無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
宮下ダム

堤高53m
G/P 1946年 東北電力

2012.10.6見学


沈みゆく太陽と競争するように柳津ダムから10kmほど突っ走って、宮下ダムに到着です。
盛大な水の跳ねる音と共に木々の間から現れたのは、大きな水のカーテンでした。

おおおおお。凄いぞ。

IMGP8915.JPG

写真は感度を上げ気味で撮っているので、本当はもっと薄暗かったと思います。
その暗がりの中で越流の白さだけが異様に際立って見えていました。

ゲートピアで断ち切られた水の切れ目が、細い筋となって、白く大きなスクリーンに刺さる棘のように浮き上がって見えます。

両岸を包み込むようにカーブした導流壁は、諸元を調べなくとも戦前の日発ダムであると言う事が容易に見当できます。
滑らかなその上を滑る只見川の水は、名堤白水堰堤を彷彿とさせる美しいものでした。(残念ながら、僕はまだ白水堰堤の越流が見れていない)

IMGP8916.JPG

天端やダム敷地内は立入禁止。

右岸に作業スペースが設けられ、工事が行われていました。
ダムに付随する宮下発電所はもう少し下流にあるので、ダム本体に関わる工事でしょうか?。

IMGP8925.JPG

素晴しい水のカーテンですが、今日見てきた他のダムがそうである様に、これが本来のダムの姿ではありません。

全門開放のラジアルゲートたち。
望遠で見ると従来の歩廊の上に赤茶色の少し大きな通路が増設されているように見えます。工事はクレストゲートの交換、補修などなのかもしれません。

IMGP8927.JPG

この宮下ダムの特徴と言えるのが、5kmほど西にある天然カルデラ湖 沼沢湖 を上池とした揚水発電が行われている事です。
およそ200mの落差を利用し、昭和27年(1952年)から運用を開始した沼沢沼発電所は、日本最初の純揚水発電として有名です。
(沼沢沼発電所は第二沼沢発電所にバトンを渡し、現在は廃止)

宮下ダム本体の右岸に、只見線の線路を挟み山の斜面に制水門が並んでいます。

あ、これが揚水発電の排水口か〜。
と、言うのはとんだ早合点で、この制水門はダム水路式の宮下発電所の取水口でした。
沼沢湖との揚水の発電所はダム本体よりも数キロ上流にあるようです。

IMGP8924.JPG

ゲートを上げ、文字どうりお手上げ状態の宮下ダム。
日が暮れた湖面が寂しげに見えました。

IMGP8921.JPG

対岸を通る国道のシェードから直接ダムにアクセスできるようです(一般は立入禁止)
最後に、下流から迂回して左岸に行ってみる事にしました。

IMGP8922.JPG

シェード手前まで来ましたが、木々が茂って期待ほど眺めが良くありません。

周囲を散策すれば、もっと開けた眺望ポイントがあるのかもしれませんが、そういえば、今日はまだまともな食事を一度もしていない事に気が付きました。

IMGP8930.JPG

阿賀野川水系ダムツアー、宮下ダムの上流にはまだまだ、上田、本名、滝、そして只見〜田子倉といい感じでダムが連なります。

このまま田子倉まで行って、まだ訪れていない広神ダムを観て、小千谷市に抜けるのも良いですが、それだとなんだか早々に岐路ルートに乗ってしまうので、明朝からは少し移動して別の河川に入りたいと思います〜。

宮下ダム
★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福島県 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/12/15 10:29 PM posted by: キラキラ星
初めまして^^
いつも楽しく拝見させて頂いています
ゲート全開のラジアルいいですね^^
私は大きなラジアル装備のこの宮下ダムのような横にいくつも並んでいるダムが大好きです
ゲート全開の正面が見てみたかったです^^

こちらで拝見して訪問したダムがいくつかあります
これからも楽しみにしています(^O^)/
2012/12/16 7:18 AM posted by: 安部塁
次の1基は、入山ダムかと思っていました。
宮下ダムは、下流の国道橋梁から樹木に邪魔されず下流面と対面することができます。
ただし、少し遠距離恋愛になるので望遠レンズを持って行ったほうがよいかもしれません。
2012/12/17 12:24 PM posted by: あつだむ宣言!
キラキラ星 様

コメント頂きありがとうございます。
阿賀野川水系は国内有数の多蓮ゲート地帯ですよね、きっとお気に召すダムもあるんじゃないでしょうか?

安部塁さんからコメントも寄せて頂いていますが、宮下ダムは下流の橋から真正面が見える様ですね、訪問時は空腹に加え、開いている飲食店があるのか不安だったので、そこそこの所で切り上げてしまいました。

今後も参考になる記事になるようがんばります。


安部塁 様

こんにちは、あ、入山がありましたか。
アースはスルーしてしまう事が多いので見落としていました。

そろそろアースも観る様にしないと、訪問基数の伸びも限界に来ています。
最近、ちょっと趣味が変って、貯水池の表情をよく観るようになってきました。
アースも面白いかも・・・。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。