無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
河本ダム

堤高60m
HG/FIP 1964年 岡山県営

2011.4.16見学


千屋ダムの後は、同じく県営ダムの河本ダムに向かいます。
国道180から県道に右折、川沿いの道を進むと、河本ダムは唐突に姿を現します。

T字の川の合流点にあるので、車を走らせながら不意に真横を見ると、いきなりダムの真正面が現れるのです。
この感じ、高根第一ダムによく似ています。高根第一の場合、うっかりしているといきなり後ろを取られるので、もっと驚きます。

いずれにせよ、脇見運転にならない様に要注意。



真正面からの河本ダム。
2門のクレストゲートは完全に堤体に埋まっていて、クレストはとてもスッキリしています。

川原まで降りてゆっくり眺めた後は、ダムサイトに向かいます。



右岸の道を登ってダムサイトに来ました。

下流面の勾配が異様に切り立っています。
そう、河本ダムは国内でわずが13基という、中空重力式で造られた希少なダムなのです。



クレストの高欄の高さから、一気に急勾配が始まっているのも、シャープな印象を強調しています。



天端は車道になっています。
朝の河本ダム、散策してみましょう。



お水たっぷりの貯水池。
ダム目的は発電、工業用水に加え、洪水調節も行っています。

左岸には取水設備と一体に管理所があります。



天端から下流を観ます。
さっき登ってきた右岸の道沿いには沢山の桜が植えられ、見頃を迎えていました。



写真を撮っていると、天端の掃除におじさんが来ました。
特にごみが落ちている感じでもないので、毎朝の日課となっているのでしょうか?。

「おはようございます」
先に声を掛けて下さったのはおじさんでした。

「桜を撮りに来たの?」 
「いえいえ、ダムを撮らせてもらっています」
「何処からです?」
「岐阜から来ました、先ほど千屋ダムを観て来ました、この後は新成羽川に行こうと思っています」

目的が桜じゃなくてダムだと聞いて少し残念そうな感じ・・・。
とても桜を大切にされているんだと思いました。

「お掃除ご苦労さまです、ダムの職員さんですか?」

「いやいや、わしはただの泊のおっさんや」

そう言って管理所に戻って行かれました。



再びアングルを替えて下流面を見学。

クレストゲートから下の大きくカーブした越流部は、平面的な非越流面と全く違った表情です。
真っ直ぐに伸びたスクエアな減勢池、副ダムの所だけ導流壁が外側に開いています。

って、眺めていたら・・・。



じょぼじょぼじょぼ・・・。

唐突に放流(???)開始。

さっきのおじさんからのファンサービス???

ちなみに、本当の放流管はその上にバルブがあります。



質素ながら堅牢そうなゲート室。
外壁の一部は縞鋼板で造られています。

天地に低く造られたゲート室は壁面に開度を示すゲージがありました。



左岸の管理所辺りから。

水位が高いですね、頼もしいです。
7月1日から9月30日までの洪水期は利水容量を下げて洪水調節容量を確保しているようです。



中空重力式の河本ダム。

それを意識すると、なんとなく足音が響くような気がします。
(本当はそんな事は無いと思います。ダムに酔ってるだけです 笑)



無精ひげのように、鉄筋が露出していました。
天端の路面はビルのように鉄筋コンクリートなのかと思います。

中空重力式のダムは、外観上は中空だとは解りません。
HGの証を発見か??



再びダムの右岸へ。

フーチングにある階段。
途中で立入禁止になりますが、少しだけ降りる事が出来ます。

びしーっと真っ平な下流面。
この中身は中空なのですよ。



風にあおられて、桜の花びらが舞っています。

風が弱まると、花びらはダムの表面に舞い降りて、急勾配をコロコロと転がり、コンクリートの継ぎ目に溜まっていました。



岡山県営の中空重力式 河本ダム。
シャープな風貌とは裏腹に、どこかのんびりとして優しいキャラクターのダムでした。



河本ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岡山県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/698