学です!。

IMGP9354.JPG

だだだだだっ。
堤頂長は254m、結構長いっ(汗

IMGP9355.JPG

どどどどどどっ。
うわー高けーっ、堤高は堂々たる102m。

IMGP9361.JPG

ダム湖を見ると発電所からの放流口が4門。
結構水位が高いですね、これから夜間はこの湖水が揚水上池の太田ダムに揚げられるのでしょう。

のんびりしているヒマも無く、再びダッシュでパーキングに戻ります。息ゼーゼー足ガクガク
監視カメラで見られているので施錠時間になったとしても大丈夫だと思いますが、明らかに挙動不審です。

IMGP9360.JPG

無事に時間前にパーキングを出て、車で長谷ダムが正面から見える所にやってきました。

どうです、この堂々たる姿!
クレストの吐が自然越流で可動ゲートが無くてもこんなに格好いいんだぜっ。

IMGP9367.JPG

豪快にV字に開いた導流壁が、シャツの胸元を開けた伊達男みたいで超セクシー。
もし、人間だったらラテン系だな、胸毛付で。

しかし豪快な導流壁、試験湛水で越流した時はとても綺麗だったんだろうなあ。

下流面のコンクリートの広さは、重力式コンクリートダムの魅力の大きな要素だと思うのですが、長谷ダムはそのポイントに於いては間違いなく最高レベルです。

IMGP9368.JPG

現在時刻は6:20
急いで車に飛び乗り、上池の太田ダムを目指し爆走しましたが、あと1〜2キロで太田ダムという所でUターンして、また戻って来ました。
太田ダムを見学すると、再び長谷ダムに戻る頃には夜になっていると思ったからです。

太田ダムはまた次の機会にして、今日は暗くなるまで長谷ダムの大きな胸板を眺める事にしました。

IMGP9382.JPG

長谷ダム
★★★★★




| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
草木ダム

堤高24.8m
G/P 1913年 関西電力

2010.4.17見学


「侘び寂」

茶の湯の美意識と言える、簡素、閑寂、枯淡な趣を示す言葉ですが、ダムの世界にもそんな言葉が良く似合うダムがありました。

それが 兵庫県 関西電力 草木ダムです。

IMGP9336.JPG

ゲートレスの天端には通路も無く、自然越流の余水吐だけの小さな堰堤。
1913年竣工の草木ダムは、まさに茶室のような簡素な佇まいと、古美術の味わいを持ったダムなのです。(ダムと言うより、堰堤と漢字で表記したいですね、草木という名もよく似合っています)

山間の谷川の水を湛える貯水池から、静かに水が落ちてゆきます。

IMGP9330.JPG

石積みの上に、さらに保護としてコンクリートが塗布されている様に見えます。
もうすぐ100歳になろうかという堤体ですから、幾度かの補修工事を受けているのかもしれません。

IMGP9332.JPG

ダムの直下は、護岸工事が行われていました。
去年8月に発生した台風9号による豪雨災害の復旧工事だと思います。

IMGP9335.JPG

引原ダムからの道すがら、何箇所もの道路復旧工事に合いました。
災害から半年以上過ぎていますが、未だ手がつけられていない状態の被災した建物もあり、水害の恐ろしさと、被害の甚大さを露にしていました。

ダムの天端に沢山の木が漂着していましたが、これも崩れた左岸の山林からの流木かもしれません。

IMGP9337.JPG

1913年竣工と、国内で5番目に古いコンクリートダムである草木ダム。
今まで幾度となく台風や豪雨を経験している事かと思います。

まだ癒えぬ台風9号の爪痕を見ながら、複雑な心境でダムを後にしました。

侘び寂堤体 草木ダム
★★★


おまけ。

朝来インターへ車を走らせると、すごいものに出くわしました。
かつてこの地にあった神子畑選鉱場の跡地です。
数年前まで大屋根の建物も残されていたそうなんですが・・・見たかったなあ。

