無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
東富士ダム

堤高22m
FA/A 1971年 静岡県営

2011.7.17見学

オジサン天国!


7月のよく晴れた朝、やって来たのは静岡県の東富士ダムです。
自衛隊の駐屯地に向かう道から脇道に入ると、乗馬クラブがあります。

朝の運動中の馬を驚かせないように、そっとダムに向かいます。



すぐにダムの真下に到着です。
広い青空に負けない広大な堤体です。



堤体の向うには、富士山もよく見えます。



アスファルトフェイシングという、ちょっと珍しい形式の東富士ダム。
珍しいのは形式だけではなくて、ぐるっと貯水池全周が堤体という形状も独特。

およそ400m四方の四角い堤体なので、堤長は1597.5mと、この形式では全国1位の長さになります。

ちなみに、2位は同じ様に貯水池1周が堤体の東京電力 沼原ダムの1597.0m。
沼原ダムはこの東富士ダムの2年後に完成していて、追い抜こうと思えば、簡単に1位になれたと思うのですが、両者の間に微妙なパワーバランスでもあったのでしょうか(笑)



四角い人造湖の水は、すべて離れた河川から引いてきた水の様です。
インレットには沈砂池もあって、ダム全体がシステマチックになっています。

(90式?かっちょいい♡)



余水吐を兼ねた取水塔。
流入が人為的に管理できる(?)ので、非常用の大きな余水吐は無いみたいです。



余水吐からの水の出口が円筒分水を思わせる丸い面白い形をしていて、このダムのハイライトの一つなのですが、周囲はフェンスに囲まれ、良く見えません・・・。



余水吐をあきらめて、堤体を散策します。
下流面にアスファルトの道路がありますが、こちらも立入禁止。



堤体下の道をフェンスに沿って進み、四角いダムの角を曲がると小高い丘のような原っぱに出ました。

正面に富士、フェンスの向こうに天端があり、ダムの左岸になっています。



フェンスがあり天端には入れませんが、フェンス越しに貯水池が見えました。



対角線上の奥に取水設備が見えます。
コンクリートの取水部分の上面が平になっています。
余水吐は、朝顔吐のようになっているのかもしれません。



右手に見えるのは、インレットの沈砂池です。
貯水池内に副ダムのような堤が見えます。

ぐるっとアスファルトの護岸なので、溜った土砂を出すのも楽にできそうです。



一周およそ1.6kmのアスファルトフェイシング。

アスファルトの斜面が、サーキットのバンクみたいです。
1.6kmなので1周ちょうど1マイルのコースです。



この左岸近くの原っぱですが、奥の木陰に停まっていたジムニーから、上半身裸のおじさんが出てきて、おもむろにラジコン飛行機を飛ばしたかと思えば、
オープンのスポーツカーで乗り付けたおじさんは、缶ビール片手にうろうろしてるし、(朝の7時だ!)まさに、おじさんの楽園状態です。
(ビールは昆虫採集のエサだと思います・・)

そういう僕も、妻子ほったらかしで、朝っぱらからダムを見て興奮してるオジサンなんだけどね。



なにはともあれ、今日も楽しい楽しいオジサン日和なのだ。



東富士ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム静岡県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/771