無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大河原発電所取水堰

堤高14.9m

G/P 1919年 関西電力

2012.12.7見学


昨年末、水力ドットコムで有名な「日本で最も多くの水力発電所を見た男」ことHisaさんが著書を出版されました。
その名も「水力ドットコム」と言う本の中で紹介されている物件がこの日のターゲットです。

まずその目的地までの道標となるのが御存じ高山ダム。
名張川の守護神としてあまりにも有名な重力式アーチダムです。

名張川はこの高山ダムの直下で木津川と合流します。
そして、その合流点にあるのが、大正8年(1919年)に建設され、今もなお関西電力の手で電気を産みだしているのが大河原発電所取水堰です。

IMGP0800.JPG

目的の取水堰は高山ダムのすぐ近くです。

以前、高山ダムに来た時は、その存在すら知らずスルーしていました。
今日は天ヶ瀬ダムを経由して宇治方面から来てるので、下流から向かって高山ダムの手前およそ1キロといった地点です。

見えた!

IMGP0803.JPG

真っ白な越流が眩く輝いています(そして写真に撮り辛い)。
大正時代に建設された取水堰堤は当然ながら石張造りです。

堤高は奥ゆかしく14.9m。
あと10センチでダム便覧にも載って、よく知られる事になっていたと思います。

実は、Hisaさんの出版以前から存在は薄々気が付いていましたが、石張ダムの調査範囲をローダムにまで広げると、この先とんでもない泥沼にはまる気がして、今日まで訪問を敬遠していました。
ところが、Hisaさんの「水力ドットコム」の写真でその姿を拝見して、これを見なくして石張ダムは語れないぞ!!という思いが強くなったのでした。

初見の取水堰、イメージ通りのとても立派で堂々とした姿です。
なんか妙に感動。

IMGP0798.JPG

対岸に口を空ける暗渠。
位置的に排砂設備かな?と、思います。

IMGP0796.JPG

一歩一歩、歩く事で徐々に見える角度が変わっていく事を楽しみながら、すぐ傍まで来ました。

これが大河原発電所取水堰の全容です。

IMGP0742.JPG

堤体表面、とても綺麗なカーブです。
堤体の深部に向かって孤を描くような塊感があります。
全体としてシンプルなシルエットと言う事もあり、その塊感が質の高さを感じさせ、品格さえも漂わせています。
高さが15mに満たない取水堰堤ですが、名堤と呼んで全く差し支えありません!!。

うーむ。
思わす独り唸り。(顔は多分ニヤニヤしてたと思う)

IMGP0787.JPG

手前の左岸には魚道と思われる設備があります。

一番前の平坦なスロープの用途ははっきりとは解りませんが、水位を調節する放流路かな?と思います。
(越流部は木板をはめる構造なので、木板の保守作業の時に通常より水位を下げる必要があるのかな?と、)

IMGP0764.JPG

貯水池対岸には、これまた石張の年季を感じる設備。
発電所への取水口だそうです。

IMGP0784.JPG

右岸には堤体のすぐ近くにもゲート設備とおぼしき構造物。
堤体の穴の近くなので排砂ゲート?とも思えますが、現役なのか遺構なのかも不明(見た目は完全に遺構です)

写真手前は越流部なのですが、本来整然と並んでいるはずの木板がことごとく破壊され、支柱に漂流物がモサモサと絡む、少し可愛そうな状況でした。
たぶん、夏にこのエリアを襲った記録的豪雨によるものじゃないかと思います。

IMGP0746.JPG

ところが、板が流され残った支柱に夕暮れの低い日差しが当たって、貯水池側に櫛状の影を落としていました。

流芥のモサモサはちょっとアレですが、これはこれでなんだが綺麗・・・。

IMGP0775.JPG

ゴミがゴミに見えないよう、思い切ってモサモサは白く飛ばしてみました。
なんだろ、ふわふわした不思議な感じ。

IMGP0751.JPG

どうでしたか?大河原発電所取水堰。
高山ダムを訪問した際には、是非立ち寄ってみる事をお勧めします。

僕は越流部分の木板が治って、本来の姿になった頃を見計らって、また再訪したいなと思っています。

IMGP0794.JPG

大河原発電所取水堰
★★★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム京都府 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/07/26 9:59 PM posted by: 夜雀
お疲れ様です。
あああああああ。
ま、また不思議な撮り方をっ。

しかし綺麗だ。
右岸の岩の模様といい凄い綺麗。
自分はいつもこのコースで行くので(五月橋からはくねくね道で時間かかりすぎる)目にしますがやっぱりこの堰堤は美しいですね。

   夜雀 拝
2013/07/28 12:27 AM posted by: あつだむ宣言!
お疲れさまです。

岩の模様。
そうなんですね〜Hisaさんもそう言っておられます。
次行く時は、岩を撮りに行ってもいいくらい。

越流部の板がバリバリだったんで、やっぱり完全な状態の姿も見てみたいです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/990