IMGP9342.JPG

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
引原ダム

堤高66m
G/FNIP 1957年 兵庫県営

2010.4.17 見学

ダム建設テーマパーク。


ミッドセンチュリーコンクリートの風格ある下流面、引原ダムは兵庫県営の多目的ダムです。パリッと襟の立ったクレストが凛々しいですね。

IMGP9326.JPG

堤体中央にバルブが見えます。
バルブの真上に屋根つきテラスがありますね。

IMGP9327.JPG

左岸は国道29号です。
ダムサイトに管理棟と、見学者用パーキングも完備。

以前使用していた900mmハウエルバンガーバルブが展示されていました。

IMGP9294.JPG

ゲートピアを迂回してクランクした天端通路。
決してシケインではないので車での通行は徐行でお願いします。

IMGP9296.JPG

見下ろすとスクエアな減勢池。
下流面の出っ張りがバルブ室です。

IMGP9297.JPG

天端を渡り、右岸を散策すると、こんな案内看板を見つけました。
「バンカー線跡」

本文の冒頭の漢字が読めない・・・。

IMGP9298.JPG

これがそのバンカー線跡です。手前で台車がすれ違える様になっています。
同じ物は大分の松原ダムでも見た気がします。

その奥に見えるのはバッチャープラントです。

IMGP9302.JPG

バッチャープラント跡です。
柱には建設時や、竣工時の写真が展示されています。

引原ダムは、建設プラント跡に遊歩道が敷かれ、散策しながら建設プラントの事が学べるという、驚きの指向の様です。

IMGP9303.JPG

バッチャープラントから山林の散策路を登って行くと、現れたのは骨材貯蔵ビン跡でした。
サイズ別に分別された骨材は、ここからベルトコンベアでミキサーまで運ばれます。

IMGP9307.JPG

現在は散策路の展望台となっているこのスペースは、かつてのセメントサイロ跡です。
容量7トンのサイロが設置されていたそうです。

IMGP9309.JPG

いい感じの並木道が散策路の終点です、ご想像の通り、ここはケーブルクレーンの走行跡です。

IMGP9313.JPG

ケーブルクレーンの跡地からは、やっぱり堤体がよく見えますね。

IMGP9311.JPG

散策路を引き返してバッチャープラント跡に戻って来ました。

ドーム形の屋根を据え付けて保存されて来たバッチャープラントですが、さすがに老朽化が激しく、楽しい建設プラント跡散策路もいつまで公開され続けるのか微妙な感じを受けました。

IMGP9318.JPG

バンカー線跡辺りから堤体を眺めます。
ピア上のステンレスの手摺が西日を受けキラキラと輝いて見えます。

そのまばゆい手摺を眺めていたら・・・。

IMGP9325.JPG

おやっ!
これは、天竜川の女王 泰阜ダム と同じ方式の通路のつけ方ですねっ!

こんな所で、女王と同じディティールに出会うとは全くの予想外です。
なんだがとても嬉しくなってしまいました。

IMGP9324.JPG

ダム建設のプラント跡地を散策できる素敵な引原ダムでした。

引原ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本庄川ダム

堤高47.7m
G/FAW 2004年 兵庫県営

2010.01.30見学



猪ノ鼻ダムからスタートした南淡路ダム巡りもそろそろ終盤です。
本庄川ダムは、大日、大日川ダムの西にある新しいダムです。

下の写真は、ダムサイト、左岸のパーキングから。
だぶん「バス釣り禁止」だったと思うのですが、「バ」の濁点が取られてますね・・・。
ハスという淡水魚もルアーで釣れる魚ですが、まさか禁止するほど人気は無いので。

そういえば、10年前、このエリアに釣りに来た事がある。
友人の運転で来たので、今となってはどのダム湖だったか定かでないが、今日巡ってみた湖には見覚えのある地形や場所は無かった。
今回行く事のできなかった、天川第2ダムか、竹原ダムだったのかもしれない。



この本庄川ダムで一番の特徴は、ダムの立地かもしれない。
ダムへ向かう山道を登って行くと、そのまま一直線に天端へ通じている。
今まで沢山のダムを見てきたつもりだけど、こんな不意打ちのような堤体の登場は初めてだ。



左岸から堤体下流面。
左右でバランスの取れたシャープな姿。
V時に開いた胸元のような導流壁。襟が立っていますね。



淡路島には沢山のダムがありました。
今回は南淡のダム達を巡りましたが、北淡にはアースダムが密集しています。
南の重力式コンクリート、北のアースフィル。島の南北でこれほどダムの形式が明快に分かれているのも珍しいと思います。

なぜそうなのか?それはまたいつか、北淡のアースダムを巡った時にわかるのでしょう。

本庄川ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大日川ダム

堤高42.8m
G/A 1966年 兵庫県営

2010.01.30見学

美女が眠るダム。



大日川ダムは、大日ダムのすぐ上流にある農業用のコンクリートダムです。
白いコンクリートが印象的だった大日ダムと対照的に、黒く重厚に見えます。

左岸の下流面に穴があり、こんこんと水が湧き出ていました。
この水が用水路を流れ、下流の大日ダムの横まで流れて行くみたいです。



右岸の天端まで登ってみました。
天端の端に現在の貯水量と、水位をリアルタイムで表示する電光パネルがありました。
この様な設備を見るのは始めてです。

淡路のコンクリートダムは、必ずどこか特徴があり面白いです。



洪水吐により、一段高くなっている天端中央より下流を見る。
減勢工の形も特徴的。
下流に向け狭くなっている所には副ダムがあり、真上に古い橋が残されています。



哀愁漂う、副ダム上の橋。
すぐ下に新しい橋が架けられた為、もう誰も渡る事が無いのでしょう。
橋があるだけで、両岸の道は自然に帰りつつあります。



天端からダム湖の右岸を見ると建設時のプラント跡が見えます。
湖に浸っているのは骨材を入れる設備だと思いますが、山の斜面のスロープは何に使われていたのでしょうか?。
骨材の運搬に関する何かとは想像しましたが、この後、近くで観ても解りませんでした。



