無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
一庫ダム

堤高75m
G/FNW 1983年 水資源機構

2011.6.4見学

さりげなくデザインダム。


一庫ダムは、兵庫県川西市にある水資源機構の多目的ダムです。

いつでも行けると思っていた事もあり、今まで未踏となっていましたが、神戸のオールドダムを観た後でいい機会なので行ってみました。

国道173から脇道に入りダム直下を目指します。
かに料理の店が見えたら一庫ダムに到着です。(なぜこの場所に蟹料理??)



ダムの直下には広い駐車スペースがあり、それに負けないくらい大きな減勢工がお出迎え。堤高75m、堤頂長285m。



控えめなグレー塗装の2門のラジアルゲート。
巻揚機は側面の建屋にきれいに収められています。

ゲート間の扶壁にも窓がありますね。
見た目が煩雑にならない様に、窓の高さが揃っています。

窓からはどんな風景が広がっているのでしょうか?。



堤体下部には2門のコンジットが双子のように鎮座しています。

バランスよく配置された窓は完全にシンメトリーになっています。
こういう所がちゃんとデザインされているのは、水資源機構のダムの特色です。



副ダムにもシンメトリーに配置された配管(?下流に向け開口している)。
そこに止まる川鵜までシンメトリー。



少し歩いて真正面から見えるアングルを探しました。
減勢工から下流がぐっと右にカーブしているので、下流の左岸から真正面が拝めます。

コンクリートの斜面から、四角柱がにょきにょき生えて来た感じの外観です。

大きなコンジット建屋は、やもすると無骨で唐突な感じになり易いのですが、クレストゲートの建屋が上手くマス感を揃えて、上と下で同じ形状が反復するバランスの良い外観を造っています。

この辺りのデザインのバランス感覚は流石です。
さりげなく、実はとてもカッコいいダムと言えます。



下から見上げた後、再び国道を登って天端の高さまで来ました。
右岸に立派な管理所、こじんまりとしていますが情報満載の資料館もあります。

「水・人・自然の調和を目指す」
管理所の柱に力強く掲げられています。

水資源のダムとしては深層爆気装置を初めて導入したり、フラッシュ放流等で下流河川の保全に力を入れている一庫ダムです。



なんだか得体の知れないペイントが施された建物は、インクラインの建物です。



天端は2車線の県道で、遠慮なくびゅんびゅん車が通っています。



クレストゲートの上から見下ろします。
コンジットの赤い管理橋がいいアクセントになっています。

わざわざこの橋だけ赤く塗られているので、本当に外観上のフォーカルポイントとしてデザインされているのだと思います。



貯水池は知明湖と呼ばれ、公園も整備され、釣りやキャンプなどアウトドアのレジャー施設が充実しています。
昔々、毎週末くらいバス釣りをしていた頃があるのですが、一庫は良く釣れると同僚から聞いていたのですが、何故か一度も行かずじまいでした。

兵庫県の東の端っこにあり、知明湖の左岸の一部は大阪府の部分もあります。



不規則に思えて、実は高さを揃えたり、面を合わせたりしてデザインされているクレスト部分。

後の日吉ダムや、日奈知ダムのように、バリバリにデザインしましたー、と、いう感じではありませんが、相当デザインに気を配っている事が伺えます。



派手さはないけど、よく見るといい男。
そんな感じの一庫ダムなのでした。



一庫ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム兵庫県 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2011/10/29 8:06 AM posted by: おざ
かに工房!!
私が見学に行ったときに、丁度、かに工房の送迎バスが入ってきました。
バスに乗車しているお客さんはみな、「これからカニだぞ!」という満面の笑みを浮かべてらしたのが印象的でした。
2011/10/29 7:41 PM posted by: あつだむ宣言!
こんばんは。

>、「これからカニだぞ!」という満面の笑みを浮かべてらしたのが印象的でした。

わははははは。

僕が行った時は、たまたまスタッフの方が駐車場の入口に居て、
その方の「かに工房はこちらですよ」視線におもわず入ってしまう所でしたー。
2012/07/15 11:37 AM posted by: denwaban
連投すいませんです。
地元にも行かれてたのですね。
一庫の見どころはやっぱり減勢工の外れにかかってる一庫橋を渡りきったあたりにある駐車スペースですね。
放流時は副ダムも越える勢いで流すので「大瀑布」ならぬ「小瀑布」を堪能できます(足元のコケに注意)
「かに工房」ですが、夏はオープンテラスで外で食べてる客の目線とダムマニアの密かな工房もとい「攻防」が展開されます(ぉ
2012/07/17 5:51 PM posted by: あつだむ宣言!
denwabanさん
すみません、しばらくPCが使えない環境だったので、コメント頂いていたのに気が付いていませんでした。(当方ぱそこん関係ど素人)
一庫の辺りにお住まいですか、いいですね。
正面から観た一庫のデザインは、フランクロイドライトと言うとほめ過ぎですが、そのくらいグッドデザインだと思います。

いつかは、「カニを食べる側」で攻防したいです(笑
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。