無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
十王ダム

堤高48.6m
G/FNWI 1993年 茨城県営

2010.7.18見学


十王ダムは県営の多目的コンクリートダムです。
長く大きな減勢工で、前後に長い堂々とした姿をしています。



減勢工の高い壁にはタイルによるモザイク画があります。
かなりの大きさです。



下流側にオフセットした中心のゲート部。
側面には桜の木の陶板画があります、これもかなり立派です。

クレストのコンクリートはまだ白さを残していて、明るく華やかな雰囲気のダムです。



右岸にコーナーのある堤体。
法面の枠工が放射線状に広がっていて、ちょっとカッコ良いです。

十王ダムのトピアリーも綺麗に刈り込まれていますね。



天端は車道が通過しています。
コーナーのある天端なので車線のキープを促すように路面には青と黄色のペイントが施されています。



クレストの陶板画。



反対の右岸側は鵜の図案となっていました。



たくさんの子つばめ達が飛行訓練中でした。
下流から吹き上がる風を利用して飛び出したり、ホバリングしたり・・・。

ツバメの飛行訓練は、この時期(7月)のダムの風物詩ですね。



貯水池には噴水もあり、日曜のお昼時とあって何組ものファミリーの姿が見られました。

のどかな湖面、黒鯉に緋鯉。



・・・緋鯉と思ったら、でっかい金魚の群れでした。



右岸から堤体正面。
二段構えのオリフィスゲートと、両岸に並ぶ合計6門の越流式洪水吐。
中心の下段のゲートは、こちらから見るとゲートレスに見えますが、下流側にスライドゲートを隠しています。

現在の水位は洪水期制限水位だと思います。
上段のオリフィスの水位でコンクリートの色が変わっていますが、この位置が常時満水位ですね。

手前のスリットの入った太めの柱に取水設備があります。



左岸に見えるコンクリートの護岸。
網目模様が色っぽい・・・。

細かい所がちょこちょこ気になる十王ダムです。



ダムの直ぐ下流に常磐自動車道が通過していて、高架橋を潜ってダムの下流へ向かいます。
真下から見ると、中心のオリフィスの赤いゲートが見えます。

直下の左岸には発電所がありました。



青い屋根の、とても趣あるクラシックな外観の発電所。
門柱には「東京発電株式会社 川尻川発電所」と、ありました。

中部電力エリアに住む僕としては聞きなれない社名だったので調べてみると、東京電力のグループ企業で、64箇所もの水力発電所を持っている会社である事が解りました。

この発電所を見て違和感を感じたのは、十王ダムは1993年に竣工していて発電所がこの外観ではまるで浦島太郎と言う事です。
実は、この川尻川発電所は十王ダムの貯水池の上流から取水している水路式の発電所で、十王ダムとは関係の無い発電所の様です。(十王ダムの目的にも、Pがついていない)

十王ダムが建設される以前から、この場所にあった発電所と言う事だと思います。
(ひょっとして、昔はこの川も十王川ではなく、川尻川という河川名だったのかも)



大迫力の減勢工の壁。
台風などで放流した時には、すんごい事になるんでしょうね。



十王ダム
★★★

| あつだむ宣言!(清水篤) | ダム茨城県 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/11/19 9:17 AM posted by: 根本正利
1953年12月5日、私は川尻川発電所の社宅で生まれました。上から13枚目の写真(ダム正面)の右に写っている発電所の前の空き地が生家跡です。ダムの底だったら物語になったかもしれませんがダムの下では。。。
ダムを正面から撮れる場所ってありましたっけ?
2010/11/19 5:37 PM posted by: あつだむ宣言!
根本さま

こんにちは、コメントありがとうございます。

社宅と言う事は、お父さんが発電所にお勤めだっだのでしょうか?
お住まいの時は、ダムも高速道路も無かったのでは無いでしょうか?
風景の様変わりでは、水没してしまうよりも大きいかもしれませんね。
当時を偲ばせるものが残っている分、水没に劣らないストーリー性があると思います。

正面からの写真はだいぶ離れた場所から望遠レンズで撮影しています。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://side-way.jugem.jp/trackback/579