無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
横川ダム

堤高72.5m
G/FNIP 2007年 国交省(北陸地方整備局)

2012.10.8見学


最上川水系の白川ダムから西へおよそ20km、横川ダムは隣りにあるダムですが荒川水系となり、北陸地方整備局が管理する多目的ダムとなっています。

白川ダムでは薄らいでいた霧なのですが、横川ダムではさらに濃い霧が辺りを真っ白に包んでいました。
天端標高が白川ダムよりだいぶ高いのかな?と思ったのですが、267.5mの天端標高は、白川ダムよりも75mも低い高さとなっていました。

IMGP9387.JPG

2007年竣工の真新しい横川ダム、管理所もスクエアなモダンなデザインが採用されています。
隣接する展示施設「きてくろ館」は対照的に丸く凝った外観をしていました。

残念ながら、きてくろ館の開館時間は9時〜17時となっていて、見学は出来ませんでした。
(僕が訪れるのが早すぎました、ちなみに冬季は閉館となりますので、ダムカードの配布は隣りの管理所となります)

IMGP9392.JPG

堤高72.5mの立派なダムなのですが、こう霧が濃くては何も見えません・・・。

実は横川ダムのクレスト中央に配された3門の洪水吐ゲートは、「回転式スライドゲート」と言う、新開発のゲートが採用されているはずなのですが・・・。

とりあえず他を観ている間に、多少なりと霧が晴れて来る事に期待して、天端へ向かいます。

IMGP9398.JPG

ダム全体を覆う深い霧。

ダム湖は「白い森おくに湖」と、なんだかお土産物のクッキーみたいな可愛い湖名が命名されています。しかし、これでは「白い霧おぐに湖」ですね。

IMGP9396.JPG

深い霧は視界だけではなく、あらゆる音も隠してしまうのが、しんと静まった森の中にバルブ放流の水音だけが、やたらと遠くから聞こえていました。

IMGP9401.JPG

下流も上流も真っ白。
例の回転式スライドゲートの採用により、すっきりとした天端も霧の中に溶け込んでいます。

この世界に僕一人しか居ないんじゃないか、と言う程の静寂。

IMGP9410.JPG

それでも僕の靴音の他に、かすかに足音がした気がしました。

しばらくすると巡回に管理所の方が霧の中から現れました。
軽く挨拶をしてすれ違います。

IMGP9414.JPG

天端を往復して戻って来たのですが、相変わらず視界は晴れず、それどころかより一層霧が濃くなって来ました。

IMGP9417.JPG

回転式スライドゲート・・・。

仕方がないのでとりあえず撮影しましたが、これではよく解りませんね。
(辛うじて壁面に丸いリングがうっすら見えています、本当なら近未来的なカッコいいゲートなのですが・・・残念)

越流型(扉体上を水が越流する事が出来る)のゲートである回転式スライドゲートは、全開/全閉を基本とし、洪水調節時でもクレストゲート操作による流量調節を行わない洪水調節計画に基づき、コスト低減と管理の簡略化を図り採用されました。

近い構造のゲートでライジングセクターゲートがありますが、回転式スライドゲートは扉体支持部をリング状とし、水圧荷重をリング内面のコンクリート基部で受ける構造としたのが特徴で、円盤状の支持部を持つライジングセクターゲートと比べ支持構造の簡素化(コスト縮減)が図られています。

と、言っても写真がこんなので申し訳ない・・・。

IMGP9415.JPG

深い霧のベールに包まれていた横川ダム。
まあ、これも再訪するきっかけにもなりますからヨシとします。
次のダムでは晴れるといいのですが・・・。

横川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム山形県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/02/01 6:05 PM posted by: マック
おばんです。

横川ダムに行きましたか〜。

それにしても凄い霧ですね。
視界が悪くて残念でしたね…。


2013/02/01 6:50 PM posted by: あつだむ宣言!
まいどです〜。

この霧だけはどうしょうも無かったです。
小一時間でも待っていれば良かったかもしれませんが、まだまだこの先の予定もあり・・・。

実はこの近辺は7月の遠征時にも通ってるのですが、その時は雨天だったりと、何故か横川にはフラれてばっかりです。

お次はさらに西にあるダムです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/960