無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
都田川ダム

堤高55m
R/FAW 1984年 静岡県営

2010.9.11見学


都田川ダムは静岡県営の多目的ロックフィルダムです。
コンクリートダムでは数々の有名なダムを配する静岡ですが、意外にもロックフィルはこの都田川ダムも含め4基しかありません。

県道から脇道に入ってダムを目指します、道が狭く複雑で、迷いそうですが手書きの案内看板もあり無事に左岸に到着しました。

向うの山に風力発電の風車が見えます。



左岸からの堤体。
細かめのロック材、リップラップの上にも植物が生えています(トピアリーかな?)



天端は車両通行禁止。
地元の方の利用を配慮してか、完全には禁止をしていないみたいです。
実際、時折軽トラックが行き来していました。

左岸にしっかりした駐車場があるので、車を停め歩いて天端に向かいます。



シンプルな天端。
高欄の部分はずっと植込みになっています、緑の高欄。

その為、下流のリップラップは見下ろし辛い感じです。
ここを散歩される地元の方にとっては、リップラップを愛でるよりも、植栽の方がいいですもんね。



湖水たっぷりの貯水池。
水も透明感があり綺麗でした。



右岸にある管理所。管制塔みたいでカッコいいですね。

洪水調節も目的としている都田川ダムです。
土砂降りの中、深夜でも煌々と灯りが灯っている管理所を想像すると、ゾクッとするカッコ良さです(妄想)

手前は監査廊への入口でしょうか?
対岸の左岸にも監査廊の出入り口がありました。



右岸にある洪水吐です。
上下に長く、ちょっと潜水艦を思わせるシルエットとボリューム感です。

一段低い部分が常用吐でしょうか、減勢のブロックが可愛いです。



特徴的なのは、越流式の洪水吐の手前に遮水壁があり、鋼製ゲートの放流設備がある事です。
立木とフェンスが邪魔でよく見えないのですが、赤く塗装した2門のラジアルゲートの様です。

ラジアルゲートなのに昇降はワイヤー巻揚ではなくスピンドルに見えます、案外初めて観た気がします。このサイズの小柄なラジアルゲートではよくある事なんでしょうか??

制御盤も見えますが、手動ハンドルもしっかり付いています。



車でぐるっと移動して、ダムの真下に来ました。
下流に橋もあり、正面から観る事が出来ます。

ロックフィルのダム本体と、洪水吐の間に地山が残っています。
関東なら小河内タイプ、東北なら寒河江タイプ、中部なら牧尾タイプと言う配置です。(勝手に決めてますが)



下流面のグリーンはやはりトピアリーでした。
3文字目が「こ」なので、たぶん「みやこだがわ」



地山を挟んだ洪水吐。
例のラジアルゲートから維持放流がサラサラと流れていました。



都田川ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム静岡県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/614