無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
猿越ダム

堤高29.6m
G/P 1981年 富山県営

2011.8.13見学


猿越ダムは岐阜県との県境に近い富山の山奥にある、かなりマイナーなダムです。
決して新しいダムではないけど、最近になって「存在が発見され」ダム便覧に掲載される様になったという、本当に影が薄いダムなのです。

室牧ダムから国道471を進み中山ダムを通過。
この中山ダムだって相当な山奥ですが、猿越ダムへは、さらにそこから奥へ10キロほど走る事になります。
さらに国道471は、本来なら県境を越えて岐阜県の坂上ダムの辺りに通じる道ですが、ほとんど一年中通行止めであるらしく、アクセスもすこぶる悪いのでした。

県境の少し手前で脇道に入ると、富山県営の大長谷第四発電所が現れます。
猿越ダムはこの発電所のすぐ隣にありました。



堤高29.6m、堤頂長68m。
影の薄いイメージから想像するよりも、思ったより大きなサイズ。
但し、造形がざっくりしているので、そんなに立派には見えません・・・。



自然越流の洪水吐、右岸寄りに排砂ゲートの組合せ。

ぽっかり大きく空いた洪水吐は開口の天地が高く、出水時には結構な水の厚さになる事が想像できます。



幾度となく濁流に削られるのか、洪水吐の下流面は白くざらついていました。



減勢工は高く、勇ましい感じ。



微妙にアップダウンのある天端通路。なんとなく成り行きで出来た感じの造形は、形として未完成のイメージ・・・。ううむ。



天端は車道となっています。
この奥には無くも無く、ダムを過ぎたらダートになるみたいです。



天端から減勢工。
V字に上部が広い形状は、刀利や青蓮寺のアーチダムの減勢工にも似て、ちょっとカッコイイ。



堆砂の多い貯水池。
発電用の取水はできるので問題なしといった感じ。

堆積物の上にユンボが降りていました、砂出し工事中なのかも。



上流に何もないだけあって、ガラス色に澄んだ水が綺麗ですね。



ユンボが降りる道を下ってみました。
2門の取水ゲートが見えます。



猿越ダム
★★

猿越ダムから10キロほど行くと利賀川ダム(通称 水無ダム)があります。
利賀川ダムへの道は現在どの方角からも災害の為、ダム手前数キロより関係者以外立入禁止となっています。
立入禁止区域内には利賀川ダムしか無いので、永久に立入禁止は解除されない様に思います。
根性と体力があれば観れる仙人谷ダムよりも、案外見学困難な物件かもしれません。
(今回も、山道を往復50キロくらい走って行き付く事が出来ませんでした・・・)

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム富山県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/777