無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
深山溜池堰堤

堤高15m
G/A 1943年 波根町土地改良区

2012.5.11見学

ちょっと不思議なコンクリートダム。


先日、養福寺堰堤の調べ物で購入した、
「日本の近代土木遺産 現存する重要な土木構造物2800選」
内容はホームページでも公開されているので、ネットで見る事も出来るのですが、思考が未だアナログなのか、買ったお金の分の元を取ろうと必死なのか(笑)、パソコンで見るよりも本の方が俄然じっくり読んでしまいます。

IMGP9675.JPG

この本の中に紹介されているダムで、気になる物件がありました。

島根県太田市 深山(溜池)堰堤
「農業用の練積形枠をもつ粗石Cダムとしては高い」
「コンクリート壁と玉石詰部分の2重構造」

堤高が15mあり、ダム便覧にもちゃんと掲載されているものの、位置未確認物件で写真もなく、またもや詳細不明のダムです。

うーん、コンクリート壁と玉石詰部分の2重構造とは???
よく解らないけど、練積形枠って事は、つまり石積なのか?

気になるう〜、でも島根かあ〜、遠いよなあ島根。

とか思いつつ、気が付いたら島根に飛んでいました(笑)

ダム便覧では位置未確認でしたが、電子国土で目星を付けた地点に到着。林道の入口からは車両進入禁止です。
幸運な事に、近くの水田で農作業中の地元の方に、堰堤の存在と道も教えていただきました。

IMGP9674.JPG

コンクリート舗装には、軽トラの走った跡がありますが地元の車だと思います。
時々倒木とかもあり、たしかに車で行くべき道ではありません。

しばらく坂道を登ると右に脇道があり、谷山池という堰堤がありますが、手前でゲート封鎖され見学する事は出来ません。
谷山池は目的の深山溜池よりも古い1930年代のコンクリート堰堤ですが、かなり小さな堰堤のようです。

谷山池の上流にあるのが深山溜池堰堤です。

IMGP9678.JPG

林道入口からおよそ1km弱、深山溜池に到着です。
深山溜池は地元の土地改良区が管理する、小振りな農業用ダムです。

IMGP9753.JPG

残念ながら天端は立入禁止。
両岸も急峻で、取り付く場所が全くありません。

立入禁止の文字の上に、昭和18年完工、昭和50年改修とあります。
戦争中に農業用ダムとしてコンクリートダムが造られていた事になり、少し意外な感じです。

昭和50年の改修は、天端の通路橋の追加等で、堤体そのものには手は加えられていないと思われます。(日本の近代土木遺産では昭和62年改修と記されています・・・)

IMGP9760.JPG

周囲には木々が茂り、ほとんどその姿を観る事は出来ません。
対岸に取水設備(斜樋管、スピンドル?)がある様です。

昭和50年(62年?)の改修以前は天端橋の無い坊主ダムだった事を考えると、対岸の取水設備もその時に改修され、場所が移動したのかもしてません。

IMGP9755.JPG

で、問題の「コンクリート壁と玉石詰部分の2重構造」、
なんとか堤体表面が見えないかフェンス越しに観察すると・・・。

IMGP9751.JPG

おおー!
堤体表面はやはり石張です!!。

あまり整形されていない野面石に近い石が、こってりとした練積で積まれています!。

IMGP9758.JPG

雑木林の隙間から、なんとか下流面が見える所を探しました。
常時越流しているのか、表面は苔と水草に覆われています(これはこれで凄い)。

苔に覆われた表面の凹凸は、確実に石積堰堤の表情です。
凹凸感や使われている石の雰囲気は、石川の中宮ダムに近い感じがします。

IMGP9765.JPG

今回の調査では、表面が石張という確認が出来ましたが、結局「コンクリート壁と玉石詰部分の2重構造」の意味は解らずじまいでした。

農業用ダムと言う事もあり、コンクリートの遮水壁を持つアースダムのイメージが頭から離れません。
建設が戦中だった事もあり、あまりコンクリートを使わない特殊な構造、建設方法が用いられたり、地元の住民でも施工可能な方法が試された可能性を感じます。

IMGP9769.JPG

結論として、謎の堰堤はやっぱり謎のままでしたが、とりあえず現地の座標をダム協会に報告して、位置確認をする事が出来ました(あつだむ史上、初の位置確認なのだ)

深山溜池堰堤
個人的には★★★
お勧め度は★(よく見えないので)

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/06/25 2:25 PM posted by: だい
位置確認おめでとうございまーす!

それにしももうちょっと見えないですかねえ・・・(汗)
今度は春前にでも訪問してみたらいかがでしょうか?
2012/06/25 5:32 PM posted by: あつだむ宣言!
こんにちは、まいどです。

既存のコンクリートダムなのに位置がはっきりしていなかった不思議な物件なのでした。

それにしても、やっぱり島根は遠かった・・・。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/885