無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
相沢川取水ダム

堤高16.5m
G/FNW 1992年 群馬県営

2011.5.21見学

戦うリトルマッスル。


道平川ダムからひとつ西の谷にあるのが相沢川取水ダムです。
道平川ダムに水を送っている3基の取水ダムで、最も道平川ダムに近い位置にあります。



堤高16.5m、堤頂長64.5mとサイズ的にはコンパクト。

しかも導流壁から連続する高い減勢工の壁の高さまで盛土で埋め戻されているので、一見するとアンダー15mの取水堰堤くらいにしか見えません。

でも、ギュッと凝縮したような構造は濃厚な味があります。



天端から下流側。
右岸側の壁に囲まれた部分は道平川ダムへの取水口です。
左岸側の狭い部分が下流への減勢工。



上流はこんな感じで貯水池と呼べるほどの物はありません。
取水ダムなので、これで問題ありません。



出水時には結構な水量になるのかも。
じわじわと押し寄せてきている堆砂に威圧感を感じます。

水がとても澄んでいて綺麗なのも印象的。



小さなダムですが、がっしりと頑丈な造りは戦う堤体の迫力があります。

中学の時、新田絵里をこよなく愛する筋トレマニアのW君と言う友達が居ました。
家に遊びに行くと、リンゴを握力だけで真っ二つに割り、分けてくれたものです。
成長期に筋トレをし過ぎると、骨の成長が筋肉に阻まれ身長が伸びないそうです。
W君もマッスルボディと引き換えに中2で身長が止まっていました。

夕暮れ時のダムサイトで、ふとW君を思い出してしまう。
そんなリトルマッスルな相沢川取水ダムでした。



相沢川取水ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム群馬県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。