無料ブログ作成サービス JUGEM
最近のあれやこれ。

土曜日。
ヤナで働いている人から鮎を頂いた。

奥さんが昼寝を始めたので、その隙に何か作る事に。



ぬめりを取って、軽くウロコを取って、飾り塩を付ける。
踊り串を打つと良いのですが、レンジに入らないのでやめ。

皿がいいでしょ。



旨そう。
でも、まだまだ食べない。

おでぶなのは卵がぎっしり詰まってるから。



ぴろりろぴろり〜♪



5合炊きの炊飯器で4合炊いたので満員です。

ここで奥さんが目覚めました。
骨を抜いて混ぜるのをやってもらいましょう、一番面倒な工程なので。



半分、実家にお裾分け。
炊飯器に入らなかった鮎はそのままの塩焼きで頂きました。




日曜日
なんの前触れもなく、いきなり洗濯機が壊れた。
家を建てた時に買ったので、まだ9年目。
修理しても長くは無いと判断して、買い換える事に。



ねずみの引越し。

風通しの良いゲージから、防寒対策としてアクリル板付きのものに。
中が良く見えて写真が撮りやすくなったので、時々写真をアップするかも。



月曜日。
大きな封筒に入って、いいもの届いた。



水曜日
タイヤローテーションをしてから気になっていた、高速走行時のフロントホイールのバランスのチェックをディーラーのサービスに依頼する。
法定速度を超える速度域のブレなので、ちょっと渋い顔をされたが、週末にアウトバーンを走ると言ってお願いする。

木曜日
朝、めっちゃ寒い。車が真っ白に凍っていた。
うちの暖房は深夜電力を使った蓄熱式なので、電源を入れても温風が出るのは明日の朝になる。



いろいろあった一週間。
土日はアウトバーンで、もみじ饅頭を買いに行ってきます。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
すなねずみ。

未だに、ハムスターを飼っていると誤解もある様なので、この際ハッキリさせておかねば。

我が家で飼っているのは 「スナネズミ」 なのである。
決してハムスターではない。証拠に、ほら、尻尾が長いでしょ。



その名前の通り、野生では砂漠などに住んでいるネズミなのだ。
だから砂浴びが大好き。

「動物のお医者さん」で、いつも幸せそうな表情してた小動物と聞けば、ピンと来る人も多いと思います。



ハムスターとの一番の違いは、野生では1匹で単独生活のハムスターと違い、スナネズミは家族単位で集団生活をする種だと言う事。
一匹狼のハムスターは多頭飼いすると、そのストレスから最悪、血みどろの大喧嘩に発展する事もありますが、スナネズミは好んで共同生活をする種なので、本当に仲が良いです。
その、仲の良い様子を、にまにま眺めるのがスナネズミ飼育の醍醐味と言えるでしょう。

仲良しの証拠に、尻尾踏まれていても、なんとも無いようです(笑)



ゲージの中ばかりでは運動不足になるので、時々テーブルの上で自由にさせます。
飛び降りる事はしないので、放っていてもテーブル上から逃げる事はありません。

あっち行ったり、こっち来たり。
いつも遊ばせてる場所なのに、初めて来た感じの新鮮な表情でキョロキョロ。

時々、立ち止まって何か考えてる風だけど、絶対、何も考えてないと思います。



だーっしゅ! (浮遊中)



欧米では「ファースト・ペット」として、子供が飼う小動物として定着してると聞きますので、日本だとハムスターがそのポジションに君臨してますね。

暑さ、寒さに気をつけてあげれば、とても飼いやすいと思うので、お勧めします。
きっと、ほのぼのした表情を見せてくれると思います。

ダムと無関係の話題ついでに、おまけでPR。

アイリス オオヤマ のホームページで、庭紹介のページに、うちの庭を掲載して頂きました。
http://www.iris-gardening.com/oniwa/62/01.html

