無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
生見川ダム

堤高90m
G/FNIP 1984年 山口県営

2010.11.6見学


弥栄ダムを後に急いでやって来たのは山口県営の生見川ダムです。

弥栄湖から国道186で上流に向かえば小瀬川ダムがあるのですが、中国自動車道の吉和SAで車中泊をする都合で、手前の六日市ICに乗り易いこちらのダムを本日の〆としました。

生見川ダムは洪水調節や工業用水の確保などを目的に作られた県営のコンクリートダムです。



11月の日没は早く、到着する頃には太陽は西の山に沈んでしまいました。
夜を告げる風も既に止んでいます。

黒く沈んだ湖は一足先に眠りについていました。



天端から見下ろします。

堤体中程のゲート室。
上部が赤く塗装してあったのかな?剥げてしまっていますが。

それよか、左岸側に土砂が・・・。



法面が一部崩れていて、補修工事の最中でした。
早い完治をお祈り・・・。



右岸にある管理所です。
堅牢な造りが印象的、防災最前線ですからね。



管理所の裏手を通って、横顔を撮影。
堤高90mと、立派な体格の生見川ダムですが、手前の樹木に邪魔されて下の方まで上手く写りきらないですね・・・。



タイミングよく管理所の裏口から職員さんが出て来られました。
当直お疲れ様です。
お願いして管理所の敷地内から撮らせて頂きました。



ばたばたと走り回っている間に、すっかり夜になってしまいました。
じっくりと見学する間が無くでなんだか申し訳ないと思いつつ、宿泊地へ向かう事にしました。

生見川ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム山口県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。