無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
小匠ダム

堤高35.9m
G/F 1959年 和歌山県営

2012.4.1見学

サクラサク。


日本中のダムファンが奈良に集結した今年の春。
国交省の多目的ダム、大滝ダムが待ちに待ったサーチャージを達成したのです。

遅まきながら、僕も満水位3日目に見学に訪れました。
前日の伝説の暴風雨(笑)と一転して、穏やかな天候に恵まれました。

おめでとう大滝ダム。これからもよろしく!!。

IMGP9102.JPG

そんなお祝いムードの大滝ダムを後に、ちょっと寄り道をする事にしました。

和歌山県の山中、紀伊半島の南端にある小匠ダムです。
少し変わったダムとして有名ですが、実際に訪れるのは大変です。

関西圏のダムに精通するダム友に、大滝の後に小匠に行った事を話すと、
「あなた、あほですか?」と言われました。
実際、大滝ダムから延々一般道で3時間も掛かってようやく到着したので、あほかと言われればぐぅの音も出ません・・。(途中、池原ダムの傍を通るので、誘惑を断ち切るのも大変だった)

昨年9月に紀伊半島を襲った台風12号は、日本屈指の多雨地域で、日頃から防災意識が高く水害に強いとされたこの地域に於いても甚大な被害をもたらしました。
その真っ只中に、穴あき型の防災専用ダムがありました。それが小匠ダムです。

本来ならダムサイトまで車で行ける小匠ダムですが、下流800mで路肩と法面が崩落し、車両通行不能となっていました。
手前で車を停めて、徒歩で向かいます。

IMGP9201.JPG

道路の被災状況に少し不安になりましたが、ダムサイトで迎えてくれたのは、満開の桜でした。

ダム直下には沢山の桜が植樹され、桜の花は春の陽光の中に淡く輝いていました。
路肩の崩れた道を徒歩で来なければなりませんが、家族連れが花見を楽しんでいました。毎年、ここでお花見をするのを習慣にされているのかもしれません。

小匠ダムが地元の方々に愛されている事を感じて嬉しくなりました。

IMGP9151.JPG

桜の下を通って、小匠ダムと対面します。
午後の逆光の中、黒々とした厳つい壁が姿を見せました。

ダムサイトの護岸は至る所大きくえぐられ、台風12号の爪跡が深く刻まれています。
その向こうに、しっかりと大地に踏ん張り、堂々と胸を張って立っている小匠ダムがありました。

その姿に満開の桜が、文字通り花を添えています。

IMGP9195.JPG

防災専用ダムという先入観もあってか、小匠ダムの姿はとても重厚で頑丈そうに見えます。

実際、導流壁もゲート間のピアも、通常のコンクリートダムよりもかなり分厚く、肩にぐっと首を沈めたようなゲートピアは、アメフトの選手がセットポジションに着いた姿勢にも似て、内に秘めた力強さを感じます。

少し奥まった所にある2門のローラーゲート、少しだけゲートが開けられています。
通常の洪水の場合、この洪水吐ゲートの水位まで洪水を貯留して、下流河川の水位低下を行うのかと思います。

ローラーゲート上にも四角い穴が開いていて、ここは防災ダムとして最後の最後でしか水が出ない、正に非常用の洪水吐だと思われます。

IMGP9144.JPG

堤体の下部には大きく空いた丸い二つの穴。

手前の左岸側の穴には魚道も付いています。
普段水を貯めない、穴あきダムの貯水池の水面は、この穴の高さにあります。

IMGP9194.JPG

桜の中をもう少し堤体に近づいてみます。
実は小匠ダムにはもう一つ、とても変わった穴があいているのです。

IMGP9154.JPG

それは堤体の真下。
なんとダム本体をトンネルが貫いているのです。

通常のダムでは有り得ない場所に、有り得ない穴が空いてます。
入口には小匠防災堰堤のプレート。

IMGP9158.JPG

トンネルに入ってみました。
軽自動車なら通れそうな広さがあります。

完成から50年以上経っている小匠ダムですが、トンネル内部の表面は型枠の跡もくっきりと残っていて、とても綺麗に見えました。

今、ダムの体内に居ると思うと、少し不思議な感じです。

IMGP9189.JPG

トンネルを抜けると、まだ先に道が続いていました。
通常の貯水ダムであれば、湖底であるはずの場所です。

IMGP9162.JPG

振り返って小匠ダムの上流面。
トンネルを締め切るスライドゲートです。
洪水調節時にはゲートが降ろされ、洪水を受け止めるのです。

IMGP9170.JPG

トンネルを抜けて度肝を抜かれたのが、上流面の姿でした!。

うっわー、めちゃめちゃかっこいいぞおー!!!!。

IMGP9171.JPG

乾いたコンクリートと枯れた苔。
複雑な表情のゲート部分。

手前がローラーゲートのピア、向こう側は、堤体下部の丸い穴のゲートピアだと思います。

見慣れない巨大建造物の姿は、どこか工場のプラントのイメージも匂わせます。

IMGP9182.JPG

岩の様な重厚感。

小匠ダムは戦う為だけに産まれた、生粋のファイターです。

IMGP9168.JPG

甚大な被害をもたらした台風12号に対して、全力で戦った小匠ダム。
紀伊半島の南端、未だ傷の癒えないダムサイトにそのダムはありました。

春は必ずやって来る、誰の所にも必ず。

満開の桜と、誇らしげな小匠ダムの姿がそう言ってるようで、胸が熱くなりました

IMGP9133.JPG

小匠ダム
★★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム和歌山県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。