無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
柿原水源池第一貯水池堰堤

堤高18m
G/W(廃) 1931年 宇和島市水道局

2011.4.30見学

四国最古のメイソンリー。


須賀川ダム上流には、さらにもう一つ古いダムがあります。
名前は、柿原水源地第一貯水池堰堤。

第一という番号が示す通り、バットレス風の第二貯水池よりも古く、1931年に造られました。
現在は須賀川ダムの完成に伴い水道水源としての役目を終え、宇和島の森の中で静かな余生を過ごしているとの事でした。(なのでダム便覧には載っていません)

位置は第二貯水池堰堤から上流に800mと大した事はありませんが、役目を終え廃止された物件と言う事もあり、堰堤への道はかなり荒れています。

歩道が完全に崩落して途切れている場所もあり、それなりの心得と装備が必要です。
(第二堰堤は家族でも気軽に訪れる事が出来ますが、第一堰堤は歩道そのものが廃墟化していますから家族で訪れるのは無理です)



元々はもう少し道幅も広かったのかもしれません、第二貯水池の最上流部には立派なコンクリート橋が残っています。
熊鈴を鳴らしながら落ち葉の上をざくざく進みます。



橋を渡ると、歩道の表情が一層険しくなりました。
ここから右手に渓谷を観ながら斜面に沿って坂道となります。

この坂道を登り切った上が、きっとダムの天端です。
うっそうとした林の中をガレた足元に注意しながら進みます。

歩道は荒れ、斜面に伝わる一筋の棚でしかありません。
廃止施設なので監視カメラも無く、巡視の人も来ません。
転落して動けなくなったら生命に係ります。はやる心を抑えて慎重に慎重に・・。



坂の中腹まで来ると、木々の向こうに白く泡立つ斜面が見えました。
柿原水源地第一貯水池堰堤に間違いありません。



木々の向こうから水が堰堤を乗り越えて行く音が聞こえます。
しかし、木々が茂ってその姿を上手く観る事は出来ません。

見上げると天端のラインがかすかに確認できました。

視覚よりも聴覚を刺激するファーストコンタクト。



さあ、いよいよ天端に到着です。



天端に到着。
満水の湖面が目の前に広がっていました。

幅1mにも満たない狭い天端。
下流側の華奢な手摺と比べて、貯水池側の高欄は分厚く頑丈な造り。
貯水池の水面は、天端の路面の高さまで上がっています。
水面の波くらいなら、高欄で受け止めてしまう構造です。



貯水池側の様子です。
天端の左半分は越流する構造です。

水面上から見える非越流部は高欄部分だけで、越流部との違いは高欄の有無だけ。



その為、岸際の歩道からも水面がやたらと近く、しゃがむと水面に触れる事が出来そうな程です。

そんな様子が解るかな?と思って自分の足を入れて撮影してみました。
ちなみに、今回も長靴で来ています。



改めて堰堤本体を観ます。
堤高は18m。
下から上まできっちりと布積で積み上げられた表面。
天端から垂直に始まり中程で大きな弧を描く下流面、石積ダムファンを唸らせる美しいダム勾配です。

積み上げられた石材は少し小さめの印象。
それよりも、石材の間の目地がほとんどなく、まるでぎゅうぎゅうに貼り込んだタイルのような緻密な表情です。

竣工は1931年。
石積ダムとしては後発で、既に他のダムでは石積を脱ぎ捨て初めていました。
1900年の桂貯水池堰堤、布引五本松から始まった日本の石積ダム、30年余りの間に技術も進んで行ったのでしょう。



第一貯水池堰堤で残念なのは、その緻密で美しい姿の全貌を見る事が出来ない事です。

全ては森の中。

長い間水道水源として水を供給し働き続けた堰堤の末路としては寂しい気もしますが、表面を天然の石材で覆われたメイソンリーの廃ダムは、これからもゆっくりとした時間の中で自然と一体になって行くのでしょう。



以前、徳島の御所池のレポートで、御所池を「舞鶴の桂貯水池堰堤から続く石積ダムのシルクロードの終着点」と紹介しましたが、実はシルクロードはさらに愛媛まで伸びていた事が解りました。

さらに資料を見直すと、この第一貯水池の竣工年1931年は御所池(1935年竣工)よりも古く、明谷ダムと並び、四国地方最古のダムである事が解りました。

終着点だと思っていましたが、実は始発点でもあった柿原水源地第一貯水池堰堤でした。



柿原水源地第一貯水池堰堤
★★★★


おまけ。

今回、この記事を書きながら資料や地図を観ていたら、須賀川ダムの上流にもう1基古いダムがある事に気が付きました。
場所は、須賀川ダムのもう片方のバックウォーターです。

ひょっとして柿原水源地第三堰堤??
しかも、地形図や衛星写真を観察すると、アーチ式か、曲線重力式の可能性が大きいです。

岐阜から愛媛はとっても遠いので、誰か探って来て下さい(笑

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム愛媛県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/723