無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
門入ダム

堤高47.3m
G/FNW 1998年 香川県営

2012.11.24見学


香川県 門入ダム。
これが今回の遠征の終点です。

堤高47.3mの重力式コンクリートダムは、1998年竣工と比較的新しい、県営の多目的ダムです。

IMGP0601.JPG

外観で一目で解る特色は、四万川ダムや三春ダムなどにも採用されている石積風の装飾型枠が使われている事です。
(上の2基は有名だけど、香川にもあるんだよ〜)

パターンは四万川と似ていますが、良く見ると少し違うようです。
直接見比べた訳ではありませんが、四万川よりも少し平坦で、筋の彫りが浅い印象です。

IMGP0600.JPG

なんて事を感じながら眺めていたら、フーチングを人が上がって来るのが見えました。フーチングの階段が開放されています。

IMGP0598.JPG

左岸駐車場に車を停めて、天端散策開始。
天端は車両通行禁止ですが、駐車場は右岸やダム直下にもあり、いろいろと開放されているダムのようです。

IMGP0657.JPG

天端通路はこんな感じ。
ブロックで舗装されてるだけでも、随分と雰囲気が良くなりますね。
公園の散歩道って感じ。

IMGP0608.JPG

周囲の山並みが異様に低い貯水池。
讃岐平野の山裾にあり、アースダムを思わせる立地です。
実際この門入ダムは、元々あった土堰堤の貯水池を再開発して造られたようです。

IMGP0611.JPG

天端から下流方向。

ダムの真下から始まる讃岐平野。
直下は公園になっています。

IMGP0613.JPG

減勢工。
越流部には石張風の装飾はありあせん。

IMGP0614.JPG

なんだか妙にデザインに拘りをみせる門入ダムです。
これは多分ゲート設備です。

IMGP0642.JPG

でもって、これはエレベータだと思う。
周囲に見晴らしスペース付き。

IMGP0616.JPG

管理所だってこの通りの変わったデザイン。
逆に繋船設備がいたって普通で、なんだが可愛い・・。

IMGP0618.JPG

化粧型枠から始まり、変わったデザインの多い門入ダムですが、極めつけはこれでしょうか?。

両岸のフーチング上にカラータイルで絵が描かれています。
地元中学生のデザインによるもので、町の特色やイメージをモチーフとしているそうです。

今までありそうで無かったアイデアです。
天端から凄く目に付きますし、見学者の視線を考慮した良い工夫だと思います。
しかも、門入ではここも開放されている(左岸だけだったかもしれない)から楽しいですよね〜。

IMGP0622.JPG

両岸の着岩部は地山を深く掘り込んだ感じになっています。

下流が広く開けている事もあり、フーチング上のイラストとも相まって、独特のぽわわ〜んとした、なんとも平和な空気感です。

IMGP0624.JPG

管理所のある右岸にはいろんなモニュメントが並ぶ芝生スペース。
いろんな不思議いっぱい、ぽわわ〜んダム。

IMGP0638.JPG

モニュメントに交じって、ダムの出来る以前にあった池の石碑。

IMGP0625.JPG

秋の行楽シーズンって事もあるのか、香川のダムには必ずお客さんの姿がありました。
香川県人、実はダム好き?。

IMGP0643.JPG

クレストの洪水吐です。
非常用4門の間に高さ違いでオリフィスが2門。

ライトアップ用と思われる照明が点々と並んでいます。
平野の広い範囲から見えるダムなので、ランドマークとしての役割もあるんですね。

(個人的には、堤体からの染みが結構多いのが少し気になる・・・)

IMGP0636.JPG

クレスト部分の化粧型枠のディテール。
三春ダムのレポで少し触れましたが、越流にさし障りのないギリギリの範囲まで隈なく施工されています。
いい仕事してますなー。

IMGP0635.JPG

実は香川にもあった、こんな開放感あふれるコンクリートダム。
全国的にはいまひとつ有名なダムではありませんが、なかなか良いダムじゃないかと思います。

IMGP0660.JPG

門入ダム
★★★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム香川県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/07/23 9:47 PM posted by: マック
おばんです〜♪

お!私好みのダムですな〜。

親しみ易いダムはありがたいです♪

ただ遠いのが・・・難点です★
2013/07/26 12:17 PM posted by: あつだむ宣言!
こんにちは。

香川県、淡路島からチョイと海峡を渡れば到着ですよ〜。

でもやっぱり遠いか(笑
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/989