無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
三瓶ダム

堤高54.5m
G/FNW 1996年 島根県営

2010.9.5見学


出雲大社近くの道の駅で車中泊をして、遠征2日目は県営の三瓶ダムからスタートです。出雲大社も石見銀山もスルー。またしてもダム100%の旅となりました。

早朝の三瓶ダムに到着、まだ朝日は射していません。



天端を左岸から。
駐車場は両岸にあったと思います。



左岸にある管理所。
ちょっと山小屋風の外観です。



複雑なコンクリートがカッコいいです。
クレストに越流吐を並べているダムは、フーチングの上に導流壁があるので、こんな風に導流壁が一直線に観えるのがいいですね。



右岸のフーチング。
こちらもごちゃごちゃしてて、鑑賞物としてよろしい。



右岸のリムトンネル上にレリーフ。

こういった装飾は、この時代のダムからの特徴ですね。
ダム本体は、無機質で、どちらかと言うと無個性なものが多いのですが、反面、こういった飾り物が増えました。

機能部分での効率化を推し進めると同時に、判り易く直接的な装飾で愛されるダムを目指し始めた時代なのかもしれません。



三瓶ダム
★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/607