無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
上飯田調整池

堤高16.1m
E/AW 1975年 水資源機構

2010.11.13見学


上飯田調整池は、飛騨川最下流の川辺ダムの近くにある水資源機構のアースダムです。

堤体は16.1m。
水資源機構と言えば、奈良俣、下久保、味噌川、徳山、早明浦・・・など、日本を代表する大型ダムのイメージがありますが、実はこんなに可愛いアースダムも持っていたんですね。
水資源機構と並び巨大ダムを所有する電源開発で言うと、奥里ダムのポジションかな?。



上飯田調整池は、さっき訪問した蜂屋調整池とは兄弟のようなダムみたいです。
同じ白川取水口から水が来ていますから双子ダムと言ってよいかと思います。



天端へ登る道は、物理的なバリケードはありませんが車両侵入禁止の様です。
路肩に車を停めて歩いて登ります。(大きなダムではないので、徒歩でも楽勝♪)



天端レベルまで歩いてきました。
堤体の左岸脇に取水設備と、洪水吐。どちらも可愛いサイズです。



天端は徒歩でなら散策できるみたいですね。
近所の方々の良い散歩コースになっているかもしれません。



静かな湖面に周囲の林が映っています。
小さめの調整池は一目で全容が観れる程度です。


池の向こうに見えるのはインレットかと思います。



天端から下流を観ます。
集落の山裾にある可愛い水資源機構のアースダムでした。



上飯田調整池
★★



| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム岐阜県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/684