無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大川ダム

堤高75m
GF/FNAWIP 1987年 国交省(北陸地方整備局)

2012.10.7見学


阿賀野川水系ダム巡り、明けて2日目は阿賀川本流に戻り、国交省の大川ダムからスタートです。
国道118のトンネルを通過し、振り返ると鬼っ子鉄塔の向こうにコンクリートの堤体が見えました。

IMGP8938.JPG

ダム本体から200mほど離れた左岸のパーキングに車を滑らせます。

右岸から、大きな取水設備、4門のラジアルゲート、そしてコンジットの予備ゲートとそれを吊るすガントリークレーン。

IMGP8939.JPG

駐車したパーキングはこちらの駐車場でした。
J-POWER 下郷電力所。
ん、大川ダムは国交省なのにでんぱつさん?

ほとんど予習無しで訪問したので、この時はその理由が判っていませんでした。
下郷電力所は1Fに展示施設もありますが、オープンは春夏のみで、9月から3月まで長めの冬休みとなっています。

IMGP8946.JPG

電発さんの駐車場からダム本体方向は大川ダムの管理敷地内となっていて、車両進入禁止となっています。

この時はダム直下の道が災害復旧中で通れない為か、特別に天端が迂回路として利用されている様でした。

IMGP8952.JPG

いつものように歩いて付近を散策します。
大きく立派なコンクリートダムです・・・。

IMGP8953.JPG

って、思っていたのですが、どうも右岸が怪しい。
少し段差のある天端、岸際にはリップラップが見えます。

何処かで見た事あるぞ・・・。
奈良県の布目ダムだ。

って事は、この大川ダムってコンバイン??
(ちなみに布目ダムのリップラップは止水処理工であって、ダム本体では無いけど)

IMGP8949.JPG

左岸から、
予習不足で現場で複合ダムだと気が付いた大川ダムの横顔です。

大川ダムは、堤高75mの大きなダムです。
でも、今、ブログを書き書き、改めて写真で見るとそれほど高く見えません。
それはきっと減勢池がばかでかく、それを囲む壁も異様なほど大きく高い為かなと思います。

IMGP8954.JPG

その巨大な減勢工。
ダムの真正面に切り立った岩盤があり、放流した水はいきなり右に90°ターンする事になります。

大きすぎてあまりイメージが湧きませんが、周囲の壁の高さは軽く15mは越えているんじゃないかと思います。

IMGP8960.JPG

減勢工にそってカーブの先に目をやると、さらにもう1段減勢工があるようです。
そして川筋は今度は左に90°カーブしています。
このクランクした川筋もあって、こんなに減勢工が大きくなったのかも。

写真中程の赤レンガ色の建物は東北電力さんの大川発電所。
本当はあの辺りも散策できると思うのですが、下流からの道が通行止め、行くことが出来ませんでした。残念。

IMGP8961.JPG

発電所と言えばそうそう、電発さんの下郷電力所。

巨大減勢工ばかりに目を奪われていましたが、貯水池側を観ると何やら構造物が湖面から覗いていました。
大川ダム左岸の、山ひとつ向こうの大内ダムとの間で揚水発電が行われていて、大川ダムは下池の役割を担っているという事でした。

IMGP8990.JPG

てくてく歩いて右岸まで来ました。
途中で軽く折れ曲がった大川ダムの堤頂長は406.5mもあります。

ロックフィルダムの部分は、重力式コンクリート部分よりも少し高くなっています。
フィルダムは締め固めてあるとは言え、完成後に落ち付くにつれほんの少し下がるのだとか、
フィルダムは天端越流に耐える事が出来ない為だとか、
いろいろ見聞きした事があります。

IMGP8989.JPG

長い天端を歩いて来た先には国交省の管理所がありました。

大川ダムはダムカードも発行されています。
休日の場合は正面玄関のインターフォンで申し出るのがセオリーですが、建物手前からチェーンで規制され、正面玄関まで到達する事が出来ません。これは困った。

IMGP8963.JPG

右岸は公園化され、広い芝生や野外ステージなんかもあり、さまざまなイベントに使えそうです。
石井神殿みたいに本体にギャラリーとか無くても、ダム目的にRを付けれるんじゃ??

それでもって雪も降る所だから消流雪もやったら、大川ダムのダム目的はFNAWIPSR!
わお!フルコンプ!?。

IMGP8964.JPG

公園の桜の木の下を歩いて再び横顔拝見、今度は右岸からです。

大きなコンクリートダム部分のボディ。
ダム軸が途中で折れていたり、フィル部分に向かって天端が高くなっていたりと、複雑な表情も併せ持っています。

IMGP8967.JPG

400mを越える複合ダムの本体と、巨大な減勢工。

フィルダムを持つ事からも想像できますが、地盤が少し軟弱であった為、建設にはダム本体と減勢工周辺の基礎岩盤上にコンクリートを打ち込む事が必要でした。
コンクリートを打つ範囲が広大であった事もあり、その部分に初めてRCDコンクリートが採用されたという事です。

IMGP8975.JPG

今日も朝一から幸先の良いスタートとなりました。
がんばって沢山巡るぞ〜。

大川ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福島県 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/12/18 8:49 PM posted by: マック
こんばんは。
会津に住むマックと申します。
いつも見させていただいております♪

大川ダムの下流の公園は、通行止めになってませんよ。
私は11月に行ってきました!
2012/12/18 8:54 PM posted by: マック
こんばんは。
会津に住むマックと申します。
いつも見させていただいています♪

大川ダムの下流側は通行止めではありませんよ。私は11月に行ってきました。

電源開発の資料館では、大内ダムのダムカードを配ってます(休館中なので今は…?)。
2012/12/19 12:21 PM posted by: あつだむ宣言!
マック様
コメントありがとうございます。

下流の公園、改めて地図を観ると民家もありますし、本当は行くことができたのかもしれません。

ダムカードは、現在は管理所の方で頂けるようですね、但し、僕のように変な時間だとダメみたいです。

大川ダム訪問の前夜に会津のソースかつ丼を頂きました。
長野や福井のソースかつ丼とは別もので、卵焼きに驚きました〜。

マックさん、沢山ダムを巡っておられますね。
これからの季節、冬のダムも趣があっていいですが、スリップ事故に気を付けて楽しみましょう(お互いに!)
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/942