無料ブログ作成サービス JUGEM
四十四田ダム

堤高50m
GF/FP 1968年 国土交通省

2009.10.10見学

44 du - tricolore.



岩手県 四十四田ダムは盛岡市の郊外にある重力式コンクリート・フィル複合ダムである。
ロケーションはなだらかな丘陵地帯であり、広い空と伸びやかな堤体のコントラストが美しい。

ダム湖の向こうには岩手山。今回初めて東北に来たが、青森の岩木山しかり、東北は裾野の広い美しい山が点在し、僕の地元の岐阜県とは違う魅力ある風景が広がる。

右岸の管理所には展示施設が併設してあり、近隣の国交省のダムのライブ映像も見られる。
ここを基点にダム巡りの計画を立てるのも面白いかもしれない。



複合ダムの堤体は管理所側の右岸がフィル(アース)ダム、中心部分が重力式コンクリート。
さらに左岸の着岩部分は再びフィルダムとなっているようだ。

天端を歩くと、ひょっこりとこんなものが。
地震計などが収められているそうです、遠目にはごみ箱に見えますが大切な設備です。



のんびりとしたダム湖には野鳥の姿。

何かと環境がらみの問題が取沙汰されるダムですが、ダムにより、穏やかな水面が増える事で、日本の野鳥は確実に増えているそうです。
大型の肉食獣がいない日本の生態系では、鷹などの猛禽類が生態系の頂点です。
野鳥や渡り鳥が増える事は、この国の生態系が豊かになりつつある証でもあります。



重力式コンクリート部分のゲート群。
青い秋空、白いクレスト、赤いゲート。トリコロールカラーが美しい。



フィルダムの穏やかさと、重力式コンクリートの力強さ。
複合ダムは形式だけではなく、その表情も複合式なのでした。

四十四田ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岩手県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |