無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
日吉防災ダム

堤高21m
E/F 1976年 岐阜県営

2010.11.13見学


農村集落の狭い道を通って日吉防災ダムにやって来ました。



天端の両脇にススキがわっさーと生えています。



なので天端から下流がほとんど見えません。



茂り放題の雑草の間から貯水池を伺います。
比較的なだらかな岸に囲まれた静かな湖面が見えました。



対岸の左岸には洪水吐。



天地に薄く、コンパクトな感じの越流部。



すってーん!!。

なんだかとにかく危ないって事は伝わっています。



天端を歩いていると、路面に何か書かれている事に気が付きました。
だいぶ消えかかっていますが。

「災」ですね。
って事は・・・。



天端いっぱいに掛かれた「日吉防災ダム」の文字。ここからは一目で読む事は出来ません。

と、なると何のための文字なのか・・。
推測ですが、災害発生時に防災ヘリが、上空から状況の把握をしたり、写真等に記録する時に役立つのかと思います。



日吉防災ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岐阜県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/688