無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
蔵王ダム

堤高66m
HG/FNW 1969年 山形県営

2012.7.16見学


東北道から山形道を走り、きれいな渓谷に沿って山道を登ると、蔵王ダムの大きな体が見えて来ました。
堤高66m、堤頂長は273.8mとたっぷりとした堤体、洪水調節、不特定用水、上水道を目的とした山形県営の多目的ダムです。

IMGP0803.JPG

ダムサイトの天端レベルまでやって来ました。
なみなみと貯えられた湖水、HG特有のダイヤモンドヘッドの先端だけ辛うじて見えています。

全国にわずか13基しか存在しない中空重力式、1969年に竣工した蔵王ダムは最後から2番目に完成した堤体です。
完成から40年以上経ていますが、綺麗な美白肌が印象的。

IMGP0807.JPG

天端左岸寄りにある建物は巡視艇の船倉、船はクレーンで湖面に降ろされます。

その向こうにワイヤーが下がっているのが、上水道用の取水設備です。
ワイヤーを巻き上げて取水水深を調節できる(表面から取水できる)ヒンジパイプ式の取水設備かな?と思います。

IMGP0811.JPG

長い堤体の向こう、右岸側にも同じ構造の取水設備がありますが、こちらは農業用水の取水です。

その向こうに2門のクレストゲートがありますが、扉体はここからは見えません。
赤いコースターゲートは常用放流設備(高圧ラジアル1門)用の予備ゲートです。

IMGP0810.JPG

インレットが見えるコンパクトな貯水池ですが、とても綺麗な水が印象的でした。
左岸に沿って林道があるはずですが、茂った森に隠されて天然湖のような自然な表情です。

IMGP0828.JPG

堤体左岸にぴったりとくっついている管理所。
高効率設計のHGなので、付帯施設のレイアウトにも無駄がありません。

U字谷に建設される事の多い中空重力式。
長い堤体が示す通り、この蔵王はうってつけの地形だった様です。
V字谷と比べ、イメージでは大らかな感じもあるU字谷ですが、実際には向かい合った両岸の岩盤はとても急峻で、ダムサイトはとてもタイトだったりします。

この日、天端は立入禁止でしたが、平日は解放されているのでは?と思います。
(ドライブに来た家族連れが、おっかしいなあ〜いつもは開いてるのに〜。なんて話していました)

IMGP0815.JPG

フェンスの際から下流を観ます。
天端からすぱっとシャープに落ちる下流面もHGの特徴です。

下に水平に出ている鉄管は上水道用のものです。
少し見ずらいですが、やはり同じ感じで農業用の鉄管が向こうにあります。

また、農業用水もしくは、河川維持の流水を利用して管理用の発電設備を持っています。最大出力は480KW、ダム管理所で使われる他に山形県庁にも送電されていて、夜間の余剰電力は東北電力に売電されています。

IMGP0823.JPG

キリリとした横顔が凛々しい蔵王ダム。

くっきりと刻んである水平のラインと交差して、沢山の横継目が見えます。
大きな下流面をよく見ると、HGの証である丸い換気孔も見えました。

IMGP0820.JPG

蔵王ダム
★★★


おまけ。
蔵王ダム左岸パーキングにて。

駐車場でのキジ撃ちはご法度です。

右下の謎のマークがHGの断面みたいで気になる〜。

IMGP0826.JPG

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム山形県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。