無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
羽鳥ダム

堤高37.1m
E/A 1956年 農水省(東北農政局)

2012.10.7見学


旭ダムを観た後、再び下流の湯野上温泉まで戻って、国道118で東に向かいます。
その先に、地図で観ると天然湖のように大きな湖があります。

農水省直轄の灌漑用アースダム、それが羽鳥ダムです。
総貯水容量2732万㎥は、アースダムでは日本で3番目の規模を誇る大きなダムです。
地図で観る大きな湖面に、本当にアースダムなの??と、何度も確かめた物件でした。

IMGP9101.JPG

って、冒頭で紹介しましたが、訪問した10月はかなり水位が下がっていました。
農閑期の今は、来年の春に向けて水を貯え始める時期なのだと思います。

それでも大きな空に負けない地上の鏡は、型式別の総貯水容量3位、湛水面積4位の特大スケールを持つ事は容易に想像が付きます。

IMGP9091.JPG

直線で2キロ程向こうの対岸に、何か構造物が見えます。
肉眼ではよく解らないので望遠撮影&トリミングで拡大。

羽鳥ダムは阿賀川上流部の支流鵜沼川にありますが、その利水は山を隔てた阿武隈川水系の農地を潤す為に造られました。
この施設はその為の取水設備だと思います。

阿賀野川から阿武隈川へ渡す水のリレー。
その水は田畑を潤し、やがて人の命の源となります。
すなわち、この羽鳥ダムが行っている水のリレーは、命のリレーと言えるものです。

IMGP9093.JPG

堤高37.1mはアースとしては高い方でしょうか。
堤体の端に置かれた親柱。ちゃんと「羽鳥土堰堤」と、この盛土が只者ではない事を主張しています。

IMGP9095.JPG

堤高はそこそこありますが、堤頂長は169.5mと、湖面の広大さに比べコンパクトな堤体です。
ダム本体から貯水容量を鑑みた、堤体の効率の良さは抜群だと思います。

IMGP9103.JPG

洪水吐は左岸にシュート式がしつらえてあります。
そして、湖の規模と並び羽鳥ダムのハイライトは・・・。

IMGP9087.JPG

この洪水吐越流部の造形です!

IMGP9086.JPG

普段、アースダムは訪問しない僕を、このダムに向かわせたのは、この洪水吐を持っているからに他なりません。

まるで蛇のように曲り、うねった形のコンクリート。
(今年の干支だけに年始早々縁起がいいや〜)

必要な放流能力と、洪水吐を設置する左岸の地形からこの様な形状になったものと思います。

IMGP9106.JPG

へへへへっへ。

あ、
よど垂れた。

IMGP9144.JPG

複雑なバスタブに残る昨夜の雨水。

もの凄いカット数で写真を撮りまくってしまった。
まさか、アースダムにこんなにハマってしまうとは。

そして、これを観てしまったら、まだ観ていない摺上川ダムを、
死ぬまでに観ないと気が済みません!
いや、死んでからは観れないので当たり前か?
じゃあ、観ないと死ねません!!
いやいや、まだまだ生きるよ俺は。

うー、よく解らんけど、とにかく凄かった羽鳥ダムの洪水吐なのでした。

IMGP9130.JPG

羽鳥ダム
★★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福島県 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2013/01/08 6:24 PM posted by: マック
あけましておめでとうございます。

う!そっち方面でしたか〜。
完全に裏をかかれました(汗)。

羽鳥ダムって、私も素通りする事が多かったんですが、記事を読んで認識を改めました。

雪が溶けたら行って見たいと思います!

先日、摺上川ダムに行ってきましたよ♪
綺麗なダムですので、お勧めです。(^O^)


2013/01/08 11:16 PM posted by: おざ
あけましておめでとうございます。
まさに巳年!的な越流部ですね!
CBH^1.5 であります。
今年も楽しいレポートを楽しみにしています。
2013/01/09 12:35 PM posted by: あつだむ宣言!
あけましておめでとうございます。

マックさん
羽鳥ダムの辺りは高原道路といった感じでドライブも気持ち良いですね。
福島は遠くて気軽に行けないので、欲張ってウロウロしてるかもしれません(笑
この後、ダムを数か所経由して、最終目的地は摺上川ダムなのですが、はてさて、無事辿り着けるでしょうか??お楽しみに〜

おざさん
只今、ダムの科学で再び勉強中です〜
今年も宜しくお願い致します。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。