無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
市野萱川取水ダム

堤高25m
G/FNW 1992年 群馬県営

2011.5.21見学

道平川のボディガード。


国道254から脇道を下って行きます。
付近は車両進入禁止なので、徒歩で向かうと見えて来ました。

市野萱川取水ダムもまた、道平川ダムへ送水する取水ダムの一つです。



このダムも屋敷川取水ダムと同じで、チロリアンみたいです。



堤高は25m
他の2基の取水ダムと比べ頭一つ背が高くなっています。

アバットの表情がいい!!

取水ダム3兄弟では最もダムらしい表情。



頑丈そうな導流壁、深い減勢工。
コンパクトながら重厚なイメージ。

手の中に納まるズッシリ感は、拳銃やナイフにも似て男なら一度は惹かれる魅力と言えます。



他の兄弟と共通の下流方向の構造です。
減勢工内にも砂利が堆積しつつあります。



直下を横切る水路橋。
これは左岸側を一山越えた屋敷川取水ダムからの導流路です。

道平川ダムから遠い順に屋敷川取水ダム→市野萱川取水ダム→相沢川取水ダム、この3基の水はそれぞれの取水ダムの下流で合流し、最終的には1本の導流トンネルで道平川ダムに注がれます。



また、上流も兄弟たちと同じで堆砂で埋まっています。
四角く囲われた部分は、チロル式とは別の取水部分です。
取水部分が砂で埋もれない様に囲われているのかなと思います。



上流はこんな情景です。

堆砂の上にタイヤ跡があります。
定期的に砂出しの工事が必要そうですね。



中心のゲートの下にはチロル式のスクリーン。



チロルからの水は右岸側の導流路にパスされ・・・。



導流路への取水口で・・・・。
屋敷川取水ダムと共通の構造です。



道平川ダムを囲む3基のマッスルブラザース。
それは、道平川ダムを守る屈強なボディガードの様な3兄弟でした。




市野萱川取水ダム。
★★★


| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム群馬県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。