無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
須恵ダム

堤高21m
A/W 1964年 須恵町営

2010.10.10見学


福岡県須恵町のはずれ、峠道の途中にあるのが水道用ダムである須恵ダムです。
町営のダムでアーチダムというのは希少な物件ではないかと思います。

水道水源という事もあり、ダムの周囲は貯水池までずっと高いフェンスで囲まれています。
「立入禁止」とありますが、看板が無くても物理的に敷地内に入る事は100%無理という厳重さです。



ダムサイトには駐車場が無く、車を停められる場所がありません。
離れた所の路肩に車を置き、歩いて戻ってきました。

満水の貯水池はおよそ200m四方の小さなもので、総貯水量は12万㎥ほどです。
ダムの中心に町境があり、対岸の左岸は隣町の宇美町となります。



フェンス越しに堤体を拝見。
地形の都合でダムが見れる場所も限られていて、鑑賞しづらい物件です。

円筒アーチを描く天端の高欄は、貯水池側だけコンクリートの壁になっています。
満水の湖面が近く、暴風などで発生した波から天端を守る為かもしれません(推測)



ダムの中央にアーチダム「らしくない」余水吐。

天端と吐の越流部が近いですね。
ゲートの間には放流管がある様です。



堤高は21mと小柄な須恵ダムですが、堤頂長は144.5mもあります。
極端に横長の円筒形アーチは、今迄見た事の無い形状で、かなり特殊な堤体と言えると思います。(アーチダムと言うより、岡バイザーゲートって感じ)
これだけ横長アーチだと、両岸への着岩と同時に、ダム軸真下への固定も大変かと思うのですが、よほど良い岩盤に恵まれていたのでしょう。

クレストゲートの真下から、魚眼レンズで円筒アーチを見上げれば、相当面白い画が撮れるんじゃないかと思うのですが・・・。



須恵ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム福岡県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/648