無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ゼロ・グラビティ×3

この所、我が家の地域にも春らしい日差しが注ぐ様になって来ました。

先日の土曜日、暖かい日差しに誘われて、ぶらっと近所の3基のロックフィルを再訪してみる事に。実はようやく今年初めてのダム見学だったりします。
昨年は一年を通してコンクリーターだったので、本年一発目はあえてロッカーで始動です。

7時30分に家を出て、8時過ぎに到着したのが水資源機構の岩屋ダムです。
自宅から一番近くのダムで、覚えている限りでは僕が生まれて初めて見たダムだと思います。

複雑な岩屋ダムの湖。
年末年始に新調したカメラとレンズにとっても、初めてのダムとなりました。

日差しは有るけど、晴れた朝なので気温は0〜2°くらいです。
でもひと冬越した後なので体感的にはそれほど寒く感じません。



堤高127.5m、堤頂部から下流を眺めます。

リップラップは荒々しいイメージがあったのですが、改めて見ると整形タイプである事に気が付きました。
各地のダムを見て、自分の中の基準も少しづつ変わったのかもしれません。



岩屋名物巨大ラジアルゲート。
15mを超える高さがあるので、河床に直接このゲートを据えただけでも十分ダムを名乗れます。



岩屋ダムの標準断面図です。

傾斜コアですが、改めて見ると、下流側のフィルターはほぼ鉛直状態で、それほど斜めになっている訳ではありませんね。
中央遮水タイプと、傾斜タイプの両方の特徴を併せ持っているタイプのようです。

この斜め具合では、マイケルジャクソンのゼロ・グラビティには程遠い。



岩屋ダムから馬瀬川に沿って上流に向かうとあるのが中電の西村ダムです。

1門から放流中ですが、水が綺麗ですね。
放流の流れもガラス色に透き通っています。



これが見たかったんですよ。
地味なダムなのであまり有名では無いのですが、とっても味のあるアームでしょ?

それにピア上の管理橋もとても堅牢な造りで、ちょっと惚れ直してしまいました。
いまいち地味な岩屋ダムと共に、今年イチオシの西村ダムです。



西村ダムをさらに上流に進むと、分水嶺を越えて高山市に入ります。
季節は少し戻って、雪道となりました。



11時50分
御母衣湖に到着。

うわ、今まで見た事のない水位の低さ。
この時期に訪れるのは初めてなのですが、毎年こんなに水位が低いのかな?。



湖畔を走り、御母衣ダム本体に到着。
取水塔の根元辺りまで見えています。



ダムサイドパークはまだ冬眠から覚めていませんでした。
雪はこれでもだいぶ溶けたのだと思います。



白い白い。
京都人でなくても二度繰り返して言ってしまう白さ。



いつもは芝のグリーンが鮮やかな開閉所も今日はまるで雰囲気が違います。
でもとても綺麗。



なんだかとても美味しそう。

子供の頃から遠足やバス旅行で御母衣を通るたび、バスガイドさんから「20世紀のピラミッド」というフレーズを何度も聞いて来ました。



14:00
到着したのはお馴染み九頭竜ダムです。
岩屋、御母衣と並び、子供の頃からダムとして認識していた場所です。

普段は歩く事のできる堤頂部ですが、深い雪に覆われ今は閉ざされていました。



それでも、九頭竜湖は上流の氷も解けて、たしかな春を感じている様です。



白九頭竜。南相木にだって負けない白さ。
(でも、雪の積もった南相木には負けるかも、そりゃそうだ)



九頭竜まで来たら、鷲様にも会いに行かないと。
いつ訪れても変わらぬクールなお姿。



この何もないスッキリとしたクレストがいいんだよね。



今日は、「人は一日に何基の傾斜コアを観る事が出来るのだろう」をテーマに巡ってみました。

本当は傾斜コアの事を詳しく調べてレポートしたかったのですが、きっと来週にはもっと雪が溶けてしまうと思うので、リアルタイムな表情としてさくっと公開してみました。

岩屋、御母衣、九頭竜の3基はどれも130m前後の規模で、傾斜コアという共通点を持ちながら、水資源、電源開発、国交省と管理は異なり、一度に巡ってみるには面白い物件かなと思いました。

| あつだむ宣言!(清水篤) | DAM Fan House | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2011/03/07 7:13 PM posted by: 東日流人
コンクリーターで吹きましたw
ちなみに一般名称は「ダマー」で良いのでしょうか?
その原理を我が身に当てはめると・・・

・ダマー
・チャリダー
・ミリタラー
・フラッシュライター
・カエラー

・・駄目だ俺・・早く何とかしないと・・(泣)
2011/03/08 12:34 AM posted by: だい
まいどー!
かっこいい岩屋に近いなんて羨ましいです。
西村、ラジアルの3本アームはなかなか無いので希少ですよ!

鷲は木々の葉が落ちてる時だと下流からよく見えますね!

雪ダムも終りに近いと思いますが、九頭竜も含めて良い画像を見せていただきました。

PS 26日から参加なんすか?
2011/03/08 7:24 AM posted by: 夜雀
お疲れ様です。

ダムサイドパークの近況がわかったど!!
これはサマータイヤでは厳しいな。
ありがとうます。

どうやっていくかが課題。
R156に陽光を!!

> 東日流人様
カエラーだけ分からないです。
教えてください。
けろけろですか?

   夜雀 拝
2011/03/08 8:31 AM posted by: 東日流人
> 夜雀様
お久しぶりです。
いつぞやは失礼いたしましたm(_ _)m

ご質問の件ですが、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%AB%A5%A8%A5%E9%A1%BC
この辺りが分かり易いです。

・・って、余所様のブログで何やってんだ俺・・
あつダム様いつも脱線ばかりでホントすんません・・
2011/03/08 12:33 PM posted by: あつだむ宣言!
東日流人さん。

こんにちは。
カエラーはそっちでしたか!
ならば僕も同じカエラーですけろ。

ダマー。
いやいやいや、そこは「ダムマニア」で良いかも(笑
もしくは、「ダムスト」・・・洗剤か・・。

ローダムファンなら、「エンテラー」ってもあります。
重力式ファンの「グラビテーター」と並び、なんだかスゴそうです。

ちなみに僕はコンクリーターの他は、ザツシュリストかな???

てな感じで脱線話もどんどんして下さいね。
「SIDE WAY」→「脱線」なのですよ。


だいさん。

ふふふ。
実は西村ダムのアームは、アーカイブのだいさんの写真を観て、再訪してじっくり見なければと思っていたのですよ。なので元ネタはだいさんなのでした。
ありがとうございます。

(26〜27は現在調整中でーす♪)


夜雀さん。

雪に埋まったダムサイトパーク。
でも着実に春は来てますよ。
道はずっとドライなので問題なしです。



name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。