無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
世増ダム

堤高 52m
G/FAW 2003年 農水省(東北農政局)

2012.7.15 見学

コロンブスの卵。


大湊堰堤を満喫した後、再び下北半島を南下、八戸の世増(よまさり)ダムにやってきました。
堤高52m、堤頂長247m。
洪水調節に加え、農業用水と水道水を供給する多目的ダムです。

IMGP0544.JPG

クレストの上にひときわ高く、目を引くゲートピア。

最近のダムはゲート設備をできる限り低く配置し、すっきりと見せる設計が多い中で、この世増ダムのクレストはその潮流とはまるで逆行しています。

しかし、
これが不細工かと言えば真逆でとてもスタイリッシュでカッコ良いんです!。

まさに逆転の発想、「コロンブスの卵」と言うべきデザインです。

IMGP0547.JPG

左岸の道を登って天端レベルまで来ました。
広い見学者駐車場に森湖の横断幕&幟旗。

IMGP0552.JPG

どうです?なかなかの男前ですよね。

明らかに見た目のカッコよさを意識しています。

「わー、ビジュアル系やー、ビジュアル・スターやー」

独り旅も2日目になるとだんだんと独り言が口からこぼれます。

IMGP0594.JPG

コンクリートの造形もシャープ&クール。
ナイフエッジな越流部に注目!。

そして、なんだか見慣れない感じだなーと、思ったのですが、それもそのはず、よく見ると天端の橋脚が下流の斜面から生えています。

IMGP0558.JPG

ダム軸の真横から観るとこんな感じ。

通常は越流部の上にピアや橋脚が並びます。
世増ダムは天端を大きく下流側にオフセットして、越流部には何もありません。

橋脚を越流部から無くする事で、橋脚の断面積分だけ越流水深を浅く抑える事が可能です。
しれっと目新しいクレバーな設計の世増ダムです。

IMGP0579.JPG

その天端を歩きます。
高く立派なゲートピア。

赤レンガを模した外壁、角部は石材の柱状の意匠が施されています。
背の高い建物ですが、さらに外観を高く見せようとする意図が伺え、そしてそれは成功しています。

IMGP0561.JPG

真正面から見上げると、ちょっとだけ可愛く見えるゲートピア。

赤レンガ調の壁面にある銘板を見ると「オリフィスゲート」とありました。

「あれ?オリフィスなの?」

IMGP0601.JPG

そうなのです、高くそびえるゲートピアから、なんとなく勝手にクレストゲートをイメージしていたのですが、これらのピアは4門全てオリフィスゲートの物でした。

非常用洪水吐のクレストゲートは、例のナイフエッジな自然越流ゲートです。

「いやー、やっぱりカッコいいねぇー。びじゅある・すたー♪」
と、またまた独り言。

IMGP0549.JPG

ゲートピア付近から下流。

多目的ダムである世増ダムは、青森県、東北農政局、八戸圏域水道企業団、洋野町の共同事業として建設されました。

ダム完成後も、目的別に各施設をそれぞれの事業者によって管理運営されています。

IMGP0603.JPG

青森で見つけた、ちょっと男前のコンクリートダム。
八戸のビジュアルスター。
世増ダム

★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム青森県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/09/22 12:20 AM posted by: denwaban@川西
スクエアな感じがダムというよりは「砦」っぽさを感じさせますね。
堤体からゲート群の構造物が飛び出している、という点で岡山の苫田ダムみたいな印象を受けました。
2012/09/22 8:11 AM posted by: あつだむ宣言!
赤レンガ調の外壁材が周辺の緑に映えて、なかなか良い感じでした。
こういった高くそびえるピアで、ちゃんと意匠デザインがされている物件って、案外少ない気がします。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。