無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
前沢ダム

堤高38m
E/A 1980年 岐阜県営

2010.11.13見学


国道21から脇道に入って前沢ダムを目指します。

この前沢ダムも10年ほど前に3回くらいバス釣りに来た事があります。
3回来て釣った魚は1匹だけ(涙)。
でも、山の上の静かな湖畔は緑豊かで、入り組んだ複雑な地形の湖には綺麗な水が輝き、魚が釣れなくてもリフレッシュできる場所でした。

今回、10年ぶりですが道に迷う事なく到着しました。



アースダムの堤体右岸から。
天端は立ち入り禁止みたいなので、ゲートの手前から撮影。

近くの空き地に大型ダンプがやって来ました。
改修工事が行われているようです。



貯水池を見ようとカメラを向けましたが、一向に水辺のような景色が見えません。
乾いた裸地があるだけです。

おやっ?。



天端に入れないので他の場所に移動します。

前沢ダムは小さな集落を入った所にあり、公民館の角を曲がって、坂道を上ると到着します。

下の写真の道を真っ直ぐ右に進むと最初に行ったダム右岸。
途中でターンして写真左上へ坂を登ると湖周の道路です。



左方向の坂を登って見通しの効く場所に来ました。

あ、やっぱり水がありません。
改修工事の為、全ての水を抜いているみたいです。



荒涼とした湖底の情景は日本の風景じゃない雰囲気。
別の国と言うよりも、他の惑星のイメージさえあります。

見ようによっては、魚目線の風景かも。
非日常的な光景に、いろいろと妄想が湧いてきます。

あと、ジムニーで暴れたら楽しそう。(そんな事しちゃダメですよ)



驚いた事がもうひとつ。

この場所が、実は綺麗に整形リップラップが敷かれた副堤体だった事に初めて気が付きました。
以前、何回か来た場所だったので、ちょっとびっくりしました。



前沢ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岐阜県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/686