無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
胎内第二ダム

堤高41.5m
G/P 1959年 新潟県営(新潟県企業局)

2012.10.8見学


大石ダムからおよそ10km
胎内第二ダムは、その名の通り胎内川にある「2番目」のダム・・・と、言いたい所ですが、正しくは新潟県企業局が運用している「胎内第二発電所」に付随するダムという意味です。

ややこしいのは胎内川には他にもダムがいくつもあり、最下流にこの胎内第二、その上流には胎内第一発電所があり、さらに遡ると、胎内川ダム、さらに胎内第一発電所へ送水している胎内第一ダム、そして最上流に現在建設真っ只中の奥胎内ダムがあります。

(いっそ、北陸電力の神通ブラザーズみたいに、胎一〜胎四とかにしてくれたら覚えやすいのに。)

とかなんとか思いつつ、到着しました胎内第二ダムです。
真っ黒な堤体。

IMGP9464.JPG

クレストにローラーゲート1門のシンプルな堤体。
ちょこっと吐きが出来るのか?扉体の中心にスリット状のものがあります。

IMGP9466.JPG

写真を撮っていると、時々背後を大型車が通過します。
建設真最中の奥胎内ダムの現場へ向かう車です。

IMGP9465.JPG

堤体脇にある管理所。
看板には「ダム」と「発電所」が並列して書かれていました。
胎内第二発電所はダム式の発電所です。

IMGP9475.JPG

天端は立入禁止なので道路脇から眺めます。
堤頂長90mのコンパクトなダムですが、堤高は41.5mと思いのほか高さがあります。

ぐっと肩の中にローラーゲートを押し込んだ姿は導流壁が深く、小柄ながら力強い形をしているなと感じました。

IMGP9461.JPG

豪雪地とあって、天端上の屋根は急角度になっています。
どさーっと、屋根の雪が貯水池に落ちるように工夫されていました。

IMGP9469.JPG

両岸に山が迫る湖面はそれほど広くありません。
ここから3kmほど上流に胎内第一発電所があります。

IMGP9476.JPG

胎内第二ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム新潟県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/02/08 8:40 PM posted by: マック
おばんです〜。

ここも快晴ですね。

私はまだ行ってません…★
大石ダムの後に行きたかったのですが、天気が悪くて断念。

今年の夏に行きたいと思ってます!

この後は…やはり胎内シリーズでしょうかね?
期待してます♪
2013/02/10 10:19 PM posted by: あつだむ宣言!
マックさん、おばんです〜。

胎内川には奥胎内ダムが建設中ですよね。
夏ごろにはだいぶ本体打設も進んでいるのではないでしょうか?

ひょっとして一般向けの現場見学会などもあるかもしれませんから、要チェックですね!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。