無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
田瀬ダム

堤高81.5m
G/FAP 1954年 国交省(東北地方整備局)

2012.07.16見学

東北の名堤。


東北道紫波SAで車中泊をして、遠征三日目は田瀬ダムからスタートです。
花巻ジャンクションから釜石自動車道で東へ、現在の終点となっている東和インターで高速を降りると、数キロで現地に到着です。

霧けむる早朝、遠くに田瀬ダムの堂々とした姿が見えました。

クレストに並ぶ6門のラジアルゲート。
黒々としたコンクリートとグレーのゲート色がそう思わせるのか、九頭竜の鷲ダムを思わせるスッキリとしたクレストです。

IMGP0933.jpg

天端は車で通行可、天端を渡って左岸に管理所、展示施設、パーキングがあります。

雨だれが描くストライプが印象的な上流面。
天端上の突起物が少ないクレスト部、ガントリークレーンは予備ゲートの昇降用だと思います。

北上川総合開発で建設された5大ダムの一翼を担うのがこの田瀬ダムです。
(北上川5大ダム・・・石淵、田瀬、湯田、四十四田、御所の5ダム)

IMGP0661.JPG

田瀬ダムは、戦争による中断をはさみ、1954年に完成しました。

堤高81.5mは当時としてはトップクラスの大型ダムと言えます。当時80mを超える高さのダムは、戦中までに完成していた塚原、三浦、戦後になって、朝日、三面などごく少数派で、初の100m級と言われる丸山ダムは翌年の1955年の竣工です。

IMGP0678.JPG

左岸の小さな公園にはアクリル製の水理実験模型が展示品として余生を送っていました。

多目的ダムとして建設された田瀬ダムは、戦前の設計・着工ながら、既に4門のコンジットゲートを持っています。
(以前、このブログで島根の浜田ダムが重力式で初コンジットと紹介しましたが、間違いでした、ごめんなさい)

しかし、既存のコンジットゲートは全閉、全開の操作しか出来ない為、細かい水量調節には限度があり、また放流能力も不足ぎみであった事から、平成に入り新たな常用放流設備を追加する改良工事が行われました。

この水理実験模型はその追加された放流ゲートの物です。

IMGP0651.JPG

左岸から観るクレスト部、おおきな弧を描くバケットカーブ。

おおーっ!と声が出てしまったのは、樹脂窓がカプセルを思わせる通廊です。
これって、見たことあるぞ!、そうだ、湯田ダムのクレストゲートと同じだ!!。

IMGP0645.JPG

だだだだだと天端を走って近くまで来ました。

厳密には湯田と同じ物ではないけど、ブラウンスモークの窓と鋼板で覆われた通廊は、間違いなく同じダム開発事業で建設された、兄弟ダムの証です。

IMGP0639.JPG

天端から観る田瀬湖
昨日からの曇天もあって、早朝の湖は幻想的な表情です。

北上川5大ダムでは四十四田ダムに続き2番目の流域面積(740k屐砲鮓悗訶沈ゥ瀬燹N域には民話で有名な遠野地方を含んでいます。

河童の泳いだ水も含んでいるのかな〜と、思ったりしました。

IMGP0642.JPG

岸際に目をやると・・・。

あれっ?
また見つけてしまいました、北上川5大ダムの証。

この取水塔は石淵とお揃いなのではないでしょうか??。

IMGP0675.JPG

天端から下流を観ると谷に沿って霧が昇っていました。
自然な森も深く、少しだけ日本の原風景を観るような雰囲気です。

ちなみにダムから集落へ降りる帰り道で、車の前を、だだだーっと、熊が横切りましたー!。
(動物園で飼育されているクマと違って、野生のツキノワグマはパンダみたいに、毛がわっさわさでした)

IMGP0643.JPG

霧の中に佇む黒い壁。
いかにも重力式らしい堂々とした姿。

東北を代表する名堤と言っても差し支えないないでしょう。
そんな田瀬ダムでした。

IMGP0935.jpg

田瀬ダム
★★★★

おまけ。
田瀬ダムの後は湯田ダムに再訪しましたー。

ダークファンタジーな湯田の風貌。やっぱりカッコ良いね〜。
「YUDA」じゃなくて、「JUDA」と呼びたいカッコ良さ。
思わず3時間くらい長居して、この日のスケジュールは完全におじゃんとなりました。

IMGP0682.JPG

この日、湯田の天端でお会しましたダムファンの方。
ダムで出会った人で、初めて「ブログ観てます」と、言われて感激でしたー(苦節三年)

今後は真面目に間違いの無い記事を心がけねばと心に刻みつつ、次の目的地、蔵王ダムへ向かったのですが、「湯田の次は、内の倉に行く〜♪」と、即効で間違えてましたー(笑

と、言う事で次回はHGの蔵王ダムをレポートします。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岩手県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/914