無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
西米の川ダム

堤高18.5m
G/W 1982年 伊賀市営

2011.8.28見学


このダムも、今までチャンスはあったけど未踏となっていたダムでした。
それは、何県ダムなのか?土地勘が無いとイメージがつかめない場所にあるからかもしれません。

京都府?奈良県?ひょっとして滋賀のダム??
答えは三重県でした。

そんな西米の川ダムは、集落の外れのひっそりとした林の中にありました。
雑草がきれいに刈られた土手に、管理が行き届いている事を感じます。

西米の川ダムは、水道用に造られたコンクリートダムです。



センターに余水吐。

シンプルです。
赤い管理橋が唯一のアクセント。



越流部に並んでいるのは流木です。
決して、狙撃兵の集団が潜んでいる訳ではありません。

木が横を向いてしまうと流れ落ちるので、おのずとこんな感じで漂着しています。



直下の右岸にはこんな施設。
時々観るものだけど、名前や構造となると未だに謎が多いダムの世界。



斜面伝いに天端への巡視路がありますが、立入禁止となっています。



下流の歩道橋を渡ると左岸に行くことも出来ます。
ひんやりとした小道を進みます。

やはり天端へは行く事ができませんでしたが、水道ダムなのでこれで当たり前ですよね。



西米の川ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム三重県 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/02/01 8:18 PM posted by: おざ
拝見!
4枚目にでんっと写っているまあるいモノは、円筒分水ですよー。
2012/02/02 12:15 PM posted by: あつだむ宣言!
おざさん、こんにちわ。

おおっ、そうでしたか。
こういう密閉されている物もあるんですね。

農業用にも水が使われているって事でしょうか。
2012/02/03 1:35 AM posted by: zinzin
かなりマイナーなダムですし、見所少な目
他のダムとの”抱き合わせ”も困難なので、マニアの方はスルーするかと思いきや、
訪問されたのですね。

実は当方も向かうには向かったのですが、場所がわからず、回りをグルグルした思い出があります。だから、ちょっと悔しい。
この西米の川ダムの近くに、気になるカフェがあるようです↓
http://tsugumi.sunnyday.jp/menu-m.html
しかしこちらもたどり着けていないです
R422のT字まではいけているんですけどねぇ
その時、体感コンパスが狂っていたようです
とほほん
2012/02/03 7:13 AM posted by: おざ
おはようございます。
私の想像ですが、この円筒分水は、WとN、水道用水と正常流量を分けているのだと思います。
密閉型は観ても面白味にかけますよね。どうしても。
2012/02/03 12:24 PM posted by: あつだむ宣言!
zinzinさん
たしかにあまり目標物のない所にあります。
すぐ使くに浄水場があるのでそれが目印になるかも。
集落の外れの山のふもとにあって、場所柄はアースダムっぽいです。
カフェ。zinzinさん、おしゃんてい〜。

おざさん
そういう分け方もあるんですね。
円等分水と聞くと、農業用ばかりだと思っていました。
奥が深いぞ、円等分水!。


name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/790