無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
田代八重ダム

堤高64.6m
G/FNWP 1999年 宮崎県営

2011.11.5見学


遠征3日目は、宮崎県南部の山の中からスタートです。
宮崎自動車道 小林ICから、国道265をひたすら北進して到着したのは、田代八重(たしろばえ)ダムです。

霧の中の静かな湖面、神秘的な貯水池です。

IMGP1840.JPG

ダム湖に沿って車を進めると、ダム本体に到着です。

IMGP1941.JPG

宮崎県営の多目的ダムで、堤高64.6m、堤頂長216mの立派な重力式ダムです。

IMGP1918.JPG

雨に濡れた部分のコントラストがやたらとハッキリしています。

クレストには自然越流の非常用吐が5門、その下の4門のオリフィスにはラジアルゲートが採用されています。

IMGP1917.JPG

天端は広く、解放されています。

地元特産品の栗が熱烈にアピールしています。
良く見ると、フルカラーのイラストだけでなく親柱の形も栗(イガ付き)だったりします。

IMGP1922.JPG

オリフィスゲートの操作室や、水位計室など、クレストの建物が、「ごく普通の建物」的な外観です。

IMGP1925.JPG

天端から下流を観ます。下にある建物は発電所です。

下流10キロには綾北ダムがあります、綾北ダムの貯水池は長細く、田代八重ダムの下流の水面は、綾北ダムの最上流部となっています。

IMGP1924.JPG

至る所に栗がプッシュされています。
これだけ特産品を押してるダムも珍しいですが、悲しいかな、まず観光客が来ない山の中だったりします・・・。

IMGP1933.JPG

天端を渡った左岸にある管理所。
スキーロッジ風で洒落てますね。

IMGP1938.JPG

下流からの眺め。
重力式らしい堂々とした落ち着いた佇まいに、4門のオリフィス・ラジアルゲートがメカニカルなアクセントになっています。

IMGP1910.JPG

田代八重ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム宮崎県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/879