無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
来島ダム

堤高63m
G/P 1956年 中国電力

2010.9.4見学


志津見ダムで太陽が西の山に隠れてしまいましたが、まだもう1基行けるっ!っと車を飛ばして上流にある来島ダムに向かいます。

国道184から脇道に入り、くねくねとした狭道の先に木島ダムが現れました。
左岸に管理所があり、ちゃんと見学用のパーキングもあります。

車から降りた途端、「しゅごーしゅごおーっ」っと、何処からか水音がします。
放流中かな?と、思ったのですが、その音は何故かすごく近くから聞こえます。



む、なんだこれ?

音はここから響いて来ます。

エアー抜き?。



んー。

解らん。



謎のラッパ管は正体不明ですが、とりあえず散策を始めます。

低い位置から結構な勢いの河川維持放流が行われています。
水が綺麗ですね。



またもや気になるものを発見。
今は使われていない遺構みたいです。



すごい階段!。



貯水池は複雑に入り組んだ形なので、天端から見える部分はほんの一部です。



発電用のダムですが、水位が低いです。

2006年7月、神戸川流域を豪雨が襲い、来島ダムの下流で大きな被害をもたらしました。
現在、下流には洪水調節を主目的とする志津見ダムが建設されつつありますが、木島ダムに於いても洪水期は通常よりも2m水位を下げるなどの運用が行われているそうです。



3門のラジアルゲート。
ゲートに直接、目盛が取り付けられています、角度ではなくてメートル表示の様です。



クレストゲートの下にも何かありますね。
河川維持放流の取水口でしょうか?。

ちょこちょこ気になる点が散らばる来島ダムです。



一度国道に戻り、集落の狭い道を下って行くと、堤体をほぼ正面から見る事が出来ます。
内側に倒れこんだ導流壁がいいですね、色っぽいです。



来島ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム島根県 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。