無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
渡之瀬ダム

堤高34.5m
G/P 1956年 中国電力

2012.5.12見学


御庄川ダムから東に広島県に入りました。
自宅のある岐阜にじわじわと帰りつつ、渡之瀬ダムに立ち寄る事にしました。

近くには温井ダムと並ぶ広島の主峰、弥栄ダムがありますが以前に訪問した事もあり今日はスルーします。

貯水池の左岸に沿ってしばらく走るとダムサイトに到着。
トンネルの手前から向かうダムサイトは、同じ広島の二級ダムのデジャブみたいに良く似ています。

IMGP0254.JPG

ダム本体の手前に休憩スペースがありました。
門の外なので常時開放されているようです。

決して立派なものではありませんが、整然と綺麗に清掃され、手入れが行き届いています。

IMGP0247.JPG

ベンチの後ろには周辺のダムも含め発電所の案内看板があります。
手描きの看板は味わいがあります。管理者様の大作でしょうか?

IMGP0248.JPG

天端入口の門は開けてあり、中に入れます。

堤高34.5m、堤頂長125.6m。
中国電力の発電用ダムです。

IMGP0217.JPG

丸みが可愛いコンクリート欄干。
建設の時代からするとミッドセンチュリーですが、モダンというよりも無国籍。

角が無いので欠けたり、ヒビが入りにくいとか、意外と機能重視のデザインなのかも(想像)

IMGP0255.JPG

クレストゲートは大きめのローラーゲートが2門。
巻揚機が天端上にあり、通路の上をワイヤが走る「中国四国型」です。

IMGP0242.JPG

ダムから下は両岸ともに林になっています。
ダム便覧では真下からの写真があるのですが、下に降りて行ける道は解りませんでした。

IMGP0244.JPG

赤土の岸に、波の跡が綺麗なラインを描いています。
複雑な岸の地形は趣があります。

IMGP0228.JPG

左岸のトンネルを抜けて、ダムの顔が見えるポイントを探りましたが、こんな写真が精いっぱいでした。

IMGP0252.JPG

渡之瀬ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム広島県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。