無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
山の田ダム

堤高24.5m
E/W 1908年 佐世保市営

2010.10.9見学


山の田ダムは佐世保港の北5キロにあり、日本海軍が建設した水道用ダムのひとつです。
完成は古く1908年(明治41年)、現存する当時のアースダムの中では最も高いダムだそうです。

ダム本体の下には、広い敷地の浄水場が広がっています。
まずは左岸下流からダム本体に向かいます、団地の裏を進むと公園になっていました。



公園の中を歩くと、山の田ダムが姿を現しました。
堤高24.5mと立派ですが、それよりも堤頂長が310mもあります、現代のアースダムとしても、充分立派な大きさです。

今は堤体の草も枯れていますが、暖かい季節には、きっと緑が映える美しいアースダムだと思います。



左岸には洪水吐があり、水音といっしょに美しい放流が見られます。
山の田ダムは、オールドダムらしくカスケード式の導流路です。



幾段もの階段状に石積の壁が造られ、一段一段綺麗に水が落ちて行きます。

部分的に岩盤が覗いていて、各段の間隔もばらつきがあり、自然の地形と人工物の不思議なリズムを刻んでいます。

これって以前、何処かで見たものに良く似ている・・・。



思い出したのは、松本市にある牛伏川フランス式階段工でした。
明治から大正にかけて建設された、「日本で最も美しい砂防堰堤」の異名を持つ砂防です。

そうなんです!
急斜面を減勢しながら水を落とすというのは、ダムの洪水吐も、砂防堰堤も同じメカニズムなんですね。

ちょっと考えれば当たり前の事なのですが、ダムを見学していて、こんな発見があると、すごくいい宝物を拾ったような喜びがあります。



コンクリートで滑らかに整えられた現代のシュート洪水吐と違うのは、水は導流路を流れ落ちながら減勢されるので、下に減勢池が無い事でしょうか。



導流路の脇からは貯水池左岸にかけて、山の田自然歩道が伸びています。

息を切らせながら坂道を昇るとダムの堤頂部が見えました。
貯水池もお水たっぷり。



洪水吐の越流部も石積の階段状です。
これまた美しいものなのですが、いかんせん木立が邪魔してよく見えない・・・。

天端が綺麗に整備してあるので、淡い期待を胸に対岸に向かう事にしました。



車でぐるっと迂回してダムの右岸に来ました。

ダムサイトには立派なパーキングもあるのですが、やっぱり立入禁止。
残念だけど仕方ないです。

山の田ダムは、2000年に止水グラウド工事などの堤体改修が行われています。
綺麗なパーキングや、天端の欄干はその時に整備されたのだと思われます。



貯水池の真ん中に取水塔の頭が覗いています。
天端からの離れ具合で、ダムのスケールが解りますね。



明治に造られた大規模アース。
どこか最敬礼をしているような凛々しさ漂う堤体は、海軍の生まれだからでしょうか。

100年も前に造られた山の田ダムは、小高い山裾から、町の変化と時代の移り変わりを眺めながら、これからも佐世保の町を見守り続けていく事と思います。



山の田ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム長崎県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/638