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
萌ミ。


うちの地元は田舎なので、7月から8月は毎週のように夏フェスのイベントがあります。

音楽系のライブイベントが多いのですが、昨日と今日は大規模な、萌車(痛車)のミーティングがありましたー。



本日は生憎の悪天候となりましたが、日本全国から2日間になんと1000台以上の萌車が集結。
小さな村なのでこの日ばかりは萌〜なヒトビトで人口倍層です。

センチュリーだって、



パナメーラだって、



単車だって、



メイド服のおじさんとか、場内をうろつくコスプレイヤーに完全に引き気味の我が娘。

それに、「知らないアニメばっかり」と、少々ご立腹でしたが(笑) ようやく彼女でも知ってるキャラクターに出会えたみたいです。



個人的にウケたのはアキラくんのゼット・・・・・?。少々方向性が違いますが。
随分と遠い所からお越しだったので、無事帰宅される事をお祈りします。



プリントしたステッカーが大半だと思うのですが、中には総50色のカッティングシートを貼り重ねたという猛者も。

愛だ、これは愛だ。



農村に集結する萌車たち。
冷たい雨の中、萌〜な熱気に包まれた一日なのでした。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スナ 再び。

我が家に再びスナさんたちがやってきました。

クリームちゃんと、びたぁちゃんです。

いつも活発なびたぁちゃん。好奇心旺盛。



対照的にクリームちゃんはとってもおとなしい。
なかなか写真を撮らせてくれません。



クリームちゃんを撮ろうとしてるのに、すかさずびたぁちゃんが邪魔に入ります。
おいおい。



ねずみって、ものすごく成長が早い。
我が家に来た時は、とてもちっちゃな子ねずみだったのですが、あっと言う間に大きくなりました。

写真は、我が家に来たばっかりのクリームちゃん。
親指くらいの大きさだったんですよ。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
6月です。朝です。

ようやくバラが咲き始めました、1年でいちばんいい時期です。
朝日が差すと撮影が難しいので、5時起きで写真を取ってみました。

連休に作ったサークル花壇も完成しています。

IMGP0505.JPG

玄関側の様子。沢山バラが咲いています。

土木担当は僕ですが、他は全て奥さんの管理なので、何が植えてあるとか、品種名とか全く解りません。

とにかく、バラです・・汗

IMGP0509.JPG

こっちも沢山育っていますが、何があるのか解りません。

「バラ」と「花」と「草」です。

IMGP0511.JPG

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
庭どぼくシリーズ。

(たぶん)最終回の今日は、過去に作った主なモノを一気に紹介です。

まずは、家を建てて、最初の春に作ったのが玄関前のアプローチ。
デザインは、素人としてはなかなかでしょう(自画自賛)。会社の休み時間を使ってCADで設計しました。

とにかく、この範囲を枕木が埋る深さまでて掘る作業が、途轍もなく大変でした。
1本60Kgある枕木は運ぶのも、設置するにも、水平出しするのも一苦労。
資材にも、道具にもかなりお金を使ったので、途中で放棄する訳にも行かず、苦労の末に完成。

正直、二度と造りたくないです(汗



翌年、余った枕木で、階段を造りました。
見えない所はコンクリートブロックを使ってコストを抑えています。

今は、タイムが増殖しています。



さらに翌年、まだまだ枕木が残っていたので、家の脇に花壇を増設。
枕木は地面を掘らずに並べただけなので、これも楽勝。



玄関アプローチに告ぐ大工事となったのは、裏庭の物置の目隠し。

アプローチの時には初めて水平器を使いましたが、今回は下げ振りもマスターしました。
こうやって、我が家の倉庫には二度と使わない道具が貯まって行きます(笑)。



これは去年の連休の工事。

何をやったかとい言うと、雑草が酷かったので、一度砂利を全て撤去して、雑草防止のシートを敷きました。
重労働の割りに、完成しても以前と何も変わらないというのは、肉体的にも、精神的にもダメージ大。



これは、去年秋のシルバーウイークの工事。
石垣の下に板を立てて、細長い花壇にしました。今年はこの花壇にとって初めてのシーズンなので、どんな感じで花が咲くか楽しみです。




おまけ。

今日はひるがの高原に遊びに行ってきました(ダム関係ではありません)。
高速が渋滞の為、ずっと国道で移動。

これは、いつも通る国道端にある電動工具屋さん。

工具両手に喜び過ぎ。

て言うか、子供に持たせちゃダメ。あぶない、あぶない。
どう見ても、何か作ってるんじゃくて、壊してるでしょ。わーい。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
家庭内どぼく。

我が家では、毎年5月の連休は、混んでいる行楽地を避け、自宅で庭いじりをするのが恒例となっています。

今年の連休は、庭の一角で中途半端になっているエリアがあるので、なんとかする事になりました。

コンクリートのサークルの中は、当初ラベンダーを植えていましたが、毎年の積雪のダメージで樹形が悪くなり、結局抜いてしまいました。
その後、何を植えるでもなく砂利を入れていたのですが、とにかく雑草の処理が大変なので、サークルの中の雑草除けがテーマです。

