無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
「与えらた形象-辰野登恵子/柴田敏雄」展&ワークショップ


去る8月25日、珍しく新幹線で東京に来ております。

やって来たのは、THE NATIONAL ART CENTER TOKYO こと、国立新美術館。
初めて来たけど、かっちょいいね〜建物。

DSCF1459.JPG

本日のお目当てはこちら。

「与えらた形象-辰野登恵子/柴田敏雄」

http://www.nact.jp/exhibition_special/2012/given_forms/index.html

柴田敏雄さんのファンである僕にとって、非常に刺激的な凄い展覧会でした。

東京藝大時代に活動を共にしていた画家の辰野登恵子さんとの二人展となっていて、柴田先生が写真を始める以前の絵画から、今年撮影されたばかりの最新の作品まで網羅した、壮大な展示となっています。

辰野先生と柴田先生は藝大当時、辰野先生曰く「わたしたちは双子」と言うほど共通性があったそうです。そんな二人の作品を同時に鑑賞する事により、柴田先生の作品がいったい何であるのか、ようやく自分なりの解釈ができたような気がします。

(きっと辰野先生のファンも柴田先生の作品と同時観賞する事で、何か刺激的でワクワクした新しい発見をする事と思います。)

そんな柴田先生の大きく美しいオリジナルプリントを前に、ルーベンスの絵を観たネロのように思わず昇天してしまう所でした。

DSCF1458.JPG


しかしこの後、うかうか天に召されている場合ではない用件が待っていました。

実は展覧会の観賞だけでなく、なんと、柴田敏雄先生のワークショップに参加するのです。8月25日と、9月8日の2日間にわたる写真修行です。

先月の第1回は、柴田先生を前に緊張しすぎて変なテンションに・・・汗。
明日の第2回は、前回、先生から出された宿題を持って再び参加してきます。

一皮剥けたダム写真が撮れるようにがんばります!。

DSCF1464.JPG



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダムスケープ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/09/10 10:25 PM posted by: かじゅ
先日、柴田敏雄先生のワークショップでご一緒した ほわわ〜ん写真を撮っている かじゅ です。
ワークショップお疲れ様でした。楽しかったですね♪

一皮むけたダム写真(いや、むける前も)カッコ良かったです!
こちらのサイトでも写真、見せていただきましたが、ダムってカッコイイんですね〜ぇ♪
かっこいいダム写真、また見に来ますね。
2012/09/10 10:54 PM posted by: あつだむ宣言!
かじゅ様
お疲れさまです、お越しいただき嬉しいです(すみません、nohohonさんでは無かったですね、大変失礼しました。)

そうなんです。
ダムってかっこいいのです。

でも、ダムが好きになると、可愛いダムや、色っぽいダムや、けなげなダムや、おじさんみたいなダムとか、ダムがいろんな物に思えて楽しいのでした(笑)

個人的になんだか妙なプレッシャーを掛けられた講評会でしたが、これからも楽しく撮って行くしかないですね。楽しく撮るのが一番かなーと、思っています。

ありがとうございました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/916