それよりも、ダム湖の上流に土盛りの堰堤が見えます。
ちょうど、成相ダムから見える成相池堰堤のようです。これは気になります。
行ってみましょう。



大日川ダムの湖を完全に上下で分断するかのように見えた堰堤ですが、右岸の端で堰が切れていました。
堰堤の端、水路となっている部分は、かつで洪水吐のあった所かと思われます。

いったい何という堰堤だったのか、知る由もありませんが、成相池堰堤と同じ運命である事は想像が付きます。
地図では、この堰堤から上流は美女池と記載されていますので、もしかすると美女堰堤という名前だったのかも。

堰堤の端に碑がありますが、ダム湖の対岸に道は無く、ボートで上陸しないと行けない場所です。


シンプルな造りの大日川ダム。
よくあるゲートレスの堤体ですが、何処となくオールドダムのような品格を感じていました。

ダム湖側から見てある事に気が付きました。
天地に薄い洪水吐が、上田池ダムや、山田池のような石積堰堤を思わせるシルエットなのです。



大日川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大日ダム

堤高36m
G/FNW 1997年 兵庫県営

2010.01.30見学



まだまだ白いコンクリートが印象的な大日ダム。
淡路島は瀬戸内の乾燥した気候なので、あまり表面が汚れないのかもしれません。

クレストの洪水吐の上の天端は、下流側に大きくオーバーハングしていて、展望スペースになっていました。
洪水吐の間の扶壁が、どことなく畑薙第一ダムみたいで恰好良いです。



その展望スペースからの眺め、
ダムのすぐ下に広がる農地、南淡のダムは、どのダムからも大抵こんな風景が広がっています。

この大日ダムの場合は、ダムの下はまた別の貯水池(正木池)があります。
正木池は堤高の関係でダムと名乗っていませんが、立派なアースフィルです。



天端から見る減勢池。
よく見ると右岸側の壁に沿って、地下室への階段が隠されています。
脇に植栽を配した地階への入口は、打ちっぱなしコンクリートのモダン建築みたいです。

左端に写ってる階段状のところがクレストの非常用洪水吐からの水路。
滑らかなスロープ部分がオリフィスの下流面です。



左岸に用水路とゲートの設備がありました。
用水路はダム湖の左岸を縫う様に上流に向けて伸びています。

大日ダムは、目的に農業用水を持っていません。洪水調節と水道水などを目的に建設されました。
また、東に2キロほど離れた牛内ダムと、トンネルにより洪水を分水する機能を持っているとの事です。
大日ダムの上流には農業用の大日川ダムがあり、大日川ダムの水を大日ダムをパスして、下流の正木池に送る水路ではないかと思います(想像)。



ダムの真下は公園が整備されています。
大日ダムも牛内ダムと同じ様に、クレストの非常用洪水吐と、オリフィスゲートの位置をずらした左右非対称のレイアウトとなっています。

このダムは、右利きですね。

ダイダロスアターック!。



大日ダム

★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牛内ダム

堤高59m
G/FNW 1997年 兵庫県営

2010.01.30見学



牛内ダムは、論鶴羽ダムのすぐお隣の兵庫県営ダムです。
洪水調節、河川維持に加え、水道の水源池となっています。

洋館風の洒落た管理棟。



クレストの非常用洪水吐は、下流の河川を基準とすると、かなり右にオフセットした位置にあります。
その為、下流面の導流壁は右岸だけにあります。
上田池ダムが、もし現代に築かれたら、こんな形のダムになっているのかもしれません。

なぜ、こんなレイアウトかと言うと、オリフィスゲートがクレストゲートの左脇にあり、下流河川とオリフィスの位置を揃えた為と推測。



天端は、赤いカラー舗装と、高欄内側のレリーフなどかある程度で、機能最優先の実直な堤体といった印象でした。



牛内ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
論鶴羽ダム

堤高42m
G/FN 1974年 兵庫県営

2010.01.30見学



兵庫県営の洪水調節などを行なう論鶴羽ダムは、ダムの直ぐ下に公園やスポーツレジャー施設が作られ、沢山の家族連れで賑っていました。
レジャー施設の場所は位置的にダム建設のプラント跡地だったのかもしれません。

極めてシンプルな天端。
洪水調節と、河川維持が目的のダムなので取水設備も無くあっさりとしています。
天端の向こう、ダムサイトの左岸には、論鶴羽山の登山口があり、登山者の車が停められていました。



天端からの下を見る。
オリフィスの尖ったデフレクター。その下のコンジットから河川維持放流がされている様です。
コンジットのデフレクターは対照的に丸くこんもりした形。



右岸の管理棟の脇から見ています。
コンジットの開口部が結構大きいので気になりますが、どうしてもゲートが見えません。
ラジアルゲートが入っていそうですが、維持放流の水の飛び方はバルブに見えます。



淡路島最高峰、論鶴羽山のふもとにある論鶴羽ダムには、テニスのボールの弾む音と、子供達の元気な声が響いていました。

論鶴羽ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |