無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
菰田ダム

堤高40m
G/AW 1939年 佐世保市営

2010.10.9見学

最後の幸せなダム。


菰田ダムは市営の水道ダムですが、佐世保の他の古いダムと異なるのは海軍の建設ではなく、最初から市営水道の為に造られたダムと言う事です。

それまで佐世保の一般家庭では、海軍の軍港水道から給水を受けていましたが、この菰田ダムの完成により、水源地から家庭の蛇口まで一貫して市の水道となりました。

県道を登って、右岸に到着。
大切な水道水源地であり、天端や敷地内には立入は出来ません。



ダム便覧などの写真では、福井の鷲ダムによく似たGA風の堤体をイメージしていたのですが、実際の菰田ダムの形は、二つの直線を曲線で結んだ「くの字」形をしているようです。

堤頂部の幅もそこそこあり、ダム管理の車両が通った痕跡が見えます。
直線部分の高欄は石積の重厚な仕様のようです。



貯水池側から見たクレスト部。
ダムの中心にある余水吐の辺りで堤体がカーブして、再びストレートな堤体に繋がって行きます。
ダム湖側への出っ張りは取水設備だと思います。



天端は立入出来ませんが、右岸の県道から脇道を下ると、ダムの脇腹辺りに到着します。

この菰田ダム、堤頂長は387.7mもあります。
余水吐を中心にほぼ左右対称なので、対岸の木々に隠れた先にも、長く堤体が伸びているはずです。

堤高も40mほどあり、発電用のダム以外では、当時としては高い部類に入ります。
(当時、他で40mを超えていたのは、千刈(W)、小ヶ倉(W)、河内(I)、上田池(A) など)
 


直接触れる距離の菰田ダム。

表面にはコテ仕上げのような横筋が沢山入っています。
コンクリートの継目でもなく、はてさて、これは何でしょうか?。

プロバンス風仕上げ(???)



そのヒントになりそうなものが、右岸のアバットにありました。
元々石垣だった上にモルタルが塗布(吹きつけ?)されていて、所々に下地の石材が覗いています。(石垣風に、模様が刻んでいるのがキッチュですね)

まさか、ダム本体の中身まで石積だとは思えませんので、表面だけモルタルで整えてあるのではないかと思います。
これが竣工当初からなのか、その後の止水処理などの工事なのか、見た限りでは解りませんでした。

ちなみに、石積ダムの表面を改修工事でモルタルで覆う事例は、僕の地元の岐阜県だと、細尾谷ダムや、高橋谷ダムなどか多分そうではないかとにらんでいます。
(※あくまでも僕の推測です)



威風堂々という言葉が浮かぶ余水吐。

高欄の親柱も装飾的で、気配りと拘りが感じられます。
薄い導流壁も立体的な曲面で美しい造形です。



菰田ダムの取水設備は、石積ダムのようなダム本体に付属するタイプなので堤体の真下に取水設備への出入り口があります。
石積ダムなら見慣れた感じですが、ちょっと意外で面白い感じを受けます。

余水吐直下の減勢池は、三味線のバチのような美しい平面形状のはずなのですが、それを確認できる眺望ポイントはありませんでした。(天端からならよく見えるはず・・・)



この菰田ダムは各所で凝った造りになっていて、減勢池から下流は、トンネル式の地下水路で100mほど下流まで水が送られています。

残念ながら広い敷地内は立入禁止で詳しく様子を伺う事は出来ませんが、下流に架かる橋から見ると、茂みの奥に地下水路の出口のような構造物が見えました。



菰田ダムの竣工は1939年。

その後、日本は不幸な時代を迎える事となりますが、建設されるコンクリートダムも無愛想で、味気ないデザインが中心になって行きます。

美しい余水吐からサラサラと水が流れ、日差しが当たり輝いて見えました。

「みんなの役に立つ、立派なダムだぞ、どうだすごいだろう」
戦前に建設された古い水道用ダムたちは、みな大らかな笑みを浮かべ、口を揃えそんな事を言ってるように見えました。
それはダムが語っているのか、建設に携わった方々の声なのか。
きっと両方の声だった気がします。

菰田ダムは、幸せな時代に造られた最後のダムなのかもしれません。



今回、駆け足で長崎市と佐世保市の水道ダムを巡ってみましたが、歴史ある港町には、まだまた魅力と不思議に満ちたダムが沢山あります。

今回は行き洩らしてしまいましたが、その中でも1900年完成(!)の「岡本貯水池第二号貯水池」は、湧水を貯留する正円形状のダム(コンクリート遮水の水槽のようなものか?)だそうで、次回、佐世保に行った時は必ず見てみたいと思っています。

菰田ダム
★★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長崎県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/639