無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
かめらかばん。

カメラが趣味になると、「三脚とバッグは3回買い替える事になる」なんて事を以前何処かで読んだ事気がします。
僕がカメラ(写真)に興味を持ち始めたのは、ダム巡りが先なので丁度3年になりますが、4回目のカメラバッグの買い替えをする事になりました。

2年間、349基のダムに連れて行った赤いかばん。
イオンのTKのセールで買った¥3.000−のフツーのかばんに、インナーを入れて愛用していました。

ポケットが多く、使い勝手も上々。
しかし、全体的に形が崩れて来たのと、ファスナーが1箇所ダメになり、そろそろ買い替えかかあと。

ちなみに、真っ赤な色を選んだのは、お洒落じゃなくて、「林の中で、間違って猟師に撃たれない為」です。



次期、カメラかばんとして、自分の好みも含め必要な条件は・・・。

1.現状の容量以上のショルダーバッグ。
2.フラップは、隙間から雨やごみが入るのでダメ、上部ファスナータイプが良い。
3.床や地面で自立する事。
4.ナイロン生地の軽量タイプ。
5.ベルトのパッドはいらない、ベルトはシートベルト生地がベスト。
6.外部に財布と携帯を入れるポケットがある事。
7.ダムのパンフが入る、もしくは差して入れれる事・・・などなど。

ちなみに、普段のバッグの中身はと言うと、こんな感じ。



・レンズ付一眼レフ1台(PENTAX K-5 +DA 18-250)
・交換レンズ1本(DA 12-24)
・DA 12-24 のフード
・フィルター類(ケース3個)
・予備バッテリー2個
・メディアケース(SDカード4枚)
・サブ機のコンデジ
・ケーブルレリーズ
・クロス類
・ミニブロアー(主に、トークショーで前の人へのイタズラに使用)
・ハクバのレンズペン(これ、スグレ物)
・財布(現金100万入り)
・携帯でんわ
・薬など(バンドエイド、ロキソニン、下痢止め・・)
・テッシュ
・名刺入れ
・手帳&ボールペン
これに冬季は、手袋なんかも加わります。

収納や機能で考えると、TENBAの「メッセンジャーカメラバッグL」辺りが良さそうです。
TENBA(天端!)というブランド名がとても素敵ですが、少しサイズが大きすぎ?。

見た目だと、ポーターや、アルチザン&アーティスト(ACAMシリーズ)とかがお洒落ですが、欲しいアイテムだと容量不足が問題・・・・。
全般に、見た目おしゃれなカバンは、財布や携帯を入れる場所な無さそうなのがネック。

しばらくネットで物色していたのですが、結果、こんなカバンに落ち着きました。

必要な条件をほぼクリアしつつ、実売価格¥6.000台とリーズナブル。(定価は¥12.000-くらい)
結局は値段が決め手となったのでしたー(笑)

エツミ Photo's ショルダーバッグ E-3403
本日、Amazonより到着。

うーん、真っ黒で地味だ・・・。



薄い割に、幅があり容量もそこそこ、全てのアイテムがすっきり収まりました。
深さもあるので、フィルターケースを交換レンズの底に入れれば、もう1本レンズも入りそうです。

真っ赤なインナーが、アルチザンのバッグへの未練を引きずってます・・・(笑)

それにしても、真っ黒で地味だ・・・。
(元々、服でも黒は着ないので、真っ黒なアイテムを買った事自体珍しい・・)
機能最優先という事で今回このかばんを選びましたが、飽きたら仕事にも使えそうなのでとりあえずヨシとします。

年内にできたらあと1回くらいダムに行きたいのですが、実戦投入は来年になるかな?。



実は、今回カメラかばんとは別に、1台いいものも買ってしまいましたー。

その話はまた後日・・・。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダムスケープ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/780