無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
香坂ダム

堤高38.5m
R/F 1972年 長野県営

2011.5.21見学


鹿野ダムからスタートした忘れ物を巡る旅、最後はロックフィルダムを訪れました。
群馬からの県境を越え、香坂ダムは長野県の県営ダムです。



夕暮れのロックフィル。
ブラックロックの上は薄く雑草が生えています。



堤高38.5m、堤頂長184m。
香坂ダムは、農地防災を目的とした治水専用のダムです。

脇を走る県道からバリアフリー状態のアスファルト舗装。
車でも普通に入る事が出来ます。



防災専用なので通常ほとんど水は貯められていません。
狭い水面に魚の跳ねる波紋が見えました。



天端から上流です。
上信越自動車道が近くを通っていて、行きかう車が見えます。



左岸にある取水塔。
防災専用ダムなので、単純な放流用の設備なのかと思います。



洪水吐はロックフィルのスタンダードなバスタブタイプ。



洪水吐を越えた水は、アバットの脇から下流へ向かいます。
左岸にある管理所は、堤頂部から下流側にあって、天端から下流面に向かう道がありました。



水を貯めない防災ダムの表情。

同じ事をコンクリートダムで行なった場合、上流からダム本体を見ると、巨大な切り立った壁が河川を塞ぐ感じとなり、景観を壊してしまうかもしれません。
その点、天然素材で上流にも傾斜を持ったフィルダムなら違和感なく周辺に溶け込む事が出来ます。

貯水池に茂る木々や草花。
有事の際には水没する為、人が手を加える事のない貯水池内は、本来あるがままの自然な山野の情景が広がり、山野草のコロニーの様に見えました。



香坂ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長野県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/747