無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
北川ダム

堤高82m
A/FP 1962年  大分県営

2011.11.4見学


小雨の降る中、やって来たのは大分県営の多目的ダム、北川ダムです。
国道からダムサイトへの脇道に入ります。

直ぐに丸いグラマーな堤体が見えて来ました。
そうです、北川ダムは県営ながら、アーチ式コンクリートダムなのです。

(その昔、アーチ式が可能な岩盤でありながら、補助ダムのくせに生意気と言われ、泣く泣く重力式を採用したダムがあったとか、無いとか・・・)

IMGP1666.JPG

訪問時は、ダムサイトで工事が行われていました。
駐車場に車を停め、クレーンの脇を通って天端へ向かいます。

IMGP1706.JPG

アーチダムらしいタイトなダムサイト。
僅かな平地を占領して、少し年季の入った管理所が立っています。

北川ダムの竣工は1962年、60年代は全国にアーチダムが一番沢山建設された年代です。

IMGP1705.JPG

天端の入口に見学者に向けたメッセージ。

工事中でしたが、見学には問題ないみたいです。
天端入口に三角コーンが立っていましたが、車両の進入を阻む為と思います。

IMGP1668.JPG

まずは横顔拝見。

うわーっ。
これはべっぴんさんやわ〜。

立派なアーチダムですが、第一印象はそのスケール感よりも、とにかく美形の堤体という印象です。

IMGP1671.JPG

クレストには5門のラジアルゲート。
ドームのオーバーハングの面に揃って、下流面にピアが飛び出す事なく綺麗に揃っています。

奈良の関西電力 旭ダムも同じ感じで、ドームの面と面一にラジアルゲートが配されていますが、何処か男っぽい旭ダムと比べて、北川ダムのクレストは、スマートで女性的なイメージがあります。

IMGP1672.JPG

少し下を見下ろします。

堤体は白い美白肌。
その性か、曲線を描く2本の赤いキャットウォークが妙に色っぽい。

いいね、いいね、これは美人だ。

一番下のキャットウォークは銀色のグレーチング。
シルバーのネックレスをしているみたいに見えるのは、ちょっと妄想が激しすぎ?(笑)

IMGP1704.JPG

通りかかった工事の人が、天端から真下を観て。

「わー、高けー」
「おー、怖えー」

そりゃそうです、堤高は82mもあります。

IMGP1700.JPG

僕も同じ所から下を見ます。

「わー、高い!高い!怖い!怖い!」

この遠征では古いダムが多かったので、久しぶりの80m級です。

無色透明の印象的な水の色。
ダムの直下はすぐ近くまで天然の川床になっていて、静かな水面は、川床を寒天で固めたようなトロンとした表情。

IMGP1678.JPG

その向こうは両岸から切り立った山が迫っていました。
ダムの下流から国道はトンネルになっているので、家も道も何も見えません。

IMGP1677.JPG

振り返って、北川ダムの貯水池です。
幾つもの川が合流する地点に造られた北川ダム、貯水池は枝を広げる巨木の様な形をしています。

IMGP1684.JPG

天端からは、上流面にラジアルゲートを観る事が出来ます。
巻揚げ機も低く工夫され、天端から上部へ突起の無いスッキリとした堤体に一役買っています。

IMGP1694.JPG

天端を歩いて左岸に来ました。
形状がすっきりと整っていて、スケール感が湧きませんが、クレストゲート下のキャットウォークの手摺を観れば、紛れも無く巨大建造物である事を再認識します。

IMGP1690.JPG

大分の南端にあり、なかなか訪れるのは難しいのですが、アーチダムでは全国レベルの美人ダムとして太鼓判を押したい北川ダムでした。

IMGP1686.JPG

擬人化したら、やっぱり北川景子な北川ダムでしたー。

北川ダム
★★★★


ちなみに、県営ダムで、堤高80m以上の大型アーチは、北川ダムの他は、奥三面(新潟)、裾花(長野)、室牧(富山)などがあります。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム大分県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/06/08 4:27 PM posted by: denwaban
はじめまして。
1ヶ月ほど前から拝見させてもらってます。

ドーム型アーチ式、いいですね。
天ヶ瀬ダムくらいしか知らなかったのですが、アーチ式の中でも丹念に探せばありそうな形式ですね。
点検歩廊の赤色というのも白い堤体に映えててセンスの良さを感じました。
大分ですか・・・見に行きたいですね。
2012/06/08 5:42 PM posted by: あつだむ宣言!
denwabanさま
はじめまして。

赤いペイントは防錆塗料で安くからと聞いた事があります。(船の喫水線の下に塗ってある赤ペイント??)
赤いペイントは中部電力のダムに多いですが、日本の山野に映える色として採用されている事例もあるそうです。

北川ダムの場合、クレストはグレーなので、デザイン的な事で赤なのかもしれませんね。


がんばって週3のペースで記事をアップしていますので、今後も良ければご覧ください。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/875