無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
吉野谷ダム

堤高20.5m
G/P 1926年 北陸電力

2010.10.某日見学


中宮ダムを訪問した帰り道、石川でもう1基未踏だったダムを思い出しました。北陸電力の吉野谷ダムです。
白山スーパー林道へと続く、国道360沿いにあるはずの吉野谷ダムですが、その道は今迄何度も通っていたのですが、不思議と姿を観た事がありません。

ダムの直下に橋があり、その橋から良く見えると情報を頂き、早速行ってみました。国道の荒谷という信号の所に橋がありました、ここに間違いありません。




橋の上から上流を観ます。

ありました、吉野谷ダムです。
橋の上から観る・・・と、いうよりも、真下を見下ろす感じです。
谷は深く、橋から50mくらいでしょうか?。
国道を走る車からでは見えない事をすぐ理解しました。



堤高20.5m、堤頂長60m。
完成は古く1926年、北陸地方で最も古いダムです。

以前はクレストに2門のローラーゲートを持っていましたが、2001年の大改修でゲートレスの現在の姿になりました。



全面越流の分厚いクレスト部。
左岸に魚道、右岸から河川維持放流。

3段になっている見るからに頑丈そうな下流面は、改修時に打たれたものだと思いますが、ローラーゲート時代でも、良く似た感じで分厚くコンクリートが盛られていた様です。



良く見ると、所々摩耗が進んでいます。
大きな石がどっかり居座っていますが、こんな岩混じりの濁流が、幾度となく襲って来るのかと想像すると、ゾッとしました。
階段状の下流面も、堤体を守る為にこの様な形になったのだと思います。



左岸にあるゲートは排砂ゲートですね。

良く見ると表面には、景観に配慮して石張風の型が使われています。
少し違和感がありますが、改修工事後まだ10年です。
もっと年月が過ぎ、コンクリート表面が汚れて黒ずんで来ると、石積らしい重厚感も出てくると思います。



排砂設備のすぐ脇にあるのは発電所への取水口です。
ダムサイトがタイトで、取水設備が半地下状態で岸と一体化しており、なかなか珍しく、そして面白い構造になっています。



橋の上から上流、左岸の赤いスノーシェッドが国道360です。
5キロほど上流から白山スーパー林道(有料道路)で、尾口第一ダムがあります。

発電所の取水ダムという事もあり、水を並々と湛えているという感じではありません。蒼い水がソーダ水のようで、なんだか美味しそう。



橋から見える視界の一番奥に発電所が見えます。
尾口第一ダムで水を取っている北陸電力の尾口発電所です。



この吉野谷ダムを見下ろす中宮大橋ですが、欄干に山鳥の飾りが取付けてあります。さらに、岸から伸びたつる植物が紅葉し、沢山の実を付けています。

小鳥のモチーフが、熟した実を食べに集まって来たみたいで面白い。



重厚で不思議な形状の吉野谷ダム。

橋の上から観るダムは、ミニチュアの様でもあり、少し不思議な光景でした。

下流の真下に立てば、押し潰されるような大迫力を味わえそうですが、川に降り立つ道も無いようで難しい様です。



吉野谷ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム石川県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/863