砂利は僕が昨日まで奈良のダムに行ってる間に奥様が撤去してくれていました。
今日はその分、僕が頑張ります。
敷いてある石は、デザイン検討中の暫定仕様です。



植わっていたアカシアの根っこ。

かなり高く育っていたのですが、何年か前の台風で折れてしまいました。
まずは、この根っこをどうにかせねばなりません。

獲ったど〜!
格闘すること30分、無事撤去。

後ろは、奈良土産の、奈良のコンビニ産クッピーラムネを食べる娘。(安上がり)



掘り返した所は土が軟らかくなっていますから、枕木を使ってタンパーします。
何事も基礎地盤が大切。

土曜日の今日は、奥様は午前だけ仕事なので、独りで作業です。



今日も晴れて暑くなって来たので、早々とサボタージュ。

娘とかんてんぱぱで、寒天ゼリーを作る事にしました。パインの缶詰を入れます。

缶きりと格闘する娘。

なんと、「缶きり」を知りませんでした。今まで、存在すら知らなかったらしい。
恐るべしプルトップ世代。



午後になって奥様が帰って来ました。

ごはんを食べて、食後に、一切の砂糖を入れ忘れた、ヘルシーな「水味」のパインゼリーに大ウケした後、作業再開。

サークルの中の基本デザインは、今朝、朝ごはんを食べながら決めていました。

今回の作業は比較的簡単なので、資材さえ揃えたら簡単に終わる見込みです。
エブリイ号で、レンガ50個と、サラサラくん20袋を買って戻る頃には、暑さも和らいで、作業がはかどる時間帯になっていました。

レンガの面、でこぼこしていますが、暫定で並べた状態です。この後、ちゃんと微調整します。
本当は下に砂を敷いて水平を出したい所ですが、今回は省略。
と、言うのも、レンガより外側は、後々植物を植えるので、最終的にはレンガは植物で隠れたり、砂が抜けて水平は崩れてしまうと予測。



「サラサラくん」とは、雑草除けの固まる土の事です。
正式には何というのか解りませんが、今回買ってきた商品名がサラサラくんと言います。

雑草除けと言う事なら、空練りの色付きモルタルで張っても良いのですが、固まった後も雨水を通し排水してくれるらしい。(我が家のドボクでは初採用の素材なのだ)

施工はいたって簡単。
厚めに敷いて、成らして、水をかけるだけ。



娘に立入禁止の看板を作ってもらって完成です。
後は養生して固まるのを待つべし。

固まれば、コンクリートほどではありませんが、ある程度の硬さにはなるはずです。
アイアンのベンチを置くには、脚にテラコッタタイルか何かを敷く必要がありそうです。

レンガの外周りは、これでは雑草が喜んで生えまくるので、早急に何かを茂らせねばなりませんが、これは奥様にお任せです。



と、実働半日で本年度の作業はとりあえず終了です。

いつも模索しながらの作業なので、実際に着手してみないと、1日で終わるのか、3日掛かるのか解らず進めています。なので、こういった作業は連休にやらないと難しいのでした。

明日は、他の作業もします。次は塗装工です。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
本日の安全帯
ひ〜っ(汗)


ひ〜っ ひ〜っ(汗)


ひ〜っ、ひ〜っ、ひ〜(汗)
| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ホノボノ。

今日は独りで自宅に居ります。

台所に目をやると、何やらメモが置いてあります。

「おおごんとうの作り方」

それは、甘い物大好きの娘が書いた、手書きレシピの置き忘れのようです。

だた砂糖を溶かして固めるだけの黄金糖にレシピが必要なのか?素朴な疑問もありますが、ちょっと読んでみましょう。


おおごんとうの作り方

注意
・長いじかんしゅう中
・火をつかう
・こげつく・・・・

なるほど、最初に調理の注意点を挙げるなんざ、なかなか本格的なメモですな。
どれも大事な事です。

でも、その下、メモが折り返してありますね・・・。



一度、注意事項を書いたけど、やっぱり違うと思って折り返して隠してある様です。

早速コッソリ覗いてみましょう。ナイショですよ。



ぷぷぷぷぷーっ。

確かにそれは要注意だ!

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年

あけましておめでとうございます。



今年もダム愛好家とダムにとって良い年でありますように。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 暮らしと生活 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |