無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
滝川ダム

堤高29.8m
G/FNW 1999年 三重県営

2011.8.28見学


滝川ダムは、今まで何度か行くチャンスがあったものの、何故か未踏のままになっていた不運のダムです。
ダム便覧の写真や、ダムカード(イベントで先行して入手済)の写真がいまひとつで、あまりカッコいいダムとは思っていなかった事が影響していました。

まずは天端右岸に到着。
10年以上前の竣工ですが、まだまだ白い肌が印象的。



写真で観て、いまいちカッコ良くないと思っていたクレスト部分。

ぼこっと、四角いクレストゲート。
その下のオリフィスも、四角い穴ぼこといった感じ。
下流から観て、ちょっと顔みたいに見えるレイアウトもいまひとつ・・・。



なにはともあれ、天端を散策開始。
徒歩で歩く事が出来ます。



シンプルなデザインは徹底していて、上流側も天端高欄の面から、一気に平坦な面となっています。
クレストゲート部分も平坦で、由一、オリフィスのスクリーンだけが飛び出しています。



貯水池左岸より。対岸の建物が管理棟。
シンプルな堤体の形がよく解ると思います。



しかし、下流の直下に来てみると、なんだか今までとは違う印象に見えて来ました。秋色のすっきりとした青空に白いコンクリートが映えています。

ん、なんだか悪くないかも・・・?。



ちょっと、二流品のロボットを思わせるゲート部分。
シンプル極まりないデザインですが、それは質実剛健とも解釈できます・・・。



下流を移動・・・。



副ダムから下流、ギザギザの護岸の形状がカッコイイです。



左岸の直下は広場になっていて、堤体に直接タッチする事もできました。

あれっ?
ひょっとして、このダム、結構カッコいいんじゃない!?

滝川ダムは観る角度によって、とても綺麗な表情に見えるのです。
独特のシンプルさは、かなり好みが別れるところですが、スッキリとしたデザインは、透明感のある美形堤体なんじゃないかと見識を改めた滝川ダムでした。

透明感のある美人だけに、滝川クリ〇テル・・・。
それを言っちゃあ、おじさん丸出しだ。



滝川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム三重県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/789