無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
はたばん file.20


はたばん巡りをしていると、初めて観るような知らない車種に出会ったりします。

多分、僕が産まれる前の車で、ずっと前からここに居るんだろうなあ。



ずっとここに居てたとしても、とても器用な場所に居ますね。

お腹がスースーしませんか?

| あつだむ宣言!(清水篤) | はたばんの世界。 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/10/25 9:29 PM posted by: 東日流人
はたばんの記事を見るたびに思い出すのは、昔、某サイト(ダム無関係)で見た「廃業した石丁場の地下に眠る腐朽し尽くしたオート三輪」の話です。
発見した方の「ライトが脱落した眼窩から錆の血涙を流し、地上に出して!と声なき慟哭を上げているようだった」「君に送る鎮魂歌を私は知らない」という、余りにも悲痛な記述を見たときには・・・不肖、マジ泣きしましたね・・・
2012/10/26 12:23 PM posted by: あつだむ宣言!
東日流人さん、こんにちは。

うーん、そんなオート三輪が居ましたか・・・。

畑のバン達はみな太陽の下と言う事もあって、牧歌的にどこかのんびりと朽ちています。

それが哀愁のようでもあるのですが、何処かに、憧れるような希望を感じるんです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/815