無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
永楽ダム

堤高40m
G/A 1967年 大阪府営

2011.3.26見学


新滝の池のすぐ近くには、アースダムの滝の池や、ロックフィルの稲倉池などがあるのですが、そろそろ日が暮れそうなので、2キロほど西にあるコンクリートダムの永楽ダムにやって来ました。

下流左岸の狭道を進むとダムの真下に到着。ちょうど職員の方が帰宅の為施錠をしておられました。
挨拶をして門の外から写真だけ撮らせて頂きました。
(敷地内は日中であっても立入禁止ではないかと思います)



一度下流に戻って右岸から天端へ向かいます。
永楽ダムは集落の少し奥まった所にあります。



路肩に車を停めて散策します。
天端の幅は3m弱くらいでしょうか?自動車は侵入禁止です。



天端に一歩足を踏み入れた時から、妙な違和感がありました。

どうも、高欄がやたらと高いのです。

普通にカメラを持って撮影。
コンクリ高欄の高さは胸元から肩くらいまであります。



なので、下流の様子を撮影するのも一苦労です。
クレストからの細い導流壁の脇に、水槽のようなものが見えます。



ダムの真下には浄水場がありました。
ダム目的は農業用水だったと思うので、ちょっと意外でした。

そういや、淡路島の上田池も農業用のダムだけど浄水場があったと思います。



天端を歩いて左岸まで来ました。

下流面を見ると段差があります。
この段差は右岸側にもあって、中央だけ堤体が少し厚くなっている様です。



再び右岸に戻ります。

クレストには、小さなローラーゲートが1門。
開閉の駆動が少し変わっていて、二本一対のラックで昇降する機構でした。
このサイズのゲートなら、この方がメンテナンスが容易なのかなと思いました。



夕暮れの静かな貯水池。
うす暗くなってきた事もあるのですが、なんだかうすら寂しい感じのダム湖です。

北風が吹いてきました。寒っ。



おまけに、なんと雪まで降って来ました。
今日のダム巡りはこれでおしまいにして、帰路につきました。



永楽ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム大阪府 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2011/05/12 9:37 PM posted by: 安部塁
こんばんは、
永楽ダムは、以前は熊取町の水道水源であったと思います。
職員さんの話では、少し水質に問題があって
このところ上水道としては利用されていないようです。

ダム直下は、立入禁止となっていますが、
当番の職員さんにお願いすれば、たいていはOKです。
ただし、公務員さんですから終業時刻寸前は避けましょう。


別便で業務連絡(お願い)をホットメールしました。
2011/05/12 11:38 PM posted by: あつだむ宣言!
安部塁さん

情報ありがとうございます。
流石ですね〜。

タイミング悪く、ちょうど南京錠をがちゃっとした時の訪問でした。

業務連絡、確認致しました〜。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。