無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
子撫川ダム

堤高45m
R/FNW 1978年 富山県営

2012.10.20見学


臼中ダムを訪問した後、刀利ダムに立ち寄って、午後からは少し移動して子撫川ダムに来ました。
能登半島の根元辺り、石川県との県境近くにある富山県営のロックフィルです。

ダムサイトに裸婦のブロンズ像。
周辺にはこういったブロンズ像が沢山展示されているそうですが、なぜか僕はこの一体しか見つける事が出来ませんでした。

IMGP0027.JPG

右岸のパーキングに駐車して徒歩で天端散策。

堤高45m、堤頂長224m
コンクリートブロックの柵が点々と天端に並びます。

IMGP0025.JPG

堤体の大きさは中規模といったサイズなのですが、九頭竜をイメージさせる黒くてゴツゴツしたリップラップが、実際の数値以上のスケールを感じさせます。

IMGP9976.JPG

右岸にある洪水吐のスロープの壁に小窓が見えます。
こんなディティールの九頭竜的・・・。

IMGP9979.JPG

洪水吐や管理所は左岸に集中しています。
てくてく歩いて行くと、なんか、得体の知れないモノが見えて来ました。

IMGP9972.JPG

な、なんでしょかこれは!!
形状も魔可不思議ですが、大きさもかなりの物です。
形自体にインパクトがあるので、普通に撮影しただけでも面白さがあります。

なんとなく、ツノを出したウミウシにも見えます・・・
(そう思うと、可愛くも見えて来るから不思議)

IMGP9978.JPG

ダム好きならみなさんお解りですね。
かなり変わった形状ですが、自然越流式の洪水吐です。

こんな感じで平面形は貯水池に突き出した形になっています。
越流部分が帽子の鍔のように少しオーバーハングしていて、吐の中心に滝のように流れ落ちる形になっています。

頂上に並ぶ「ツノ」は、滝裏が負圧になり、騒音や振動が発生しないように、あえて滝を切り、空気を入れる隙間を作る役目ではないかと思います。(いわゆるスポイラーですが、これほど大きな物は珍しいと思います)

青土ダムなどの半円形の吐に形状は近いですが、半円よりも越流長が長く必要で、滝壺部分が極端に狭いレイアウトの為、このようになったと勝手に推測。

IMGP9980.JPG

ウミウシくんを反対側から、こちらの下部は湖水に没しています。
この面白い洪水吐ばかりに注目してしまいますが、すぐ隣に2門のラジアルゲートも持っています。

IMGP9987.JPG

これらゲート付近の天端の様子です。
ごちゃごちゃと設備が集まり、小型の重力式コンクリートダムのような感じ。管理所はこの先の岸辺にあります。

設備が密集して、非常用洪水吐もコンパクトにする必要があったので、あのような面白い形になったのかなと思います。

IMGP0024.JPG

傾いた日差しを受ける2門のラジアルゲート。
扉体は見えませんが小さくないです。立派なゲート。

IMGP9991.JPG

そこから伸びるスロープも迫力あります。

IMGP9993.JPG

日差しがスロープ下の減勢池に反射して、コンクリートの壁をキラキラと照らしていました。
凄く綺麗だったのですが、なかなかその美しさを写真に収める事は出来ませんでした。

IMGP9994.JPG

面白い洪水吐を持ったロックフィル。
普段、コンクリートダムをメインに訪問していますが、フィルダムも侮れないなーと、感じた小撫川ダムでした。

IMGP9990.JPG

小撫川ダム
★★★


おまけ。
小撫川ダム上流は「宮島峡」という有名な景勝地だそうです。

ぱっと見、ダムマニア界の某重鎮氏に見えませんか?

IMGP0029.JPG

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム富山県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/06/11 10:51 PM posted by: マック
おばんです〜♪

ほんとに重鎮様を思い出す看板ですね(笑)。

変わった洪水吐ですね〜。
こういう面白い発見があるから…
ダム訪問は止められませんよね♪
2013/06/12 3:05 PM posted by: あつだむ宣言!
マックさん。

面白洪水吐、このダムの吐はその中でも相当変った部類かも。
今まで、コンクリートダムと、一部のロックフィルしか見ていないので、案外アースダムでも変った洪水吐があるかもしれませんね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/975