無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
オールドコンクリートダム型録


しばらくぶりのブログ更新、前回の戦前のハイダム型録に続いて、それよりも古いオールドコンクリートダムを竣工年が古い順に紹介します。

1900年(明治33年)から始まった日本のコンクリートダムの歴史、古いものは既に完成から100年以上経過しています。
私たちの生活を支えるインフラで、100年を越えて尚現役という建造物は、なかなか無いのではないでしょうか?。
これら最古参のコンクリートダムは貿易港や都市の水道施設として建設されたものが多く、その為、比較的訪問し易い場所にあると言うのも魅力の一つと言えます。


第1位
布引五本松ダム 1900年 神戸市

日本で最も古いコンクリートダムは、19世紀最後の年、神戸の水道水源地として産声を上げます。
新神戸駅のすぐ裏手、ハイキングルートやロープウェーで訪れる日本最古のコンクリートダムは、神戸っ子の恰好のレジャースポットとなっています。

阪神淡路大震災にも耐え抜いた堤体は、補修工事により耐震性を強化、湖底の堆積物を浚い、次の100年も現役で神戸の街に水を送り続ける事と思います。

588布引五本松.JPG


第2位
本河内低部ダム 1903年 長崎市

神戸市と共にオールドダムの二大聖地と言うべき長崎市、海外との交流の拠点であった貿易港は、諸外国から侵入するコレラ等の伝染病の侵入を防ぐ水際であり、より衛生的な上水道が熱望されていました。

本河内低部ダムは既に完成していた本河内高部(1891年完成・アースダム)の500m下流に建設され、長らく長崎市の重要な水源地を形成してきました。
昭和57年に発生した長崎豪雨災害を契機に、洪水調節機能を持たせた多目的ダムとしての再開発を受けています。(写真は3年前の工事中のものです、現在工事は完成しているはずです)

488本河内低部.JPG


第3位
西山ダム 1904年 長崎市

本河内低部と共に、長崎オールドダム・ツートップの一翼を担うのが西山ダムです。
ダム本体からわずか50m下流に新しい西山ダムが建設され、オリジナルの西山ダムは首まですっかり水没した格好となっていますが、現役の水道用ダムとして活躍中です。

1999年に完成した新しい西山ダムには洪水調節の能力を持っており、本河内低部と違ったアプローチで多目的ダム化への再開発が実施されています。

492西山.JPG


第4位
立ヶ畑ダム 1905年 神戸市

布引五本松ダムから西へわすが2km、直線的な布引五本松と比べ、アーチ状の柔らかな姿がとても美しい立ヶ畑ダムです。
曲線重量式はアーチ作用を期待する(具体的な計算はされていない模様)目的と、コンクリートが硬化する時の伸縮に対して、直線よりも柔軟性があるとされていたそうです。

神戸市街のすぐ裏手ながら静かな貯水池は周囲を緑に囲まれ、湖畔から眺めるその姿は100年前にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。

585立ヶ畑.JPG


第5位
藤倉ダム 1911年 秋田県秋田市

東北初の本格的な水道施設として誕生、以来秋田市の水道水源として活躍してきました。
1973年の運用終了後は「忘れ去られた水源地」として余生を送っていましたが、近代水道100選に選定された事を機会に公園として再整備され、現在は越流が美しいダムとして多くの人々に愛されています。

673藤倉.JPG

第6位
黒部ダム 1912年 栃木県日光市

有名な関西電力の黒部ダムと奇しくも同名の「栃木の黒部」は、コンクリートダム初の発電専用ダムとして誕生しています。発電ダムは「黒部にはじまり、黒部に終わる」と言った感じでしょうか?
堤高の割にやたらと広い敷幅は、実は60m級のダムとして計画がスタートした名残りではないかと推測しています(個人的な憶測です)

441黒部.JPG


第7位
草木ダム 1913年 兵庫県宍粟市

兵庫県山間部、日本のマチュピチュとして人気の竹田城址に程近い所にあります。
ゲートレスのシンプルな堤体、越流部の表面は改修を受けていますが、軽いアーチを描く左右の非越流部は、表面の石張と共にこの時代のコンクリートダムの特徴を持っています。

381草木.JPG


第8位
飯豊川第一ダム 1915年 新潟県新田市


加治川治水ダムの下流、こっそりと隠れるようにあるのが飯豊川第一ダムです。
36.85mの堤高は竣工時は日本に最も背の高い堤体でした。
全面的な改修工事により、石張であったはずの当時の姿は、現在は見る影も無く少し残念。

718飯豊川第一.JPG


第9位
乙原ダム 1916年 大分県別府市

温泉で全国的に有名な別府にあり、温泉観光地の発展を目的に整備された「日本初の観光水道」の水源地として誕生。
もうすぐ100歳を迎えるオールドダムは、今も現役で活躍中です。

646乙原.JPG


第10位
大又沢ダム 1917年 神奈川県足柄郡

宮ケ瀬、浦山、滝沢とスターダムがひしめく現代の関東ブロック、その全てのコンクリートダムの祖先と言えるのが、このエリアのコンクリートダムで最初に建設された大又沢ダムです。
飯豊川第一ダムと同じく、全面改修により近代的な姿にリニューアルされていますが、当時のコンクリートダムのスタンダードであった曲線重力式の堤体は、まぎれもなくオールドダムのシルエットです。

602大又沢.JPG


以上がニッポンのオールドコンクリートダム10ベストですが、飯豊川第一と大又沢は、全面改修により当時の姿とはかけ離れており、オールドダムとしての魅力に今一つ欠ける所があります。(第6位の黒部ダムは当時のイメージを残しつつ、再開発されていますね)
なので、ランキング繰り上げで11位、12位のダムもおまけでご紹介。


本庄ダム 1917年 広島県呉市

帝国海軍呉海軍工廠の水源地として築堤された名堤。
国家高揚を謳い上げるかのような華美な装飾、緻密な仕上げは、大正4年の竣工時のオリジナルを維持しており、軍港建設も手掛けていた海軍の土木技術の高さを証明しています。

518本庄.JPG


千本ダム 1918年 島根県松江市

日本の城壁を思わせる美しい谷積が印象的。
直線重力式と幅広の余水吐のシンプルなレイアウトは藤倉堰堤とも良く似ており、東の藤倉、西の千本といった所でしょうか。

460千本.JPG


史実としては、この年代では、高原ダム(1917年 奈良県 堤高20m)、野花南ダム(1918年 北海道 21m)が完成していますが、これらのダムは廃止され、堤体は現存していないようです。

また、1918年には函館の笹流ダムに先駆ける事5年、国産初のバットレスダム・手井ダム(堤高21m)がサハリンに誕生していますが、何せ樺太なので実際に訪問しようがありません。
衛星写真をしらみつぶしに観察したのですが、いくつかのフィルダムは確認したものの、手井ダムと思われるダムは見つける事が出来ませんでした。
凍害が問題となりやすいダム型式ですので、廃止され、もう現存していないのかもしれません。


シリーズ・ダムカタログ(堰堤型録)、次回は、この時期のローダム(堤高15m未満)をいくつかピックアップしたいと思います。

| あつだむ宣言!(清水篤) | 堰堤型録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。