無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
杉田ダム

堤高44m
G/P 1959年 高知県営

2011.4.29見学


今晩の宿は南国SAにしよう。
南国SAは去年の遠征でも車中泊した事のある思い出のSAです。

高速のインターまでの道すがら、ナビに事前に地点登録していた物件が表示されました。
吉野ダムから下流に6キロ、地点登録には杉田ダムとありました。
見学予定は無かったのですが、国道のすぐ脇にあるらしく、立ち寄ってみる事にしました。

ここに来るまでにすっかり夜になっていました。
周辺は外灯もほとんどなく、国道を走る車が途切れると真っ暗で何も見えません。
何処に管理所があるのかもよく解らないので、付近の空地に車を停めました。



ダム左岸から観る天端。
観ると言っても真っ暗です・・・。

手前の壁のような欄干だけやたら白いですが、ペンキで塗装してある様です。



天端左岸から下流。

肉眼ではほとんど何も見えません、よってファインダーでも見えません。
カメラの感度を上げて山勘撮影、なのでピントも合っていません・・・。



左岸に辛うじて管理所が見えます。

それ以外は真っ暗で、ほとんど何も見えません。
堤高が44mと意外と高さのあるダムだった事知ったのは、帰宅して調べ直した後でした。



クレストゲートは、吉野ダムと同じで4門のラジアルゲートです。
天端通路と巻揚機を乗せたピアの隙間から、ぼんやりと明りが漏れています。



どしゃーっ。
結構な勢いで夜の放流。

夜の水面って、観ていてあまり気持ちの良いものではないですね・・・。
じっくり見てしまうと、見てはいけない物が見えてしまう様な気がします・・・。

何処からか不意に風が・・・
急に寒気がしたのは、放流で巻き上がった水飛沫?

・・・・。

背後に嫌な気配。
ゆっくりと振り返ります・・・。



ぎゃーーーーーーっ!!!



それからの事はあまり覚えていません。
気が付くと何も無かったかのように国道をインターに向けて走っていました。



杉田ダム
★は未評価。

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム高知県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/714